無愛想な人は接し方にも困るもの、素っ気ない態度にとられない改善法



身近な場所にしても、無愛想な人がいるもの。ちょっと見たところでは気難しい様子にも見え、何だか近寄りがたく、なるべく関わり合いになりたくないという人も。

コミュニケーションが難しそうという根拠から、無愛想な人は好感度を与え難く、ネガティブなイメージで捉えられやすい傾向です。一方で無愛想な人が好きという人もいて、いつも無表情な人物が心配してくれたり、笑いかけてくれたりすると印象的に映ります。

人と接する際、親しみのある態度で振舞う人を愛想がいい人といいますが、対して無愛想は人に対し素っ気ない態度で臨む人の意味。

但し、こうした愛想がない部分を自覚している人も数多くいて、将来に向かいできれば改めていきたいと思っているのも事実です。

ここでは、無愛想な人は接し方にも困るもの、素っ気ない態度にとられない改善法を紹介しています。

 

 

 


無愛想な人は接し方にも困るもの、素っ気ない態度にとられない改善法


 

| 1.会話の最中にさりげなく視線を合わすことを心掛けます

目を見ての話しを心掛けるということ。会話の最中に視線をそらしたままでは、よそよそしく冷たいイメージを与えてしまうもの。

恥ずかしがり屋や人見知りの性格で無愛想になっている人は、目線を意識するだけで相手の印象は随分変わります。始終目を見続けるのは失礼ですが、会話の最中にさりげなく視線を合わすことを心掛けます。

 

| 2.笑顔を見せるだけで、コミュニケーションもスムーズに

会話の最中は笑顔を意識するということ。挨拶したり返事をする際に笑顔を心掛けると、相手に対して好感度が上がるもの。

慣れないうちは顔が引きつっているなど、不安にもなりますが、日々続けていく間に自然な笑顔にることに。ずっと笑う必要はなく、会話の時にポイントを抑えて笑顔を見せるだけで、コミュニケーションもスムーズになります。

 

| 3.受け止めて貰えたと感じた相手は好印象を抱くことになる

相手の話に耳を傾けるということ。話を適当に聞き流されたり、興味のない態度を見せられると、心地よい事はないもの。

コミュニケーションが不得意で無愛想と思われている人は、相手の話を無意識のうちに跳ね返している傾向。先ずはきちんと相手の話に耳を傾ける癖をつけることが大切で、受け止めて貰えたと感じた相手は好印象を抱くことに。

 

| 4.声が低いことが、無愛想な心象を相手に与えていることが

少し声を高くすることを意識するということ。喋っている声が低いことが、無愛想な心象を相手に与えていることがあるもの。

少しでも明るいイメージにするため、意識的に高く声を出すことを心掛けてみるのが改善法の一つ。但し、声が高過ぎると落ち着きのないイメージになるので、普段より少しだけ高い声を意識すると、好感度を上げられることに。

 

| 5.適切に相槌を打つなどで、無愛想な心象を和らげることが

非言語コミュニケーションを意識するということ。言葉以外の情報によりコミュニケーションするのが、ノンバーバルコミュニケーションというもの。

声のリズムや表情、リアクションなどにより自らの気持ちを表現していく方法です。会釈やお辞儀をするといった振る舞いはもちろん、自然と目配せをしたり相手を見て適切に相槌を打つなどで、無愛想な心象を和らげることができます。

 

 

 


無愛想な人が戸惑うのが接し方というもの、知っておきたいなぜの特徴


 

| 1.他の人と会話をする際、目を合わせない傾向があるもの

目を合わせないということ。無愛想とされる人は、他の人と会話をする際、目を合わせない傾向があるもの。愛想の良い人というのは他人と接する際、目をきちんと見て話したり、時折り笑顔を見せコミュニケーションをします。

無愛想な人は、相手から見つめられることが不得手なため、会話の最中に何処かよそよそしい雰囲気を生じさせてしまうことに。

 

| 2.感情表現に乏しく、能面のような表情でいることが多い

基本的に無表情ということ。無愛想な人というのは、感情表現に乏しく、まるで能面のような表情でいることが多いもの。

会話中であったり仕事の最中でも真顔で過ごしていて、例え笑いかけられても微笑み返すことすらしません。笑顔を交わさない相手とは親しみを感じ難いので、無表情な人物は愛想がないと思われることに。

