女性が撃退まで考えるのは情けないもの、勘違い男を払拭していく対策



身近にも女性に避けられる、勘違い男がいるもの。自己中心的な性格で自慢話ばかりがやたら多く、恋愛面で勘違いしている男性のこと。本人の意識には上らなくても、勘の鋭い女性には本性を知られていることもしばしばで、残念ながらモテません。

例を挙げると、告白もされてもないの、好かれていると感じたり、女性に避けられていることも気が付かず何回も連絡したりします。こんな風に迷惑をかけている自分自身を、明確に分かっていない男性が勘違い男と呼ばれることに。

また好意などなくても周囲に誤った情報が広がれば、女性側には甚だ不愉快で、執拗に連絡を送られても気持ち悪いだけになります。

ここでは、女性が撃退まで考えるのは情けないもの、勘違い男を払拭していく対策を紹介しています。

 

 

 


女性が撃退まで考えるのは情けないもの、勘違い男を払拭していく対策


 

| 1.達成したなど、成功体験を持っていると自慢したくなる

過去に成功体験があっても図に乗らないということ。過去に凄いことを達成したなど、成功体験を持っているとつい自慢したくなるもの。

但し、露骨にそこばかりを自慢したいという態度では、相手側の女性からも反感を買うことになるかも知れません。どうしてもアピールしたいときは、昔の成功してが印象に残っていて、それは周囲のサポートがありできたと謙虚に話します。

 

| 2.身勝手な性格と自覚が、先ず相手側の気持ちを思い遣る

相手側の気持ちや周囲の状況を考えるということ。勘違い男は自分本位な傾向があり、自ら話したいことやしたいことを優先してしまうもの。

本当にモテる男性というのは、いつも相手の気持ちや周囲の状況に寄り添った振る舞いを、自然にしているケースが多くあります。少しでも身勝手な性格と自覚がある場合には、先ず相手側の気持ちを思い遣ることから始めてみるのがベター。

 

| 3.自らに問いかけてみればいかに勘違いしていたも分かる

自らを客観視するということ。自分のことを過大評価していたり自信家の男性は、一旦己のことを客観的に眺めるというもの。

以前友人に言った言葉は相手を見下した発言ではなかったなど、自らに問いかけてみればいかに勘違いしていたも分かるように。

冷静に分析する時間を持ち、客観視する習慣が付くと相手の気持ちも分かるようになり、勘違い男を脱却できるかも知れません。

 

| 4.勘違いする口の軽い男性を好きになる女性はいないもの

勘違いするのは仕方ないが、女性に迷惑をかけないということ。絶対にしてはいけないことは、相手の女性を深読みして迷惑をかけるというもの。

例を挙げると、好意を持たれている思ったとき、すぐに周囲の友人に好かれていると振れ回るなど。また、相手の女性に自分が好きなのと質問するのも非常に迷惑な行為で、勘違いする口の軽い男性を好きになる女性はいないもの。

 

| 5.良い部分をアピ-ルする、自身が凄いと思うのは全く別物

謙虚な気持ちを持つということ。男性心理というものは、自分自身を大きく見せたい、そんな気持ちが湧き上がるのは自然というもの。

但し謙虚さを忘て、横柄な態度にでるのは絶対にしてはいけないことで、良い部分をアピ-ルするのと、自身が凄いと思うのは全く別物。謙虚で優しい男性が好きという女性は多く、自らの良さをアピールする際は、控えめな態度を心掛けます。

 

 

 


勘違い男は職場にもいるもの、まとめにもなるその詳しい特徴など


 

| 1.優しくサポートに出る男性の方が女性には好感度が高い

発言は一流でも、行動は凡人ということ。勘違い男の特徴の一つに、何時かは起業するなどと、口に乗せる言葉が一流という傾向があるもの。

但し、実際上の行動はその発言振りに追いついていないことも多く、意識だけが高い性格の男性に見られるパターンです。

職場にいる偉そうに指示する態度の大きい勘違い男は仕事も出来ないことも多く、サポートを優しくする男性の方が女性には好感度が高いことに。

 

