ケチな人の末路が気に懸かるもの、現実に戸惑わない上手な付き合い方



身の回りを見渡すと、ケチな人がいるもの。他人よりも1円単位の金額でさえ多く出費することを嫌がり、出し渋るのがケチな人物。

どれほど良い感じの会合やデートなどでも、器の小さいイメージも強く、相手をするのが苦手な人もいます。ケチな人は損をするとされ、金銭の絡むシーンで一緒に過ごすと何故か疲弊してしまい、周りの人たちを不快にすることも珍しくありません。

良く比べられる倹約家との違いですが、上手に節約ができる人というのは、収入と支出を的確に把握しています。一方、ケチな人は計画的なところがなく、今日の出費をどれほど抑えるか、そんなつまらないことを考え生活していることも。

ここでは、ケチな人の末路が気に懸かるもの、現実に戸惑わない上手な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


ケチな人の末路が気に懸かるもの、現実に戸惑わない上手な付き合い方


 

| 1.ケチな人物の予算範囲が把握できず戸惑うことがあるもの

前もって考える予算を聞いておくということ。食事や飲み会に誘う場合、ケチな人物の予算範囲が把握できず戸惑うことがあるもの。

ケチな人を食事や飲み会に誘うケースでは、事前にどの程度の金額なら行けそうか尋ねておくのが最善の方法。当日では客席で文句を言われることもなく、沢山食べられても良いように、食べ放題や飲み放題に誘うのがベター。

 

| 2.金銭が絡んでしまう局面では、どうしてもケチな度合いが

できる限りお金の掛からない付き合いを心掛けるということ。金銭が絡んでしまう局面では、どうしてもケチな度合いが目立つもの。

どうせ付き合い方を考慮するなら、ケチな人とは金銭面の掛からない所でのみ、そんな付き合い方に変えれば良いことに。

誰かの自宅に集合しようという話が出ても、呼ぶ方が見返りを求めず手土産禁止令にするなどして、苛立ちを抑えることもできます。

 

| 3.相手を伺って、お金を出さなくてもいいかを探ってくる

明確に折半の基準を決めておくということ。外食などを一緒に際、ケチな人は相手を伺っていて、お金を出さなくてもいいかを探ってくるもの。

甘やかしてしまうと図に乗って、あの人は奢ってくれたのになど、嫌味をいうこともあります。これ以後も長い付き合いになる相手の場合、自らの気持ちも明確に伝え、外食は折半とルールを決めます。

 

| 4.相対していると、精神的な疲弊を生じるのは相手をする側

ケチな人と割り切って付き合うということ。ケチな人と相対していると、精神的な疲弊を生じるのは相手をする側というもの。

思いも寄らないところでケチを付けてくることもあり、感情が昂ってしまう人も多いことに。前もってこの人物はケチな人と自覚しておくことで、実際に出し惜しみするシーンに出会っても、また出たと割り切れます。

 

| 5.同じことに関心を持っていると思えば、少しでも信頼を

節約術を聞いてみるということ。なかなか共通する話題がない場合、身近にいる人でも理解し合うことが難しいもの。

相手の長所を褒めることで心が通じ合うなら、ケチな人が熱心な節約術やお金の貯め方を尋ねてみます。相手も同じことに関心を持っていると思えば、少しでも信頼を抱くので人間関係も良くなることに。

 

 

 


貯蓄目的は何にも決まってないことも、覚えておきたいケチな人の特徴


 

| 1.まったく気にせず、払いたくないという意志を貫くもの

お金がないが口癖ということ。ケチな人物は周りの目線などはまったく気にせず、払いたくないという意志を貫くもの。

金銭を手放すことに何より嫌悪を感じるので、周りの人たちに普段から払いたくないアピールをして、出費を免れようとします。日頃からお金がないや勿体ないと口癖になっている人は、ケチと呼ばれても仕方のないところ。

