傾聴の姿勢が大事、会話のキャッチボールができない人を打破する方法



身近な場所にも、会話のキャッチボールができない人がいるもの。いわゆる会話が噛み合わないという人で、話を続けるほど疲れたりもします。

会話というのは互いの受け答えで進むもので、自身が投げたボールをキャッチして貰えなかったり、相手に暴投ばかり投げられると疲労の極致に。

こうした会話のキャッチボールができない人は発達障害の可能性もありますが、照れ屋で緊張して固くなっている場合もあります。

但し、会話自体が下手という人もいて、そうした場合は話をするのに貴重な時間を割くのは、不釣合いなことになりかねません。

なので、会話のキャッチボールできないというのは将来に向け、自身の負の性質になります。

ここでは、傾聴の姿勢が大事、会話のキャッチボールができない人を打破する方法を紹介しています。

 

 

 


傾聴の姿勢が大事、会話のキャッチボールができない人を打破する方法


 

| 1.相手の話に対して凄いとかどうやればなど、好奇心を表に

相手側の話に視線を向けるということ。先方の話に好奇心を抱くということは、コミュニケーションが上手な人の得技の一つ。

自身が喋る話題に関心を持って聞いてもらえると嬉しいのは、どんな人間であっても心地良いもの。

例え相通じる話題を見つけられない場合でも、相手の話に対して凄いとかどうやればなど、好奇心を表に出すことはできます。

 

| 2.相手の話を聞き逃さないよう、注意深く聞くというもの

相手の話を誠意を持って聞くということ。自身が話すことは脇に置き、相手の話を聞き逃さないよう注意深く聞くというもの。

会話そのものを配分率で見た場合、先方の話が約7割で自身の話が約3割ほどの率が、コミュニケーション的に効果があるとされています。

現実的にコミュニケーションの能力が高いとされる人というのは、そのほとんどが聞き上手ということに。

 

| 3.心理的距離も近付きコミュニケーションも取りやすくなる

同じ趣味の話題を持ち出すということ。互いの間柄に共通項があるケースでは、心理的距離も近付きコミュニケーションも取りやすくなるもの。

学生ならテストを始め就活話などのほか、趣味や好きなスポーツなどさまざまな事柄。

ほかに応援しているプロチームやもお気に入りのTV番組など、語り合えるテーマが豊富にあれば会話も盛り上がるはず。

 

| 4.同意するでも否定するでもなく共感するというものです

先方の話に共感するということ。会話のキャッチボールがで聞き上手になるためには、同意するでも否定するでもなく共感するというもの。

話の内容に賛成できない場合も数多くありますが、否定したときは相手側は感情の持って行き場を失くしてしまうことに。

結果的に否定的なこと言葉は使わず、先ずは気持ちをしっかりと受け入れてあげることが重要。

 

| 5.相手にも分かりやすく伝わり、会話が滞りなく進みます

結論を先に述べてから理由を話すということ。初めに結論を伝えてからその理由を話すと、滞りなく用件が伝わるというもの。

先ず相手に対してして欲しい要件を初めに伝え、それは何故かということは後から詳しく話します。

こうした順番で事柄を話すようにすれば、相手にも分かりやすく伝わり会話が滞りなく進みます。

 

| 6.上手くできない、相槌が使えていないのが要因というもの

相手の言葉に対し相槌を打つということ。会話のキャッチボールが上手くできないのは、相槌が使えていないのが要因というもの。

改善しようと努力するのは良いことですが、キャッチボールというだけあり、話し方だけに着目するのではなく聞き方が重要。

相手の方向に身体を向けたり、何かしながらでなく会話に集中したり、相手の目を見るなど困難なことではありません。

 

 

 