 

| 3.一言だけで返答するので、会話がすぐに終わるというもの

返事が素っ気ないということ。リアクションが薄く、友人と雑談をしている時も、そうだねなど一言だけで返答するので、会話がすぐに終わるというもの。

そんな状況では、友人でさえ話すのが嫌なのかもと感じ、冷たくされたような印象を受けます。積極的に会話を盛り上げようともしないので、素っ気ない印象を与え、無愛想な人と思われることに。

 

| 4.自由に振舞いたい、そんな人も無愛想と思われるという

マイペースということ。周りから干渉されず常に自由に振舞いたい、そんな人物も無愛想に見えるというもの。職場等の飲み会の後、皆で二次会に行くことになった際、マイペースな人物は帰りますということに。

気を遣ったり様子を伺ったりせず、気ままな振る舞いを繰り返す人は独善的に見えるので、無愛想な印象を抱かれがち。

 

| 5.親しみやすさはまったく出せず、よそよそしい雰囲気に

人見知りということ。無愛想な人の中には、コミュニケーションに対し苦手意識がある人もいるもの。人見知りの性格をしていて、初対面だったりさほど親しくない相手には自然体で話すのが難しく、意図せず愛想のない会話をしてしまいます。

人目があるなかでは緊張してしまうので、気取らないところはまったく出せず、よそよそしい雰囲気になります。

 

 

 


印象としてデメリットが多いもの、覚えておく無愛想な人の詳しい心理


 

| 1.意思疎通もし難いのでどうしても悪いイメージがあると

イメージが悪いということ。無愛想な人にとり印象の悪さは短所の一つで、話し掛けても無味乾燥で、意思疎通もし難いのでどうしても悪いイメージがあるというもの。

特に、初対面の人と相対するときは、この印象の悪さが大きなマイナスポイントになります。人から紹介された際など、初対面で無愛想な態度をとってしまうことで、人間関係や仕事上で悪影響を与えることがあります。

 

| 2.何を考えているのかが相手側に伝わらないことがあるもの

付き合い難いと感じさせるということ。表情に変化がない無愛想な人物は、何を考えているのかが相手側に伝わらないことがあるもの。

また、話し掛けられた際、視線を合わせず返事をしたり、リアクションもしなかったりと、相手を不愉快な気分にさせてしまうことも。付き合い難いと思われると同時に、無愛想な態度は他の人との、良好な関係を構築するのが困難になります。

 

| 3.見かけのせいで誤解を受け、なかなか親密にはなりません

誤解を生じやすいということ。冷淡な態度や仏頂面の人に対し、多くの人たちは怒っているのかもと気を遣ってしまうもの。

本人にそんな気はなくても、相手側から見る無愛想な人は、いつも怒っていて怖いというような誤解を受けることも珍しくありません。自らから仲良くしようと心を開いていても、無愛想な見かけのせいで誤解を受け、なかなか親密にはなりません。

 

| 4.話し掛けられる頻度が、少ないということがメリットと

面倒な付き合いを回避できるということ。愛想をふりまく人と違い無愛想な人物は、話し掛けられる頻度自体が、少ないということがメリットというもの。

どうでもいい人や嫌いな人との会話に労力を使わないで済むので、余計ともいえるストレスが溜まりません。更に、反応や意見を求められた際も、周りの人達が無愛想な人柄を納得していれば、余計な期待がかからず楽な対応ができます。

 

| 5.態度が揺り動かないので、日頃から堂々と重く構えている

冷静に見えるということ。テンションの上がり下がりや思っていることが表情に現れ難い無愛想な人柄は、冷静と周囲の人々から見られる傾向にあるもの。

よしんば動揺していたとしても、表情の変化も極めて少ないので、周囲の人たちに察知されることはありません。いつも一定のテンションで態度が揺り動かないので、日頃から堂々と重く構えている印象があります。

引き寄せの法則で、無愛想な人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

味気ない態度で他人に臨む人の意味も。ここでは、無愛想な人は接し方にも困るもの、素っ気ない態度にとられない改善法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。