縁がない人はスピリチュアルに関係もあるもの、良好にしていく対処法


世の中では、縁がない人と呼ばれる人もいるもの。もちろん縁がないというのは、対象となる人や物事との結び付きがないことを意味します。

互いに両想いだったり、日々夢に見るほどの熱い片想いでも、縁がなくては残念ながら結ばれません。また明確に断りたいものの角が立ちそうなので、相手を立てながら断る時に重宝するのも縁がないという言い方。

更にこれは男女の間だけで使われる言い方だけでなく、営業活動の最中や就職活動などの慰めの言葉としても良く使用されます。

縁がない人生や結婚という言い方もありますが、本当の縁というのは一緒になることで、互いの活力や個性をより活かせる関係ということも。

ここでは、縁がない人はスピリチュアルに関係もあるもの、良好にしていく対処法を紹介しています。

 

 

 


縁がない人はスピリチュアルに関係もあるもの、良好にしていく対処法


 

| 1.無意識下で魂と魂がしのぎを削る、長く一緒にいられない

スピリチュアルな視点から見るということ。縁のない人というのは、無意識下で魂と魂がしのぎを削るので、長く一緒にいられないというもの。好意を持っていても縁がない人物と一緒にいれば、互いの運気も下降し何かとトラブルが続くことに。

一旦離れてみると状況が改善したという話は多くあり、不思議なくらい運勢が上昇するのが実感できます。スピリチュアルの領域から見れば、魂が惹かれ合う人とは離れ離れになっても必ずまた出会えるもの。

 

| 2.新しい物事は新しい気持ちをもたらしてくれるものです

価値観を変える新しい挑戦をするということ。自らの人生観を変えるチャレンジをすることで、縁がないと思われる相手を客観的に見る対処法。新しいジャンルへの挑戦は、自身の中に凝り固まった価値観に刺激を与え、大きく視野も広がることに。

これまで全く興味を持てなかった領域に目を向けてみるのも良く、新しい物事は新しい気持ちをもたらしてくれるもの。縁がない人と思い込んでいた募る気持ちに、新しい変化を及ぼしてくれることになります。

 

| 3.忘れられない人との新たな縁が結ばれる、そんな機会も

仕事や自己改革に没頭するということ。現在目の前にある仕事や自己改革に没頭することで、縁がない人のことを忘れるというもの。

自分磨きをして自らをレベルアップさせることで、何故あんな人物に夢中だったのかと、他の異性にも目を向けられるように。

また、自らが段階を一つ上がることで、忘れられない人との新たな縁が結ばれる、そんな機会も到来するかも知れません。スピリチュアルな面から見ると、こういったことが意外と効果が上がる対処法の一つ。

 

| 4.関わり合いを持った人間は、自らの経験に不可欠なので

縁がない人との出会いに意味はあるということ。人生の中で少しでも関わり合いを持った人間は、自らの経験に不可欠なので出会っているというもの。

相手の人物との関わりが良いものであったとしても、悪いものでだったとしても、自分の人生に意味はあることに。

縁がない人と出会ったことで、自分自身が本当に求めている理想の相手が、どのような人か明確に分るようになります。すべての人間との出会いに感謝する心を持てば、はより高い段階に上がり、良好な縁を引き寄せられるようになるもの。

 

 

 


縁がない人は何れ離れると巷で言われることも、恋愛関係の特徴的な面


 

| 1.互いに好意を抱いている両想いの間柄でもあり得ること

予定が合わずなかなか会えないということ。縁がない人とデートの約束をしようとした場合、何故か毎回のように互いの予定が合わないもの。

片方が土日に時間があっても、他方は平日が休みというように、互いに好意を抱いている両想いの間柄でもあり得ること。シンプルに互いの予定が合わず、会えない状態が長く続くと気持ちも離れやすくなり、いわゆる縁がない状態に。