会話のキャッチボールができない男と言われることも、そうした特徴面


 

| 1.胸に刻み、時には一歩譲る姿勢を心掛けることがポイント

自らの価値観で押し切るということ。自らの価値観をごり押しする態度も、会話のキャッチボール上手とはとても言えないもの。

協調性がコミュニケーションの基礎にあるので、自身の自慢話ばかりなどせず先方の話を聞いてあげる姿勢が重要。

価値観は人によりさまざまに違うことを胸に刻み、時には一歩譲る姿勢を心掛けることがポイント。

 

| 2.邪魔をするような、ネガティブ発言を入れるというもの

雰囲気が読めないということ。楽しい会話を数人でしている最中に、邪魔をするようなネガティブ発言を入れるというもの。

更にもいきなり話題を転換してしまうなど、まったく雰囲気を読めず取り繕うこともしません。

当人に他意はないので自覚しにくいところもありますが、会話のキャッチボールができないことに繋がり要注意

 

| 3.苦手な人物は、スムーズな人間関係を築くのに手間取る

目を合わせるのが苦手ということ。コミュニケーションに不慣れな場合、如何しても視線を合わせることを避けてしまうもの。

会話は言葉を使って行うものですが、相手と視線が合う度に目が泳いでしまうという人もいます。

目配せというのも重要な意思疎通の手段の一つで、苦手な人物はスムーズな人間関係を築くのに手間取ることになりかねません。。

 

| 4.意見を否定されたり間違いを指摘されるのを恐れるもの

自尊心が高く、傷付くのが怖いということ。自尊心が高いタイプの人ブルは、意見を否定されたり間違いを指摘されるのを恐れるもの。

プライドを傷付けられた経験を一度でもしてしまうと、コミュニケーションを避けて生活することにもなりがち。

更に、痛手を受けないよう先手を打って、相手より上の立場から意見をしようとすることもあります。

 

| 5.聞かない態度を選ぶ場合、その人物から嫌われる覚悟を

相手側の話を聞いていないということ。会話のキャッチボールで例えて言えば、ボールを受け取らないということに相当するもの。

先方の話を聞かないことは関わりを拒否する行為で、一生懸命に話しているのに聞いて貰えなかったら、二度と関わりたいとは思いません。

なので、相手の話を聞かない態度を選ぶ場合、その人物から嫌われる覚悟を持って振舞います。

 

 

 


会話のキャッチボールが上手い人はしないもの、言語道断の事柄など


 

| 1.面白くないような態度を表に、相手側に対してとても失礼

上の空で話を聞くという禁止事項。興味を持てない話題だからと、別のことを考え上の空で聞くというもの。面白くないような態度を表に出すのは、相手側に対してとても失礼に当たることに。

質問され慌ててき的外れな返答をしてみたり、聞いてませんと答えたのでは、信頼関係自体も失いかねません。

 

| 2.一方的に自らが話し続ける場合、しらけた雰囲気が漂う

一方的に話し続けるという禁止事項。会話にしても一方的に自らが話し続ける場合、しらけた雰囲気が漂うもの。

身の程を弁えず他者の気持ちをなり替わり答えるような不遜な態度も、控えたほうが賢明ということに。

こうした行動に出がちな人物は、次第次第に集まりに呼ばれなくなる恐れもあり、意識的に改善する必要もでてきます。

 

| 3.最後まで話を聞くことが会話のキャッチボールというもの

話に水を差すという禁止事項。相手側が話をしている最中に口を挟み話に水を差すと、まだ話しているのにと不快になるもの。

一方的に決め付けたり否定的に遮った発言をすると、より一層相手の感情を害することになりかねません。

例え相通じることができないような話でも、最後まで話を聞くことが会話のキャッチボールというもの。

 

| 4.付き合いたくないと先方に思われることになりかねません

終わった話を蒸し返すという禁止事項。一旦終わった話を再度持ち出し、執拗に話し続けることは禁忌事項というもの。

自らは沢山喋って気が済むことになっても、周囲の人たちは不愉快な気分になってしまうことに。

特に失敗した結果の話を何回も持ち出せば、これ以上付き合いたくないと先方に思われることになりかねません。

 

 

まとめ

暴投ばかり投げられると疲労の極致に。ここでは、傾聴の姿勢が大事、会話のキャッチボールができない人を打破する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。