人目が気になるのは病気かも知れない、原因や心理を知り克服する方法


他人との関係が普段の暮らしである場合、つい人目が気になるもの。そうした人物は、無意識の間に他人に対し気を遣っている傾向が多くなります。

これは自己主張ができないタイプの人に多く見られ、本来は人の目などは気にしないで、伸び伸び過ごしたいと思っていますが早々上手くはいきません。ただ、人の目を気にして日々を過ごしていると、段々息苦しさを感じてしまい、自分らしい生き方とは程遠いものとなってしまいます。

人目が気になる人たちの治し方というと、先ず成功している人物の本などが思い浮びますが、そこには自分らしく生きるヒントも盛りだくさん。どの人物も自らが信じた道を歩いた方で、そうした人が残した名言などは実体験に繋がるもので勇気を貰えます。

ここでは、人目が気になるのは病気かも知れない、原因や心理を知り克服する方法を紹介しています。

 

 

 


人目が気になるのは病気かも知れない、原因や心理を知り克服する方法


 

| 1.自己存在を発揮する実践をしたことがないのかも知れない

自身の意見を主張する癖をつけるということ。人の意見に流されてしまうタイプの人は、自己存在を発揮する実践をしたことがないのかも知れません。

先ずは自らの意見を持つことが大切で、そうすることにより他者の意見に左右されない判断基準が持てることに。積極的に人生を歩めるようになるので、人の目を気にしてばかりの半生より、自分らしさが発揮できるようになります。

 

| 2.生き方自体を、迎え入れてくれる人物を作ることが大事

見栄を張らないで、全部を曝け出せる友人を持つということ。自分らしく生きるため、生き方自体を迎え入れてくれる人物を作ることが大事。

気が許せない友人仲間ばかりだと、どうしても本来の自分自身の姿を出せなくなることに。反対に、自らの醜い面を曝け出し受け入れられると、その存在を認められたという安心感があります。

 

| 3.馬が合わないと感じると落ち込むことにもなりかねません

全部の人間に好かれることは、無理であることに気づくということ。人間は個人で価値観が違い、全部の人間が好意を持つ人になることは不可能というもの。

当然のようですが日常生活をしている時には忘れていて、誰かと馬が合わないと感じると落ち込むことにもなりかねません。

全部の人間に好かれることはできない、そんな風に割り切ってしまえば、反りが合わない人に妙な気を遣うこともなく、人の目が気にならないことに。

 

| 4.違うと割り切る、感受性の違いについても腑に落ちるもの

自分は自分という考え方をメインに、比較することをやめるということ。自身と他者は違うと割り切ると、感受性の違いについても腑に落ちるもの。

人間は各個人個人が持っているものが違うので、他の人が成功しているしているからと、自身が成功するとは限りません。比べるのをやめることで、何故できないなどと考えるストレスからも解放され、本当に関心のある分野に目を向けることができます。

 

| 5.自らを変える、周りの人たちを変えることが一番の方法

引っ越しや転職をして、周囲の環境を大きく変えるということ。自らを変えるには、周りの人たちを変えることが、一番の方法とされるもの。

特に今まで付き合ってきた人たちと付き合いを継続していると、どうしてもこれまで通りの行動になってしまい、自身が望むような振る舞いはできません。

本当に変化を起こしたいなら、引っ越しや転職など新しい人間関係に飛び込んで、以前とは違う自分のスタイルを築くのも良いこと。

 

 

 


さまざまに人目が気になる理由はあるもの、知っておきたい原因や心理


 

| 1.誰かに嫌われてしまうと感じ、自分で自らの行動を抑止

他の人に嫌われることが、とにかく怖いということ。世間体を気に掛ける人物がいますが、それは世間から除け者にされるのが恐いというもの。

常識的な人物から乖離してしまうと、誰かに嫌われてしまうと感じ、自分で自らの行動を抑止することに。こうした人物は自分は自分で他人は他人、そうした割り切った思考ができない傾向にあります。

