人生やめたいと鬱っぽくもなるもの、漫然と思い浮んだときの対処法



ふと何気ない瞬間に、人生やめたいと漫然と考えることがあるもの。長い人生を歩んでいると様々な不安が沸き起こり、すべてを打ち捨ててしまいたくなります。

朝起きた後で気持ちが落ち込んでいたり、好意を持っている異性の気持ちが分からなくなったり、仕事関係が落ち度なく進まなかったりなど。

ほかにも金銭面をはじめ将来の不安や人間関係など、モチベーションが上がらなかったりネガティブな思考になる時は誰しもあります。

こんな人生やめたい時というのは社会人に限らず、主婦や高校生などそれこそ人間であれば思う瞬間があることに。そんな考えに陥りやすい心理や理由などを知っておくと、不安が残る将来に向け役立ちます。

ここでは人生やめたいと鬱っぽくもなるもの、漫然と思い浮んだときの対処法を紹介します。

 

 

 


人生やめたいと鬱っぽくもなるもの、漫然と思い浮んだときの対処法


 

| 1.セロトニンが分泌され、快眠を促すとされているものです

太陽光を良く浴びるということ。日光を浴びると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、快眠を促すとされているもの。

免疫力が上がりうつ病予防などにも効き目があるとされ、精神的な安定を図るのにも良い対処法の一つ。特に朝日を浴びるのが良いとされているので、人生をやめたいという感情も薄らいでいくことに。

 

| 2.悩みを打ち明けると、思わぬ対処法を教えてくれるかも

信頼できる人に話すということ。もしかすると身近にいる人も同様の悩みがあるかも知れませんし、過去に苦しんでいたかも知れません。

他の人間に自身の悩みや考えの本音を漏らすことは大切なことで、それにより悩みが解決されなくても、話しをすることで気持ちがになることも。

人生をやめたいと思い浮んだ際は、信頼できる人物に悩みを打ち明けると、思わぬ対処法を教えてくれるかも知れません。

 

| 3.じっと思いに耽っていても、新たな考えは生まれづらい

非日常的な空間で自らと向き合うということ。自分の部屋でじっと思いに耽っていても、新たな考えは生まれづらいもの。問題を払拭したいときは水族館や動物園など、いつもとは異なった空間で自分自身と向き合うことが重要。

気分転換になり新たな対処法が思い浮ぶかも知れませんし、人生をやめたいという気分も癒され活力が生まれる可能性もあります。

 

| 4.職場での嫌な人間関係に学校などでのさまざまな問題など

ストレスが重い環境から脱出するということ。人生をやめたいと感じる原因から、逃げ出すことも一つの選択肢というもの。

そうした要因は、気が進まない仕事をはじめ、職場での嫌な人間関係に学校などでのさまざまな問題など。逃げることは一見して悪いことと考えがちですが、人生をやめたいと思うほどなら脱出も良い対処法の一つ。

 

| 5.無駄な保険などの出費がないかをチェックするところから

金銭問題であれば解消するということ。もし金銭問題が原因で人生をやめたいと考えているなら、早々に問題解決に向かうことが大事。先ずは自ら毎月の収支を確認し、無駄な保険などの出費がないかをチェックするところから始めます。

借金などで苦しんでいるのであれば、弁護士などのプロの力を借りるのも良く、金銭問題を改善することで気持ちが楽になることもあります

 

| 6.達成できず、自身に無力感をもたらすことになりかねない

小さな夢を持ち続けるということ。大き過ぎる夢はなかなか達成できず、自身に無力感をもたらすことになりかねません。

但し、小さな夢を心に持ち続け、それを順番に叶えていけば達成感が味わえ、人生をやめたいなどと思わないことに。年一回の旅行や月に一度の外食などの目標であれば、叶えることも比較的簡単で自分の自信にも繋がります。

 

 

 


先を見てポジティブになりたいもの、人生やめたい時の詳しい考え方


 

| 1.やめたいという感情は、死にたいという欲望から生まれる

死にたいは生きたいの裏返しという考え方。人生やめたいという感情は、死にたいという欲望から生まれるもの。但し、死にたいという場合、人それぞれに思う事柄に満足していないので、それが昂じて死にたいと考えることに。

