見分け方が大事になるもの、先ず参考にしたいずるい人との付き合い方



気が付けば身の回りにも、ずるい人がいるもの。普通には考えられない、他人を貶めるような行動を平気でするのがずるい人。そんな人物が側にいると、真面目に過ごしている我が身からみれば、とかく自らが損しているような気になり許せないと思うことに。

そんなずるい人というのは、利益追求のための発想を豊富に持っていて、他の人間を騙すために巧妙な嘘なども吐くもの。

また自分自身の頭の良さも自覚していて、ずる賢い行動も落ち着いてできますが、それが判明した際の切り抜け方も用意しています。

ほかに思慮深さもあり一筋縄ではいかないので、ずるい人を寄せ付けない方法をしっていると役だつことに。ここでは、見分け方が大事になるもの、先ず参考にしたいずるい人との付き合い方を紹介しています。

 

 

 


見分け方が大事になるもの、先ず参考にしたいずるい人との付き合い方


 

|  1.はっきりしない曖昧な態度の人物に親切にしていることに

人により態度を変化させていないか見極めるということ。ずるい人というのは自らに利潤のある人を見定めて近づくので、人により態度を変えるもの。

明確に意見をいう人には近づかず、はっきりしない曖昧な態度の人物に親切にしていることに。自身にメリットのある人に良い応対をしているような、態度が変わる人物は離れていくのも付き合い方としては有効。

 

| 2.助けて上げたいという心情から親切心が沸き起こるので

見返りをすぐに求めないか確認するということ。ずるい人は計算ずくで行動するので、人に親切にしたり後は、見返りをすぐに求めるもの。

本心から親切にしている人物は、助けて上げたいという心情から親切心が沸き起こるので、当然見返りを求めることはありません。

こんな見返りに対する考え方も、ずるい人の見分け方としては有効で、少し前のことでも執拗に返礼を求めてくるような人に注意。

 

| 3.弱みを握られていたと、責任回避をした上で嘘を重ねる

過ちを認めるか注視するということ。ずるいとされる人物は、自らが得するため平気でを吐いたり不正を働くもの。なので、不正や嘘が明るみになった際、間違いを認めたり言い訳するなどに注目するのも、見分け方として有効的。

二股が明白になったケースでも、ずるい人物であれば先方に弱みを握られていたと、責任回避をした上で嘘を重ねるもの。

 

| 4.返金してくれない、借りた証拠がないと言われると終わり

責任転嫁を防止するため、記録を残すということ。ずるい人は、他人のウイークポイントを突くのを得意としているので、曖昧なところを見せると必要に攻撃してくるもの。

口約束で金銭を貸した場合、何時になっても返金してくれない時、借りた証拠がないと言われると終わりになります。

こんな約束違反や責任転嫁などを防止するには、仮にずるい人物との遣り取りをしなければならない時、対策に書類やメールなど形に残る記録を残すようにします。

 

| 5.嫌なものは嫌だと強気に言うことで相手は離れていくこと

明確に意思を伝えるということ。ずるい人間というのは己が優位に立つべく、他者を上手く使おうとするので、付け入る隙がないかを伺っているもの。

ずるい人物が割の良い話などを持ち掛けてきた際、曖昧な態度では足元をすくわれてしまうことがあります。対処策として覚えておきたいのが、明確に気持ちを伝えることで、嫌なものは嫌だと強気に言うことで相手は離れていくことに。

 

| 6.普段通りに過ごせば、どちらが信用できるかは自明のこと

距離を離し関わらないということ。相手がずるい人間だと判明したケースでは、巻き込まれるより早く逃げることが重要というもの。

金銭を借りたまま返して貰えなかったり、恋愛関連で大切な人を取られたりする以前に、関わらないようにすることが対策法としては効き目があります。

ずるい人が周りの人たちにあることないこと吹き込もうとしても、後ろめたいことをせず普段通りに過ごせば、どちらが信用できるかは自明のこと。

 

 

 