 

| 2.小綺麗にするなど外見も気に掛け、いつも丁寧な話し方

自意識過剰で注目を集めていると考えているということ。職場や電車の中などでも、人目を気にし見られていると感じるというもの。

頭のなかでは誰も見てはいないとも分かっていますが、身なりを小綺麗にするなど外見も気に掛け、いつも丁寧な話し方をします。外出先では人の視線を感じて行動するので、人を不愉快にしない振る舞い方は長所というもの。

 

| 3.経験がない人物は自信を他者の評価で埋めようとするもの

自己肯定感が低く、自信が抱けないということ。性格的に自らのことを信じ切れなかったり経験不足の人物は、自信を他者の評判で埋めようとするもの。

物事を決める際も、他の人から良い評価をもらうため、自らの選択を自分だけの意思ではなかなか決められません。どうしても他人から良い評価点を貰える選択の範囲を選んでしまい、自分らしい生き方ができません。

 

| 4.他人が喜ぶことは何かを考えて、ごまをするというもの

他人に叱責されることを恐れているということ。叱られることを避けるため、人が喜ぶことは何かを考えて、ごまをするというもの。

先方との人間の関係性が表面的なものなので、叱責を受け関係性が崩れてしまうことを警戒しています。なので、機嫌を損ねないよう相手側に同調してみたり、媚びて望むことを言ってみたりすることに。

 

| 5.自らへの評価というものが完全に他の人に依存している

常時他の人の評価が気になるということ。これは自身の価値感を、他の人の評価により決めているというもの。おのれで己の評価ができず承認欲求も強いので、他者に認められて初めて自分自身が評価されていると受け止めます。

自らへの評価というものが完全に他の人に依存しているため、人の目が気になって仕方ありません。

 

 

 


人目が気になるのは外出時にもっとも大きくなるもの、その詳しい特徴


 

| 1.自己主張が苦手な人物は、人目を気にする傾向にあるもの

恥かしがり屋で目立つことが苦手ということ。生まれ持った性格で大人しく自己主張が苦手な人物は、人の目を気にする傾向にあるもの。

恥かしがり屋の人は注目を集めることを嫌うので、目立ったことをして人目を惹くことには敏感になります。少しでも人目を集めないように、相手の意見に同調するのはもちろん、自身が思っていることも蓋をして言いません。

 

| 2.同様のタイプなのに何故など、反感を抱くこともあります

嫉妬心が強く劣等感をもちやすいということ。人の目が気になる人の特徴的なものに、率直に人の成功を喜べず嫉妬してしまうというもの。

成功している人に向かって、同様のタイプなのに何故などと、反感を抱くこともあります。嫉妬心を隠したいという考えもあり、そんな胸の内を隠すため人目を気にすることに。

 

| 3.自らは盛り上げられない、虚勢を張り自信を取り戻そうと

理想が高く虚勢をはるということ。掲げた高い目標を失敗した場合、失くした自信を取り戻そうとするもの。

こうした人間が人目を気にする訳は、落ち込んだ気持ちを自らは盛り上げられないので、虚勢を張り自信を取り戻そうとしています。自らでは自身のことが認められないので、他の人に認めて貰おうとすることに。

 

| 4.評価で担保しようとする人物は、自分と他人を比べる癖が

負けず嫌いで人と比較する癖があるということ。自信のなさを他者の評価で担保しようとする人物は、自分と他人を比べる癖があるもの。

他者の業績等を見比べて、先方には勝っていると思うことにより、自信を得ようとすることに。他の人に負けたくない、そんな負けず嫌いなところがあり、勝負事になると急に真顔になるのはこんなタイプ。

 

| 5.他人の感情に敏感で、批判を受け自ら傷つくことを怖れて

ネガティブで邪推が激しいということ。被害妄想が激しいタイプは人からの悪口に敏感で、言ったその人が憎まれ口とは思わなくても、悪い方向に捉えるもの。

こういう人物は他人の感情に敏感で、批判を受け自ら傷つくことを怖れていることに。できる限り他の人に噂される話題は作らないので、誰にしても楯突くことは滅多になく、思うようには人生は生きられません。

引き寄せの法則で、人目が気になるのを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

無意識の間に他人に対し気を遣う傾向。ここでは、人目が気になるのは病気かも知れない、原因や心理を知り克服する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。