堅苦しい人というのもいるもの、他人と気持ちが和む接し方や話し方


身の回りを見渡してみると、堅苦しいという人がいるもの。その印象は二通りに現れ、頼りがいがあるということや約束を守ってくれそうというものが一つ。

他方は、生真面目過ぎて面白味に欠けるということや、仲良くなり難いといったイメージ。こういったことが表面に現れると、コミュニケーションがやりにくくなったり敬遠されたりといった弊害も出てきます。

そもそも堅苦しいの意味はというと、格式ばっていて窮屈で寛げないと言うことですが、人に当て嵌めると少し近寄りがたい人物になります。こうしたことは自分では意識もしていないのに、なぜか堅苦しい雰囲気を回りに与え、否定的な感じを与えてしまうことに。

ここでは、堅苦しい人というのもいるもの、他人と気持ちが和む接し方や話し方を紹介しています。

 

 

 


堅苦しい人というのもいるもの、他人と気持ちが和む接し方や話し方


 

| 1.愛想笑いや作り笑いであっても、相手に対し好印象を与え

笑顔を作ってみるということ。堅苦しいイメージは、笑顔を見せることで払拭できるというもの。笑顔による効果は研究結果からも証明されていて、愛想笑いや作り笑いであっても、相手に対し好印象を与えることに。

忙しい環境でそんな暇はないなどと思いがちですが、無理矢理でも良いので笑顔を見せると堅苦しい感じがなくなります。

 

| 2.印象を払拭するため、違いを楽しいものとして逆転する

違いを面白いと捉えるということ。堅苦しいという印象を払拭するため、違いを楽しいものとして逆転するというもの。

人間は脳の使用の仕方により、言葉や物事の処理方法が異っていることが、生物学的にも証明されています。違いを悪く捉えると、苛立つことにもなりかねません。それを面白いと受けいれることで、堅苦しいと思う人も居なくなることに。

 

| 3.メリットとデメリットというのは、表裏一体というもの

堅苦しいという現在の自分を認めるということ。堅苦しい部分のある自分を自らの一部として、先ずは丸ごと認めるというもの。

メリットとデメリットというのは表裏一体で、厳しい部分は仕事で役立っているシーンが沢山あります。堅苦しいところも自らが認め受け入れらえるようになれば、不思議と周りの人たちにも迎え入れられることに。

 

| 4.前向きに捉えている自分を堅苦しいと人は考えないもの

失敗を経験として捉えるということ。人は誰しも失敗というのがつきもので、最初から上手くできる人はいないもの。

なので堅苦しいと思われないためには、失敗したことを経験として捉えることが重要。失敗は誤りではなく勉強したという言葉もあり、前向きに捉えている自分を堅苦しいと人は考えないもの。

 

| 5.人間は常にそのとき自身が最善と思われる行動をするもの

先方の気持ちに興味を持つということ。堅苦しいイメージを失くすためには、相手側の気持ちに関心を持つようにするというもの。

人間は常にそのとき自身が最善と思われる行動をするもので、悪気があって邪魔をする人はいないものです。例え心の奥底で不満が生じても相手の状況に耳を傾けることが大切で、そんな人物を人は堅苦しく思いません。

 

 

 


堅苦しい職場というのもあるもの、そんな人たちの詳しい心理的な状態


 

| 1.思いが強過ぎ、結果的に堅苦しい雰囲気を周囲に及ぼす

きちんとしなくてはという正義感ということ。これは幼少の頃にしっかりしなさいと育てられがちな、長男や長女の人に当て嵌まることが多いもの。

取引先や同僚に対し迷惑を掛けたくないという思いが強過ぎ、結果的に堅苦しい雰囲気を周囲に及ぼすことに。当人は仕事をちゃんと進めるため仕方ないと感じていますが、人間関係が殺伐とした雰囲気になりがちです。

