完璧な人間はいないのを肝に銘じること、引け目を感じる際の対処法



いつもの生活で、引け目を感じることもあるもの。引け目に神経質な人物というのもいて、優秀な人間と自分自身を比較して劣等感を抱きがちです。

そういった人物は友達や職場にいる人と自らを比べ、努力しても上には上がいると自信を失い、良心の呵責を感じていくことになります。

こんな引け目を感じる心理というのは非常に繊細なイメージで、目には見えないところもあり、すぐ側にいても気が付かないことがほとんど。但し、その理由ときちんと向き合うことで、他の人にはない自身の長所を発見できることもあります。

こういった引け目を感じることにはメリットもあり、良い意味で捉えると更に上を目指そうという行動することにも繋がるもの。ここでは、完璧な人間はいないのを肝に銘じること、引け目を感じる際の対処法を紹介しています。

 

 

 


完璧な人間はいないのを肝に銘じること、引け目を感じる際の対処法


 

| 1.現在の自分が自覚でき次に繋がる行動にも前向きになれる

頑張ってきた自身を褒めるということ。いつも引け目を意識している人は、褒められる経験が極端に少ないため自信が持てないもの。

本当は褒めて欲しい時があっても、直接周りの人たちに褒めて欲しいとは言い出しにくいので、そんな時は自身に褒美の品物を購入したりします。

そのとき、言葉を口に出しよく頑張ったと言うことで、現在の自分が自覚でき次に繋がる行動にも前向きになれます。

 

| 2.自らを顧みずに周りばかり目を向けてしまう傾向がある

周りと比べることを止めるということ。引け目を感じ取る人ほど、自らを顧みずに周りばかり目を向けてしまう傾向があるもの。他の人と比べるばかりをしていても、職場の人間関係や友人関係に軋轢が生じてしまうばかり。

先ずは周囲の人たちと比較するのを脇に置き、何ができ何ができないかを把握、過去の自身と比較してどう変わったに目を向けます。

 

| 3.俯瞰できれば、他人と比較することに意味がないことに

自分自身の長所を磨くということ。自らにないものを他者が持っていた場合、引け目を感じるものですが、先方の長所と自身の短所は同じではないもの。

仕事が遅いのは正確さを重視するということで、悪ふざけができないのは冷静で精神的に大人という風に考えます。自分自身の長所を広い範囲から俯瞰できれば、他人と比較することに意味がないことになるもの。

 

| 4.小さな一歩を何個も設定、乗り越えた喜びも感じやすく

自らの目標や目的を見直すということ。自分自身で高すぎる到達点を設定してしまうのが、引け目を感じている人のよくない癖というもの。

大き過ぎる目標や目的を設定してしまうと、到達地点までの道程が長過ぎてモチベーションの継続ができません。先のことばかり考えず、短い期間で小さな一歩を何個も設定すれば、克服した喜びも感じやすく自信が抱けるようになります。

 

| 5.気分が爽快になれば、ネガティブな感情もなくなるもの

気持ちをリフレッシュするということ。引け目を感じる人物は、始終他人の目を意識したり、夢中になって努力し続けたりするもの。

これは精神的にストレス蓄積してしまうので疲れやすい状態に。身体を休め心地良いと感じることを、1日1回は実践することがポイント。

温泉を楽しんだり、ハイキングやジムで身体を動かすなども良く、気分が爽快になれば、ネガティブな感情もなくなるもの。

 

 

 


引け目を感じるのは恋愛などでも多くあるもの、そんな時の心理状態


 

| 1.他人と比較ばかりする本人は不安な状態が続くことになる

自らに自信が持てないという心理状態。引け目を感じてしまう人物は、いつも自身より上の立場の人を目標にしているので、仕事や恋愛で努力を重ねても満足できないもの。

自身が既に相当な高いレベルにいても、まだまだ未熟だと感じてしまいます。自ら足りないものを探す癖が付いているので、周りの人々が凄いと感心しても、他人と比較ばかりする本人は不安な状態が続くことに。

