維持するためのコツを掴むのもポイント、モチベーションを上げる方法


目標を掲げ達成するために、モチベーションを高めることが重要。ただやる気が全然湧かず、どうしてもモチベーションが上がらないという日もあります。

仕事や勉強ですべきことは山積みになっていて、成果を上げるためにはやる気を出すことがもっとも大事と理解しているのに、如何せんやる気が出せない時もあります。

原因はさまざまですが、目標はきちんと持っている上、実現したいという意欲もあるのに依然としても目標達成に向け全力が出せないということも。全力を出したくても心に迷いが生れたり、力を入れるべき場所に力を入れられないということもあります。

そうなるとやる気の方は徐々に下がっていき、消沈することにもなりかねません。そうした時、モチベーションを上げる方法を知っていれば役立ちます。

ここでは、維持するためのコツを掴むのもポイント、モチベーションを上げる方法を提供しています。

 

 

 


維持するためのコツを掴むのもポイント、モチベーションを上げる方法


 

| 1.敢えて分解、そのプロセスごとの小さな目標設定をします

目標を小分けにして、何度も達成感を得るということ。目の前に思いも寄らない大きな目標は掲げても、そう簡単には達成できないもの。

目標を達成するまでのやる気が削がれないよう、最終的な大きな目標を敢えて分解し、そのプロセスごとの小さな目標設定をします。

この小さな目標を順番に達成することで、小さな成功体験が増えモチベーションを高く維持することができます。

 

| 2.頭の中にクリアに思い描く、自然とモチベーションが湧く

目標達成時の自身をイメージして、心躍らせるということ。モチベーションを上げていくには、目標を明確に定めることが大事というもの。

更にその目標をより具体的なものに落とし込むと、より一層モチベーションが上げやすくなります。数字の目標などより、目標を達成した時の自分自身の姿を、頭の中にクリアに思い描くことで、自然とモチベーションが湧くことに。

 

| 3.頭では理解していても、重い腰がなかなか上がらない時も

先ずは5分でいいので行動するということ。やるべきことと頭では理解していても、重い腰がなかなか上がらない時もあるもの。

仕事をはじめ勉強や運動など、何をするにしても一番強い意志が必要になるのは、最初の5分の初動の時間帯。5分だけでもと自らに言い聞かせやる気を奮い立たせると、後は意外に続けられるもので、モチベーションが上がらないときは最初の5分がポイント。

 

| 4.自らがどんな時にモチベーションが湧くのかを自己分析

自身のモチベーションが上がるルールを見つけるということ。周囲の人が成功しているのを見たときなど、モチベーションが沸き立つ瞬間は人それぞれ。

ほかにも誰かに感謝された時や自分がしたいことができている時、他の人から褒められた時など様々なシーンがあります。

自らがどんな時にモチベーションが湧くのかを自己分析し、敢えてその状況を作り出すようにすれば、やる気もコントロールできることに。

 

| 5.前向きな助言があったりと目標実現のためには大切な存在

モチベーションが高い人物と、一緒の時間を過ごすということ。モチベーションを高く維持するためには、人間関係も重要になって来るもの。

やる気も見せずネガティブ思考の人たちが周囲にいると、自分自身のモチベーションも段々と引き摺られるように下がってしまうことに。

モチベーションが高い人物と付き合うことが重要で、迷っている際は前向きな助言があったりと目標実現のためには大切な存在。

 

 

 


モチベーションを上げる方法は仕事や勉強で役立つもの、維持するコツ


 

| 1.自身では制御できないことを考えると迷いが生じやすい

目標を常に単純に捉え、悩まないようにするということ。幾つもの目標を掲げていたり、人の評価など自身では制御できないことを考えると迷いが生じやすいもの。

目標に向かって邁進するときには、戸惑ったり悩んだりをしないことが大事。高いモチベーションを持続するためには、目標はできる限りシンプルに、自身の軸足を基準に達成できることを選択。