 

| 2.近寄りがたい雰囲気や堅苦しい印象、周りの人々に与える

弱みを他人に見せたくないという不安感ということ。つい手厳しくなる傾向の堅苦しい人は、過去のトラウマや悩みを抱えているもの。

周囲に知られたくないなどの不安を抱えていることも多く、完璧を追求しているので、周りの人たちに助けを求めることができません。そんな姿勢は、近寄りがたい雰囲気や堅苦しいといった印象を、周りの人々に与えることに。

 

| 3.何処となく距離を感じ、何時まで経っても他人行儀な印象

他人と一定の距離を置きたいということ。堅苦しい人物は人に干渉されることを苦手としていて、一定の距離を置きたがるもの。

幼少期に親に甘えず過ごしてきたり、過去に人間関係で嫌な出来事があったりした場合、無意識で人と距離をとるようになるのがこのタイプ。

差し障りなく人とのコミュニケーションができますが、長い付き合いでも何処となく距離を感じ、何時まで経っても他人行儀な印象。

 

| 4.極度に恐れていて、関係者の行動まで押さえ付けてしまう

失敗に対しての恐怖心が強いということ。堅苦しいとされる人は失敗することを極度に恐れていて、関係者の行動まで押さえ付けてしまうもの。

元来人間というものは、未知のものに対して恐怖心を覚えるようになっているので、失敗に恐怖心をがあるのは当たり前のこと。自身だけのうちはまだ良いかも知れませんが、周りの人々の行動にまで口出しすると、あの人物は堅苦しいと思われかねません。

 

 

 


堅苦しい言葉ということもある、知っておきたい人物の詳しい特徴面


 

| 1.他人にも強要するのは、堅苦しいと思われても致し方ない

規則やマナーに厳格ということ。堅苦しいと呼ばれる人は、ルールをはじめ礼儀や、マナーに厳格な人が多いもの。さまざまな人々がいる世の中で例外を許容することにより、物事が円滑に進む事例は多くあります。

そうした中ですべての規則を守るべきとし、自らだけでなく他人にも強要するのは、堅苦しいと思われても致し方ありません。

 

| 2.新しくできた方法より、既に以前からあるやり方を好む

手順通りのやり方を好むということ。堅苦しい人は新しくできた方法より、既に以前からあるやり方を好むもの。すでに確立され実践されてきた手法で何かをするのは、もっとも成果が上がるように感じるかも知れません。

但し、情報の変化が早いこの世の中では、何時までも従来の手法を採用する、そんなことは現実的に不可能で堅苦しいことに。

 

| 3.キャッチされない場合は、投げた相手は寂しい気持ちに

冗談が通じないということ。冗談は場を和ませたり、相手と仲良くするために使われることが多いもの。仲良くなりい思いから出た冗談はキャッチボールのようなもので、キャッチされない場合は、投げた相手は寂しい気持ちに。

こうしたことが何度も続くと、悪気がなくても堅苦しい人という印象を相手に与えるもの。

 

| 4.敬意を表すことに加え、距離感を取るために使用される

どんな時も敬語を使うということ。堅苦しい人物は、年下相手でもプライベートでも、どんな時にも敬語を使う傾向にあるもの。敬語というのは相手に敬意を表すことに加え、距離感を取るために使用される言葉です。

年下であっても敬語が抜けない人物は、一定の距離を維持したい姿勢が垣間見え、堅苦しいという印象を与えることに。

 

| 5.周囲から厳しいや堅苦しいといった声が大きくなることに

自らにも他人にも厳しいということ。堅苦しい人物は自らにも他人にも厳しく、すべきことを正確に遂行するもの。

仕事においては着実に成果を上げますが、些細な手抜きも許さないので、周りの人たちに堅苦しい印象を持たれがち。本人にとっては責任を果たしているだけでも、周囲から厳しいや堅苦しいといった声が大きくなることに。

引き寄せの法則で、堅苦しいを脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

当て嵌めると少し近寄りがたい人になるもの。ここでは、堅苦しい人というのもいるもの、他人と気持ちが和む接し方や話し方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。