結果的に自分の心の奥底に欲望があり、人生をやめたいという考えが思い浮んだ際は、己の中にある欲求を確認します。

 

| 2.案内したり、募金をするだけでも自分以外の誰かの力に

人間は誰でも、誰かの役に立てるという考え方。人生をやめたいと考えたとき、自身は無価値な存在だと思っているもの。

但し、誰でも人の役に立てるもので、道の判らない人を案内したり、募金をするだけでも自分以外の誰かの力になります。自分自身の力を必要としている人達がいると思えば、人生をやめたいという考えも薄らぐことに。

 

| 3.将来的に幸せになるためのエネルギーを蓄積していると

絶望を経験することで得るものがあるという考え方。人生やめたいと感じているときは、自分の人生の中で絶望の淵というもの。

但し、少しだけ後一日だけ辛抱すれば状況が好転するかも知れず、将来的にこの絶望状況が新しいチャンスに繋がるかも知れません。人生をやめたいと考えている人も、将来的に幸せになるためのエネルギーを蓄積していると考えます。

 

| 4.こんなこともできると考えポジティブな方向を向きます

自己肯定感を持つということ。人生やめたいと思っているときは、何事に対してもネガティブな思考になっているもの。

落ち込んでしまう時でも、自身は幸福になることができるとか、こんなこともできると考えポジティブな方向を向きます。こういった自己肯定感を胸の内に抱くことで、人生をやめたいという昂った感情も静まることに。

 

 

 


人生やめる方法を考えてしまうこともあるもの、そんな思いをする理由


 

| 1.生きていて良かったと思えることがないと、ネガティブに

生き甲斐が何もないと感じているということ。人生やめたいと考えている人には、、生き甲斐や生きている意味がない場合もあるもの。

ライフワークや趣味など自分自身が心から楽しむことができ、生きていて良かったと思えることがないと、ネガティブな気持ちに陥ってしまいがち。これはという生き甲斐が一つでもあれば、人生をやめたいとも思わなくなることに。

 

| 2.関わりたくないのに、関係しなければならない相手など

嫌なことから目を背けたいということ。人生にはたった今やめたいと思う、嫌なことが沢山あるもの。自分自信の性格が嫌いになったり、恋愛が上手くいかなかったり、関わりたくないのに関係しなければならない相手など。

理由をつけて目を背けたくなり、それが昂じて人生をやめたいとまで思ってしまうシーンも多くあります。

 

| 3.自分一人で抱え込むとネガティブな思考に陥ることにも

信頼できる人が身の回りにいないということ。人生やめたい気分になったとき、頼れる人間が身近にいないと不安になるもの。人間関係をはじめ恋愛や金銭面のことなど、自分一人で抱え込むとネガティブな思考に陥ることにも。

近くに対処を相談できる信頼できる人物がいない場合には、人生やめたいなど不安定な思考になってしまいます。

 

| 4.日常生活の一部でもあるので、人生やめたいと考えに耽る

仕事や勉強が上手くいかないということ。やりたい仕事と現在の業務が合わなかったり、勉強が思うように捗らないというもの。

失敗をしてしまいそれを長い間引き摺ってしまったりと、上手くいかない局面は多くあります。仕事や勉強は日常生活の一部でもあるので、人生やめたいと考えに耽ることになります。

 

| 5.お金が掛かり、それを得ることはできるのかというもの

金銭面の不安が常にあるということ。自信がが死ぬまでにどれほどのお金が掛かり、それを得ることはできるのかというもの。

親の介護や子どもの教育費など、金銭に関する悩みや問題は後から段々と湧いてきて尽きません。そういった金銭面で悩みすぎて、人生やめたいと考える人たちは後を絶ちません。

引き寄せの法則で、人生やめたいを脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

不安が沸き起こり打ち捨ててしまいたくなる。ここでは、人生やめたいと鬱っぽくもなるもの、漫然と思い浮んだときの対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。