知らないうちに好かれることもあるもの、めんどくさい男の対応方法



巷には一緒にいるだけで苛立つ、めんどくさい男がいるもの。どうしてそれほど面倒臭いのと、思わず怒りたくなるような男性のこと。めんどくさい男とは被害者意識が強い上、執拗に束縛をしてくるなど、女性に嫌な気持ちを起こさせる男性のこと。

更に、ナルシストで独善的な性格な人もいて、女性よりも自らのことを大事にするので、これは女性と男性の両方から敬遠される存在になります。

但し、面倒臭いの受け取り方は、人それぞれの価値観によって大きく左右されるもの。頻繁に連絡を取り合うのが好きな女性は、朝のおはようの挨拶から夜のおやすみまで、ラインを送ってくる男性をめんどくさい男とは思いません。

ここでは、知らないうちに好かれることもあるもの、めんどくさい男対応方法を紹介しています。

 

 

 


知らないうちに好かれることもあるもの、めんどくさい男の対応方法


 

| 1.段々とめんどくさい男の方から距離が離れていくことに

喋りまくる男性には、淡々と相対すること。少しでも興味がある素振りを見せると、めんどくさい男はつけ上がるもの。

対応のコツは会話を広げないことで、話しかけられた際はそうですねやちょっと良く分かりませんなど、会話が続かない切り返しを心掛けます。そういった冷たい態度で振舞うようにすると、段々とめんどくさい男の方から距離が離れていくことに。

 

| 2.職場の上司など頼れる人物に手助けを求めるというもの

関係者以外に入って貰い、上手くまとめるということ。自らの力だけで対応できない場合、職場の上司など頼れる人物に手助けを求めるというもの。

相談する際は、めんどくさい男が原因で大変な思いをしたことや、どんな辛い気持ちになったのかなどをきちんと説明することがポイント。

めんどくさい男とされる人物は、相手側が嫌がっているのに気付かないことも多々あり、めんどくさい行為が激しくなることもあるので要注意。

 

| 3.この手のタイプの女性なら、自分自身をかまってくれる

笑顔を見せず、いつも真面目な顔で過ごすということ。いつも笑顔の八方美人タイプの女性は、めんどくさい男のターゲットになりやすいというもの。

めんどくさい男というのはこの手のタイプの女性なら、自分自身をかまってくれると思い込むことに。めんどくさい男の目の前では笑顔を見せないのも対処法の一つ。常に真面目な顔をすることで、話してもつまらないと思わせればこっちのもの。

 

| 4.周囲に迷惑を掛けていると気付かない、そんな鈍感な性格

迷惑であることを伝えるということ。めんどくさい男とされる人物は、自身が周囲に迷惑を掛けていると気付かない、そんな鈍感な性格も多いもの。

職場の同期や男友達など、直接的に伝えられる相手なら、面と向かって迷惑であることを言うのも対処法の一つ。但し、目上の立場の人には直接は言いづらいもので、そんなケースでは周りの第三者に相談して、自分自身に代わって対応して貰うのがベター。

 

| 5.できる限り早く別れ話をして断固連絡を断つというもの

可能なら連絡を断つということ。めんどくさい彼と別れると決めている場合は、できる限り早く別れ話をして断固連絡を断つというもの。

連絡さえしなければストレスも軽減します。一方、めんどくさい男が職場内にいるケースでは、連絡を完全にシャットアウトするのは難しいかも知れません。

こういった場合も個人的な連絡先は教えない、そういった対策はできるので、なるべく連絡を取らないで済むようにします。

 

 

 


めんどくさい男に好かれることもあるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.持って回った言い方で喋る、そんな男性もめんどくさい

ストレートに言わず、小難しく言うということ。自らの考えを持って回った言い方で喋る、そんな男性もめんどくさいもの。

特に自らに自信を持てない人ほど、小難しい言い方をする傾向があり、これは発言に責任を取りたくないから。更に批判の言葉を浴びせる特徴もあり、心ない言葉を真面に受け、気分を害してしまう女性も多く要注意。