 

| 2.維持するためには、目的に対して締め切りが必要になる

目的をスケジュールに落とし込むということ。高いモチベーションを持続するためには、目的に対して締め切りが必要になるもの。

何年何月までに達成させるとか何日までにここまでなど、スケジュールをタスク化して目的や目標を明確にします。細々とした目的が組み込まれていると、少しモチベーションが下がり気味のときも意識しやすく維持し続けることに。

 

| 3.下り坂を実感するとき、意識して上げていく行動を起こす

モチベーションが落ちた際の手順を決めておくということ。モチベーションの下り坂を実感するときには、意識して向上させる行動を起こすというもの。

信用できる人物に相談したり、モチベーションが上がる本を読んだり、気分転換に旅行に出掛けるなど方法は人それぞれ。

何をすればモチベーションが上がるのかを普段から意識しておき、下り坂を感じた際の手順を決めておくと時間が無駄になりません。

 

| 4.高い意識を持ち、仕事や勉強に取り組んで人がいるもの

高いモチベーションを維持している人物の真似をするということ。周りを見渡せば常に高い意識を持ち、仕事や勉強に取り組んで人がいるもの。

そうした人物の取り組み方や日常の日課を参考にしてみると、どうやれば高いモチベーションを保てるかが見えてきます。努力していると感じる人に出会った際は、良いところを真似することで、高いモチベーションが維持できることに。

 

 

 


モチベーションを上げる方法はスポーツでも、上がらない理由や原因面


 

| 1.上げなくてはと思うだけでは行動に移すことはできない

目標や目的が明確になっていないということ。モチベーションとは無論やる気のことで、行動が生じる際の意欲というもの。

何を目指しているのかが明確でない場合やる気が出せないのは当たり前で、漫然と上げなくてはと思うだけでは行動に移すことはできません。その前に何を目指しているのか明確にすることが先決で、目的をきちんと持つとモチベーションも自ずと高まります

 

| 2.辿り着くこと自体が困難で、とても無理のような気がする

目標や目的が高過ぎるということ。しっかりとそれらが決まっているのに、モチベーションが上がらない時もあるもの。

簡単には到達できな目標を掲げていた場合、それが高過ぎ辿り着くこと自体が困難で、とても無理のような気がすることに。なかなか目標に辿り着けず、最初は高かったモチベーションも、達成する以前に息切れしてしまいます。

 

| 3.嫌がることを無理にしようとしているのかも知れません

好きじゃないことをやっているということ。自分自身が好きなことに関しては、どんな苦労や努力を積み重ねても惜しくないもの。

但し、目標が周りから与えられた事柄の場合、自身が好きでないものはモチベーションの維持が困難に。モチベーションがどうしても上がらないときは、自らが嫌がることを無理にしようとしているのかも知れません。

 

| 4.伝染病の如く移ってしまい、努力をするのが馬鹿馬鹿しく

周りの低いモチベーションに、影響されているということ。モチベーションを継続していくためには、自身の周囲の環境も大切というもの。

同様の目標を抱いている人が周囲にいると努力しやすいものですが、反対に周りにいる人たちが低いモチベーションだと自らの維持が困難に。

周囲の人たちのやる気のなさが、伝染病の如く移ってしまい、努力をするのが馬鹿馬鹿しく無意味に感じてしまいます。

 

| 5.初めの一歩からモチベーションを上げることができません

諦め癖がついているということ。過去にあった挫折や失敗の経験から、大した努力をする以前に諦める癖を持つ人も珍しくないもの。

努力してもどうせ上手くいかないという自己肯定感の低さから、初めの一歩からモチベーションを上げることができません。

目標に対し必要な努力を怠れば到達できないのは当たり前で、繰り返すミスや失敗にやる気を失い、高いモチベーションを維持することはできません。

引き寄せの法則で、モチベーションを上げる。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

如何せんやる気が出せないときもある。ここでは、維持するためのコツを掴むのもポイント、モチベーションを上げる方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。