その場しのぎ症候群などと呼ばれることも、やめたい人の改善法など


身の回りを見渡してみると、その場しのぎの嘘をつく人がいるもの。そうしたものは他愛もないことが多く、何故そんな嘘を吐く必要があるのか理解できません。

職場や学校などは人の寄せ集めであるということも言え、なかにはいつもその場しのぎの行動をとる人物もいます。もちろんその意味合いはというと、後のことは考えないで、その場だけを取り繕うことですが、平気で以前言っていたことと違うことを言うことも。

但し、こういったその場しのぎの嘘は多くの人が、一度くらいは吐いてしまったことがあるのではないでしょうか?それは自らを守るため咄嗟の思いつきで返答してしまったりということ。

その場しのぎの人というのは障害などでも見受けられますが、癖になると信頼関係を失いかねません。ここでは、その場しのぎ症候群などと呼ばれることも、やめたい人の改善法などを紹介しています。

 

 

 


その場しのぎ症候群などと呼ばれることも、やめたい人の改善法など


 

| 1.一旦足を止め、どんな動きをすれば正解で近道かを考え

少しだけでも先の事を考え行動してみるということ。こういった癖を身につけることが重要で、その場しのぎの人は一旦立ち止まり、考えるより先に動こうとするもの。

急がば回れという諺があるように、世の中の物事の多くは一旦足を止め、どんな動きをすれば正解で近道かを考え行動した方がスムーズに。

その場しのぎの反対の意味ともなっている計画的というように、真逆の行動を意識するのは大変なことですが、将来を頭に簡単なことから取り組みます。

 

| 2.焦りそうになった場合、気持ちを落ち着けた後に行動する

手を動かす直前に、一旦深呼吸をするということ。前述と同様に焦りそうになった場合、気持ちを落ち着けた後に行動するというもの。

突如として目の前に車が迫って来ている、そんな状況でなければ深呼吸して落ち着く間さえないというのは多くはありません。

たった一度の深呼吸でもやってみると存外に落ち着けるのが人間というもので、自身が焦っているなと感じた際は、5秒程度使って長く深く深呼吸します。

 

| 3.何事か危険性があるのなら事前に対応策を講じるのは重要

最初から素直になり他の人を頼るということ。その場しのぎの行動が失敗に陥りやすいのは、冷静に先を見据えた際、どんなリスクがあるかを考えていないから。

そうしたことを自ら補えるのが理想というものですが、それが難しい場合はせめて、最初から他の人物を頼るというのも賢いやり方。

先に気に掛かる点を共有、何事か危険性があるのなら事前に対応策を講じるのは重要で、苦手な計画的なことをするというのも立派な改善法。

 

 

 


その場しのぎの嘘をつく人には困惑させられるもの、上手な付き合い方


 

| 1.怒りを露わにしながら伝えることも効き目があるやり方

言うべきことはきちんと言うということ。一番難しいとされる方法ではあるものの、シンプルに効果的なのがこのやり方。

その場しのぎの仕方で誤魔化そうとしているのが判明した瞬間に、それを厳しく指摘し失敗の危険性を取り去ってしまうのが一番安全で確実。必要なら本気だということを示すために、怒りを露わにしながら伝えることも効き目があるやり方の一つ。

 

| 2.前もって業務日誌やメモにメールなどを記録に残す形で

責任の所在をきちんとしておくということ。その場しのぎを繰り返す先方が上司や目上の人物の場合、いつも毅然と対応はできないもの。

そんな場合に最悪な状態というのは、生じた失敗の責任転嫁するをされたり、連帯責任を問われて巻き込まれてしまうこと。そんな濡れ衣を着せようという人物には、前もって業務日誌やメモにメールなどを記録に残す形で、自らに過ちがないことを証明しておくのがとても重要。

 

| 3.我が身可愛さで同僚たちも味方になってくれない可能性も

ここ一番の逃げ道を確保しておくということ。上司や目上の人物が職権を駆使して責任転嫁してきた場合、上手く立ち回れないと災難に合うのは目に見えるもの。

そういった損な役回りに陥ったケースでは、我が身可愛さで同僚たちも味方になってくれない可能性も高く、己で己の身を守る必要が出てくることに。

もっとも良いのは早々に転職する準備を整え、何時でも逃げられるようにしておくことで、それがあると強気になれるという要素もあるもの。

 