寄せ付けない方法に注目したいもの、覚えておきたいずるい人の特徴


 

| 1.他者を平気で使う、言い訳や嘘を吐いたりするのは得意技

喋り上手で責任転嫁が流れるようにできるということ。ずるい人は己が良ければ、後はどうなってもよいと考えるもの。自身の利益誘導のため他者を平気で使うので、言い訳や嘘を吐いたりするのは得意技の一つ。

話の流れの最中に自然に自身の責任を他者に押し付けられ、初対面もで役立つ人間と感じれば達者な口で丸め込むことに。

 

| 2.店側や店員に対して怒りの矛先を向けるクレーマーの面が

金銭を追求しがちな傾向にあるということ。利益優先なのがずるい人というもので、できる限り自身の金銭は使わないようにするもの。

飲み会などに出掛けたときも、損得勘定が先に立って割り勘に応じないことも多く、物品購入の際は1円たりとも損をしないようにします。もし自身が損をしたと感じた時は、店側や店員に対して怒りの矛先を向けるクレーマーの面が現れることも。

 

| 3.メリットがあるかどうかを、たちどころに判別できる能力

洞察力に優れ、先方の感情を読み取るのが早いということ。ずるい人は自らに得があるか、役に立つ人かを見定めるのが得意技というもの。

なので人間に関しての洞察力も高く、自分自身にとってメリットがあるかどうかを、たちどころに判別できる能力を持っています。

もし自身に利潤がある人と判断した場合、全力で取り込みにかかるので、相手の期待に答えた行動をとるようになります。

 

| 4.局面によって立場を変える、ずるい人物にはよく見られる

即座に投げ出す傾向があるということ。ずるい人というのは、利益のある物事や人物に対し、全力を傾けて近寄ろうとするもの。

しかし、もしその物事や人物が己にとって不利益と判明した場合は、引き摺り込まれない間にすぐに手を引くことに。長所や短所を見極める能力があり、その局面によって立場を変えるのも、ずるい人物にはよく見られる行動。

 

 

 


ずるい人はスピリチュアルな方面から見るのが大事かも、その心理状態


 

| 1.どうすればメリットがあるかを四六時中考えているもの

身勝手ですぐ他者を利用しようとするということ。ずるい人が最も大切にしているのは自分自身で、どうすればメリットがあるかを四六時中考えているもの。

自身の利益を上げるためなら、物事はもちろん他人でさえ上手に駆使しようとする心理状況にあります。そういった人物は、周囲の人たちでも自身が得をするための、道具だったり肥やしとしてしか思わないことに。

 

| 2.勢いに飲まれる前に全力で関係を断ち切らなけばいけない

上手に相手を確かめているということ。ずるい人がもっとも恐怖に感じる状態が、いわゆる進退を共にするというもの。

利益になると近寄ったところ、実際にはデメリットしかない場合、勢いに飲まれる前に全力で関係を断ち切らなけばいけません。

なのでずるい人というのは、こうしたことにならないよう近づいても安全な人や、頼っても平気な人物を見定めています。

 

| 3.本当の気持ちや、心の奥底の心理を隠すのが非常に得意

自らの方が上だと考えているということ。ずるい人は本当の気持ちや、心の奥底の心理を隠すのが非常に得意というもの。

ずるい男性の場合、昇進のため自身の評判を上げたり、同僚を失脚させたり上司に擦り寄るのは当然のこと。敬意を上司に現わすのは全てが自分自身のためで、胸の内では自身の方が優れていると考え、心中では小馬鹿にしていることも。

 

| 4.利益のためにどんな行動にでるかを考えて決めています

いつも損得勘定を考えているということ。ずるい人というのは全ての振る舞いに対し、計算され尽くした行動を優先させる心理があるもの。

仕事関係は無論のこと人付き合いなども、好き嫌いからくる感情ではなく、利益のためにどんな行動にでるかを考えて決めています。恋愛でも相手の魅力的な箇所や愛情で付き合うのでなく、名声だったり財産などを狙い近付くことに。

引き寄せの法則で、ずるい人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

人を騙すため巧妙な嘘なども吐くもの。ここでは、見分け方が大事になるもの、先ず参考にしたいずるい人との付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。