 

| 2.縁がない人は、簡単な連絡さえもなかなか取れないもの

いつも連絡が取れないということ。デートの約束どころか本当に縁がない人は、簡単な連絡さえもなかなか取れないもの。時間帯に関係なくいつ電話しても話し中だったり、LINEを送信しても既読になるのは何日も先になるなど。

留守電にしか繋がらず電話番号は合ってるのかと、疑心暗鬼になってしまうほど連絡が取れない状態も、縁がない人の特徴の一つ。

 

| 3.似合いのカップルなどと、一言も聞いたことがないのは

互いの雰囲気が大きく違うということ。デートでも街中で偶然出会ったみたいに、雰囲気が全く違う外見ということもあるもの。

友人などから似合いのカップルなどと、一言も聞いたことがないのは、二人の見た目やムードが全く違うから。類は友を呼ぶという諺もある様に、雰囲気が違いすぎる人たちというのは、縁がない人の特徴の一つ。

 

| 4.切れない縁というのは決して良好な縁というものではない

痛い所をつかれるということ。言って欲しいことを喋ってくれる相手なら、一緒にいて心地よく過ごせるもの。自身が不愉快になってしまうような、痛い所を平気で突いてくる人物というのは、縁のない人の可能性も高くなります。

切れない縁というのは決して良好な縁というものではなく、悪縁を続けないように気を付けることがポイント。

 

| 5.距離を感じるもので、近寄ろうとしてもなかなかできない

何時まで経っても距離が縮まないということ。縁がある相手なら、連絡もスムーズに取り合うようになり、苦労もせず距離が縮むもの。

但し、縁のない人というのはどれだけ一緒にいても距離を感じるもので、近寄ろうとしてもなかなかできません。互いに仲よくなりたいと思っていても、縁がない人とは何らかのトラブルが生じることも多く、深い仲には早々なれないもの。

 

 

 


縁がない人はなかなか会えないとされることも、知っておきたい心理面


 

| 1.コミュニケーションも徐々に少なくなり縁のない状態に

考えていることや価値観が合わないということ。一緒にいて落ち着ける人というのは、自分自身に近い考え方や価値観があるもの。

二人の間に全く違う考え方や価値観があると、何事につけ互いに衝突しやすくなります。合わないということを内心で両方が感じてしまうので、コミュニケーションも徐々に少なくなり縁のない状態に。

 

| 2.最初から結婚すると思ったという話を良く耳にするもの

相手との将来が思い描けないということ。縁のある相手との出会いは、最初から結婚すると思ったという話を良く耳にするもの。

但し縁のない人との場合、いくら一緒にいたところで相手との未来、つまり結婚生活などはまったく思い浮かびません。相手がどれほど条件や性格も良い人物であっても、この人で大丈夫かと不安感が生じる場合、縁がないのかも知れません。

 

| 3.良かれと手伝ったものの、予想外の悪い方向にいくことも

善意でしたことが悪い方向に向かうということ。大好きな相手のため良かれと手伝ったものの、予想外の悪い方向にいくこともあるもの。

相手にとっては迷惑以外の何ものでもありませんが、善意からの行動であり非難もしにくいという、腹だたしくも気まずい状態。たまたま一度だけの振る舞いならまだしも、何回も続くようだとそれは縁がない人ということに。

 

| 4.一向に親しくならず、会話も全く楽しくないというもの

何回会っても会話が弾まないということ。両想いのはずですが一向に親しくならず、会話も全く楽しくないというもの。様々な話題を取り上げてみても、互いに盛り上がれる共通項が見当たらず、表面的な会話で終わってしまう人。

互いに好意を持っているはずなのに、何故か話が続かないなどとデートの帰り道に思うようであれば、自身にとって縁がない人と言うことに。

引き寄せの法則で、縁がない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

対象となる人や物との結び付きがない。ここでは、縁がない人はスピリチュアルに関係もあるもの、良好にしていく対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。