 

| 2.様々な面で余裕がない、周りの人たちの印象も良くない

何ごとも損得勘定で判断するということ。金銭面や精神面で安定が図れている人は、周りの人たちにも良いイメージで見られるもの。

但しケチな人物は常に受け身の傾向もあり、様々な面で余裕がないので、周りの人たちの印象も良くありません。損得勘定で判断して行動を決めることが多く、他人からどう見られているのかは気にしません。

 

| 3.感謝の気持ちなどはなく相手側の意図には全く応じません

無料というアピールに弱いということ。ケチな人というのは金銭が必要ないものが大好きで、普段は必要なものだけにしかお金を使いませんが、無料であれば手にとるもの。

但し、無料のものには宣伝だったり販促だったりと、渡す相手側の意図があります。ケチな人はこうしたサービスや無料のものに弱いところもありますが、感謝の気持ちなどはなく相手側の意図には全く応じません。

 

| 4.支出の方が、より貯蓄に大きく影響を与えると思っている

デートの際も割引券やクーポンを極力利用するということ。ケチな人は収入よりも支出の方が、より貯蓄に大きく影響を与えると思っているもの。

なので数百円でも安く物事を手にすることに喜びを感じ、デートでも割引券やクーポンを利用することを躊躇しません。男性側がこういった人物の場合、女性側からすると格好悪い思いをしたり、安くあげられたと感じることに。

 

| 5.周りの人と自らの金銭感覚が異なることを知っているもの

奢りと分かると、加わりたがるということ。基本的に自身のことにしかお金を掛けないケチな人物は、周りの人と自らの金銭感覚が異なることを知っているもの。

なので、割り勘などのときは他人の分まで払っている、そんな感覚が抜けずに楽しくない思いになります。但し誰かの奢りと聞いた場合、お金を減らすことなく飲食できるので、自腹だと行かない場所にも参加したがります。

 

 

 


何処に金銭を投資すべきか分かってないことも多い、ケチな人の心理面


 

| 1.守りたいものなど、貯金は安心できる精神安定剤となって

貯金がないと不安になるという心理状態。ケチな人は自らの将来に不安感を持っていて、常に貯金がなければ不安というもの。

その要因はさまざまですが、幼い頃に貧しい家庭で成長したことや、現時点での収入が低過ぎるといったことも。成し遂げたい夢や守りたいものなど、貯金は安心できる精神安定剤となっています。

 

| 2.簡単に手放すことをしないので、中古や譲って貰ったもの

本当に欲しいもの以外は、必要がないという心理状態。ケチな人は、使えるうちはどんなものでも大切に扱うもの。

車なら乗れれば良いし、冷蔵庫なら冷えれば良い、そんな感覚で過ごすので、本心から欲しいもの以外は買う必要がありません。金銭を簡単に手放すことをしないので、時には中古や譲って貰ったもので済まそうとします。

 

| 3.使う使わないにけじめがあり、その上でしっかり貯める

使うことより、貯めるのが当然という心理状態。貯蓄が上手な人は、使う使わないにけじめがあり、その上でしっかり貯めるもの。

但しケチな人というのは、度を越えて貯金癖があり、貯蓄と支出の境目がありません。常識的に金銭を貯めようとする人は、何かの目的達成に向かって貯蓄しますが、ケチな人はただ増えることを楽しむことに。

 

| 4.手助けが必要だった時、そんな人物がいなかった過去が

ここぞという時のためという心理状態。ケチな人は本当に手助けが必要だった時、そんな人物がいなかった過去があるもの。

なので、将来自身が困ったとき助けてくれる人間はいないと考え、己で己を守るしかない、そんな風に考えています。

怪我や病気での入院をはじめ、老後に入所する施設の心配をしたりと、ここぞという時のため貯金をしておこうと思っています。

引き寄せの法則で、ケチな人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

出費を嫌がり出し渋るのがケチな人物。ここでは、ケチな人の末路が気に懸かるもの、現実に戸惑わない上手な付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。