 

| 2.他人ばかりに注目し、高い理想像を持っている傾向にある

現実と理想に隔たりがあるという心理状態。引け目を感じる人物は、自らに目が向けてなく他人ばかりに注目し、高い理想像を持っている傾向にあるもの。

全部が自らの思い通りにいかないのが現実ですが、どうにかして自分が設定した理想像に辿り着こうとします。焦るあまり大事な段階をを飛ばすことも多くあり、できたと思っても中身の空虚さ気づいて肩を落とす結果に

 

| 3.相手より優位に立ちたいという感情が嫉妬心へと変化する

先方に嫉妬しているという心理状態。努力を継続しても解決しない問題を抱えている人は、自身と周囲の違いを嫌というほど自覚しているもの。

職場内で高学歴ばかりがいると、認められる場所がないと感じ、美人の女性が多いと素材が違う卑屈になることに。心の何処かで憧れが妬みに変化することがあり、相手より優位に立ちたいという感情が嫉妬心へと変化することに。

 

| 4.努力しても無駄という諦めに似た気持ちを持っているもの

周りとの差が明らかという心理状態。心の中に大きなコンプレックスを抱いている人は、努力しても無駄という諦めに似た気持ちを持っているもの。

大人に成長しても身長が低いままの男性は、相手に追いつけるような事柄ではなく、悩んでも解決しないので諦めてしまうことに。頑張っても周りに追いつけないと感じると、引け目を感じて落ち込んでしまいます。

 

 

 


引け目を感じるのは仕事上でも良くあること、そんな人の詳しい特徴面


 

| 1.喜べる成功体験が極端に少ないこともあり、自信がない

過去の成功体験が少ないということ。引け目を感じる人というのは、大人になるまでの成長過程で失敗の経験が数多くあるというもの。

運動会の徒競走で本気で走っても、目指した順位になれなかったり、受験に失敗していたりという経験があります。自分や親が目標を高く設定してしまい、喜べる成功体験が極端に少ないこともあり、いつも自信がなく引け目を感じることに。

 

| 2.一番じゃないと意味がないなど、プレッシャーばかりを

親に否定されることが多かったということ。幼少の頃から厳しい親に育てられた人は、自らを肯定して貰ってこなかったので、引け目を意識しやすくなるもの。

テストで満点を取っても褒めてもらえず、総合で一番じゃないと意味がないなど、プレッシャーばかりを受け育ったということ。そういった親も否定されながら育っているケースが多く、負のスパイラルが続いていることも。

 

| 3.身内や職場の人間だと我慢も多くなり、ネガティブな方向

物事を悲観的に捉えてしまうということ。引け目を感じる人物の周りには、モラルハラスメントの要素をもつ人が存在するもの。

言動や行動をいちいち否定し、だから駄目などと口を挟まれるため、徐々に否定的な考えになります。物理的に距離を置こうと思っても、避けて通れない身内や職場の人間だと我慢も多くなり、益々ネガティブな方向に。

 

| 4.計画が崩れ去った瞬間から、瞬く間に自暴自棄になったり

生真面目で何事も完璧にこなそうとするということ。自身に厳しい規則を課す完璧主義にも、引け目を感じる人が多い傾向にあるもの。

仕事においては数多くのタスクを準備、落ち度のない自身を作り、恋愛では相手の負担にならず良い人物を演じたりすることに。達成できない自分を許せず責めてしまい、計画が崩れ去った瞬間から、瞬く間に自暴自棄になったりもします。

 

| 5.どう見られている、どう思われているかばかりを気にする

周りの人の目を気にしてしまうということ。引け目を感じる人は、他人から自らがどう見られているか、どう思われているかばかりを気にするもの。

馬鹿にされていないかとかこう思われているなど、不安が募り被害妄想のように自分自身を追い込んでしまうことに。なので、人前にでることを拒否したりすることもあり、人目を気にせずにいようと思うほど自分の周りに壁を築きます。

引き寄せの法則で、引け目を感じるを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

自分自身を比較して劣等感を抱きがちに。ここでは、完璧な人間はいないのを肝に銘じること、引け目を感じる際の対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。