 

 


その場しのぎではダメなのにと言われることも多い、そんな人物の特徴


 

| 1.反射的に答える、尋ね方が違うとその度に答えが全く違う

日々言うことが違うということ。ニュアンスを変えて同様の問いを尋ねてみると、毎度のように違う応答や的外れな見解が戻ってくるというもの。

その場しのぎの傾向の人物は、質問の真の目的を考えることなく間髪を入れず答えるので、尋ね方が変われば答えがその度に全く違うことに。

一方で明確にビジョンを掲げている人物は信念があり、相手の質問の本来の意図を考えてから答えるので同じ回答に。

 

| 2.やっていることを曖昧に終わらせようとする傾向にある

危なっかしい感じがするということ。その場しのぎになってしまう人物は、自身がやっていることを曖昧に終わらせようとする傾向にあるもの。

それは冷静に考えると怖くてできないことを、知らず知らずの間にしてしまう恐れが身につき纏っているということ。後でどうなるかなどは考えず丸写しで提出するなど、大失敗に繋がることがあるのも、その場しのぎの人物の特徴。

 

| 3.後でやろうと思うことが多く、気が付いたら問題が山積み

計画性がないということ。その場しのぎが癖になっている人々には、当たり前と言って良いほど計画性というものがありません。将来的なことを考える余裕もなく、目の前で生じるシーンにおける対応で、頭の中が精一杯ということに。

落ち着いたら後でやろうと思うことが多く、気が付いたら問題が山積みになっている、そんな事態に嵌まりやすいのもその場しのぎの人。

 

| 4.自分自身のイメージが名誉や地位などにより縛られた状態

しっかりと考えることができないということ。その場しのぎの人物も、質問の意図をきちんと考えれば掴むことができるはず。

普通はそう考えますが実際はきちんと考えることはなく、返答が遅れると駄目な人間と評価されるなどの考えが先立ちます。これは自らの尊厳が失われるのを怖れているからで、自分自身のイメージが名誉や地位などにより縛られた状態。

 

 

 


その場しのぎの人は仕事でも困ったもの、覚えておきたいその心理面


 

| 1.対処法を思いつき、後悔してしまうということもありがち

想像力に欠けているという心理状態。この機会にこれをしておかないと、後でどうなってしまうかなどのイメージが湧きにくいというもの。

後でこうすれば良かったなどの効果のある対処法を思いつき、後悔してしまうということもありがちなこと。

 

| 2.中には焦りが昂じて挙動不審になってしまう人もいます

焦りがちであるという心理状態。予想もしていなかった事柄に出会うと、そこまで手間取ることでなくても焦ってしまう傾向にあるもの。

一つ一つの対処が雑になることも多く、中には焦りが昂じて挙動不審になってしまう人も。落ち着けばきちんとこなせる力があるはずですが、出来なくなってしまうのもその場しのぎの人。

 

| 3.後になりその時見落としていた細かな箇所の対応に追われ

大雑把という心理状態。その場しのぎの人は余裕がないことも多く、その局面局面でとっていく対応が大雑把なものになりがち。

似た言葉に一時的があるように、その場しのぎの人物はとりあえずこれでいい、そんなやり方を好むことに。後になりその時見落としていた細かな箇所の対応に追われ、益々余裕を失っていくというのもよくあるパターン。

 

| 4.部下は振り回されるのも至極当然で大変な思いをしがち

他人任せなところがあるという心理状態。その場しのぎのタイプの人は、自らが忘れていたり見落としたことの対応を、周囲の人たちにに押しつけ曖昧にすることも。

職場の上司がそんな人の場合、いい加減にあれこれを押しつけられ、気が滅入ってしまうことに。管理職がその場しのぎな性格だと、その人の部下は振り回されるのも至極当然で大変な思いをしがちです。

引き寄せの法則で、その場しのぎを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

嘘を吐く必要があるのか理解できません。ここでは、その場しのぎ症候群などと呼ばれることも、やめたい人の改善法などを紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。