 

| 2.無神経な男性と一緒にいる場合、肝を冷やすことも多い

他人の気持ちを考えずに行動するということ。人の気持ちが分からない無神経な男性と一緒にいる場合、肝を冷やすことも多いもの。

混んでいる電車内で2席分使ったり、映画の上映中に話し出したり、他人が嫌がることを意識せずしてしまいます。対人関係でのトラブル発生も多いため、一緒にいると後始末をさせられることもあり、この手のタイプの男性には厳重注意。

 

| 3.長々とつまらない話を聞かされるのは苦しみでしかない

他人の話を聞かず自分の話ばかりするということ。どんな会話をしていても、そういえば俺もなど自身の話に持っていくのは、話していても苛立つもの。

女性が関心のある話だったり面白い話ならいいのですが、長々とつまらない話を聞かされるのは苦しみでしかないことに。聞き上手とされる女性は、自分の話ばかりするめんどくさい男には好かれやすいので要注意。

 

| 4.器が小さい人として距離を置くのが賢明ということになる

冗談が通じず、逆上するということ。冗談を理解することができず激怒してしまう男性は、女性からしてもうざいと感じるもの。

この手のタイプの男性は心にゆとりがないため、先方の言ったことをその儘の意味合いで受け取ります。相手が怒らないよう発言に気を遣わなくてはならず、器が小さい人として距離を置くのが賢明ということに。

 

| 5.自己優先、周囲の状況をまったく気にせず行動してしまう

独善的に動き、協調性がないということ。めんどくさい男はどんな時でも身勝手なもの。俺についてこいと男らしく言うのでモテますが、その後は余りの協調性のなさに失望されフラれることに。

男女ともにうざいと思われるタイプですが、彼氏にすると相当の確率で振り回されるので注意。

 

 

 


めんどくさい男の切り方や別れ方が問題になるもの、そうした心理面


 

| 1.凄かったと語る上司など、周りにも多いナルシストな性格

プライドが高い男性ということ。あの頃の自分は凄かったと語る上司など、周りにも多いナルシストな性格というもの。プライドが高いタイプの男性は、自分が喋る話を笑顔で聞いてくれる、そんな女性が好きな傾向に。

プライドを傷付けないよう接しなければならず非常にめんどくさいですが、気に入られてしまうと自慢話をずっと聞かされることにもなりかねません。

 

| 2.悪い想像を膨らませ挙句の果てに束縛することもあるもの

被害妄想が激しいということ。めんどくさい男は彼女の些細な振る舞いや発言で、悪い想像を膨らませ挙句の果てに束縛することもあるもの。

更に、誰か対して相談する時には、自分はこんなに可哀そうだと被害者面になって話すことに。こういった被害者意識が強い男性を彼氏にすると、後で悪く言い振らされることもあるので注意します。

 

| 3.結婚や同棲など、重大な局面でも優柔不断を発揮するもの

煮え切らず大事なことを決められないということ。めんどくさい男は結婚や同棲など、重大な局面でも優柔不断を発揮するもの。

女性側からすると、はっきりして欲しいなどと苛立つこともしばしば、引っ張ってくれると期待しない方が良いことに。こういっためんどくさい男性は、女性がリードしたり選択肢を絞り込むと物事が流れるように進みます。

 

| 4.ただ騒がしいだけの人になってしまうのが気の毒なところ

常に自分のことを見て欲しいということ。仲間内でも常に目立ちたがるかまってちゃんタイプも、めんどくさい男というもの。

その場の雰囲気を盛り上げるならまだいいのですが、この手のタイプの男性には空気が読めない人が数多くいます。そういった場合は盛り上げ上手ではなく、ただ騒がしいだけの人になってしまうのが気の毒なところ。

引き寄せの法則で、めんどくさい男を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

思わず怒りたくなるような男性のことも。ここでは、知らないうちに好かれることもあるもの、めんどくさい男の対応方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。