| 2.自慢する性格だと現れた時点で女性からの評判はがた落ち

自身は格好良く、モテると思っているということ。よく告白されるし昔からモテるなど、そんな自慢気な男性が実際にカッコいい確率は低いもの。

口癖の如く、自身がモテた逸話を語る男性は案外と多くいますが、自慢する性格だと表面に現れた時点で女性からの評判はがた落ち。

能ある鷹は爪を隠すという諺が示すように、もし自分自身でモテると感じていても、絶対にアピールしないのが良い男の条件。

 

| 3.心ないことを言っているのを聞いた、評判は一気に落ちて

友人や同僚は自分より下の立場と思っているということ。お前のこんなところが駄目なんだよなど、同僚や友人を見下している場合が多いもの。

例え自身にそんな言葉が向けられなくても、誰かに心ないことを言っているのを聞いただけで、評判は一気に落ちてしまうことに。無論、目上の人物に礼儀正しく相対することは大切ですが、後輩や同僚に対しても適切な態度をとることも重要。

 

| 4.自分磨きをすれば己がモテるための初めの一歩に繋がる

モテる男に嫉妬するということ。あんな奴は俺は余り好きじゃない、こんな風にモテる男性に嫉妬して批判的になるというもの。

モテる男性にはそれなりの理由があり、先方の批判をしても自らの評価が上がったり、モテたりすることがないのは当たり前。相手の良い部分を探し真似てみるなど、自分磨きをすれば己がモテるための初めの一歩に繋がります。

 

| 5.本当は凄いという台詞を、よく口にする男性は駄目の典型

本気を出せばが口癖ということ。本気を出さなかったので程度だけど、本当は凄いという台詞を、よく口にする男性は駄目の典型というもの。

女性に自らの格好良きところを見せたい場合、仮の話をする以前に、自分自身の本当の実力をアピールすることが大切。いつも本気で真剣に取り組んでいる人物は、わざわざ本気を出せばなどとは言わず、黙々と前進しているもの。

 

 

 


勘違い男の撃退に繋がるもの、知っておきたいライン等のSNSの事柄


 

| 1.自分自身の行動報告を逐一してくる男性は腰が引けるもの

聞いてもいないのに行動報告があるということ。おはようメールに始まり寝る前のおやすみメールまで、自分自身の行動報告を逐一してくる男性は腰が引けるもの。

女性にしてみれば好意もない男性から届く、詳しい行動報告のLINEは、正直言って気持ちの悪いものに。旅行へ来たケースなど、どうしても伝えたい内容があるときは、少ない回数で特別感のあるなど工夫が必要。

 

| 2.さまざまなタイミングで自撮りUPする男性も多いもの

頻繁に自撮りを載せるということ。新しい洋服を購入したり、ヘアスタイルを変更したりと、自撮りUPをさまざまなタイミングでする男性も多いもの。

但し外見の良し悪しに関わらず、男性がSNSに自撮りUPすること自体が、自意識過剰な勘違い男と思われる事に繋がります。どうしてもSNSにUPしたいケースでは、あまり表情やポーズを決め過ぎないで、友人と撮ってみるなど工夫が必要。

 

| 3.女性側から今日は楽しかったとお礼のメールなどがある

社交辞令を本気にするということ。飲み会や食事会などが終わった後、女性側から今日は楽しかったとお礼のメールなどがあるもの。これを本気にし好意を抱いてくれていると感じるのも、良く生じる勘違い男の深読みの一つです。

気遣い上手な女性のケースでは、お礼を伝える際に楽しかったと言う傾向があり、それは一人の人物に向けられている訳ではありません。

 

| 4.かなりの恐怖で、ストーカーと思い違いされる場合もあり

彼氏の顔をするラインということ。少の間LINEが続いていたり一度デートをしただけで、彼氏の顔をしてメッセージを送るというもの。

心で好意を抱いていたとしても、相手側の女性からすれば唯の友人と思われているかも知れません。そんな状況において、帰りが遅いので気を揉んだなどと言われるのはかなりの恐怖で、ストーカーと思い違いされる場合もあり要注意。

引き寄せの法則で、勘違い男を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

女性に避けられていることも気付かず。女性が撃退まで考えるのは情けないもの、勘違い男を払拭していく対策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。