自覚のタイミングが賢明な判断に繋がる、意欲がわかないときの改善法



やろうと思っても、意欲がわかない時もあるもの。やる気が湧いているときは元気一杯でも、気持ちが一時的に乗らなくなってしまう状態。

こうした意欲がわかない時は、仕事や恋愛など物事に対しても上手くいかず、失恋や重大な失敗に繋がる可能性があります。

これはやりたくないことをしている場合に多く見られ、人間は自分自身の意に反した行動を継続していると、ストレスが蓄積し徐々に無気力になるというもの。

もちろん意欲がわかない原因はうつ病などの病気のときもありますが、したくないという不満がやがて諦めの気持になり、やる気自体を奪うことになります。

こうした感情をそのうち元通りになるなどと放置するのは危険で、それこそ本当の病気にもなりかねません。

ここでは、自覚のタイミングが賢明な判断に繋がる、意欲がわかないときの改善法を紹介しています。

 

 

 


自覚のタイミングが賢明な判断に繋がる、意欲がわかないときの改善法


 

| 1.考えずにできることから始めると心理的抵抗がありません

簡単なことからやり始めるということ。どうしても意欲がわかない際は、とりあえず出発し手を動かす方法があるもの。

仕事したくないと感じていても、デスクに向かって始めると、そのうち気持も乗ってきて集中力が高まることも。

ポイントは簡単なことから手を付けることで、デスク周りの整理整頓やメールチェックなど、考えずにできることから始めると心理的抵抗がありません。

 

| 2.挫折することもある、先ずは小さな目標からというもの

時間を区切り、小さな目標を実行するということ。あまりに大きな目標を掲げると、それだけで挫折することもあり、先ずは小さな目標からというもの。

15分でこのページだけ勉強するなど時間を区切ることが大切で、物足りなくなるレベルの目標を立てるのが適していることに。

小さな目標をクリアすると達成感も味わえ、意欲もわきやすくなるので持って来いの改善法の一つ。

 

| 3.一切見返りを期待せず努力を続けるのは難しいものです

自分に褒美を用意するということ。どれほど頑張り屋で自分自身に厳しい人物でも、一切見返りを期待せず努力を続けるのは難しいもの。

但し、誰かに誉められたリ認められることをやる気の動機にすると、思惑通りの評価が得られなかった際は更に無気力になることに。

そこで良い方法が自分で自分に褒美を用意することで、自らを労わりながら生活すると、やる気の自己管理に結び付きます。

 

| 4.そんな義務感を動機に取り組むと、段々と面倒になるもの

関心のあることをやるということ。将来役に立つからとか社会的信用のため、そんな義務感を動機に取り組むと、段々と面倒になるもの。

そうした時は、自らが純粋に関心が抱けることに取り組むのが重要で、イラストを書いてみたり漫画を読むなど、一見役に立たない感じのことで大丈夫。

あれこれ打算的に考えず、ただ好きな物事に打ち込んでいると、無意識に意欲も湧き上がってくることに。

 

| 5.ストレッチや筋トレなどの軽い運動をするのが良いもの

気分転換に身体を動かすということ。意欲がわかない時は、ストレッチや筋トレなどの軽い運動をするのが良いもの。

外に出ての散歩などもいいですが、身体を動かしているときはスマホを触らないことがポイント。

身体を動かして体内の感覚を刺激するとリフレッシュできるので、頭も爽快になりその後の集中力が高まります。

 

 

 


意欲がわかないときは薬に頼りたくもなるもの、そうした詳しい原因面


 

| 1.どれほど元気な人物でもパフォーマンスが落ちるものです

単純に疲労しているということ。予定などを詰め込み過ぎて身体が疲れていると、どれほど元気な人物でもパフォーマンスが落ちるもの。

普段ならさほど苦労を感じない簡単な仕事や家事なども、疲労困憊していては手を付けるのも面倒臭く感じます。

知らず知らずの間に蓄積された疲労が、段々と人間を意欲のわかない無気力状態へと導くことに。

 

| 脳を休息させるため、人間にとって非常に重要な作業とも

睡眠不足ということ。睡眠というのは、その日に渡って活動した身体と脳を休息させるため、人間にとって非常に重要な作業ともいえるもの。

なので睡眠が充分に取れていない日々が続くと、脳が前の日の状態からリセットされないので、意欲や集中力を奪ってしまうことになりかねません。

飲み会を面倒に感じるなどのシーンが良くある人は、睡眠不足に陥っている可能性が高く、脳の疲労が意欲を削いでいます。

 

| 3.程良い刺激がなければ徐々にマンネリ化してくるものです

私生活に刺激がないということ。仕事にしても恋愛にしても、程良い刺激がなければ徐々にマンネリ化してくるもの。

パターンが読める単調な仕事を続けていたり、言葉を口にしなくても通じる付き合いの長い恋人と、会話が減ってきたりということ。

良い方面から見れば安定している状態ですが、意欲的に取り組んでいこうという気持ちが、薄れていっても無理はありません。

 

| 4.曖昧になり、仕事や恋愛などへの意欲が低下するものです

目標がないということ。目標や到達点を決めていない場合、自分が現在何をすれば良いかが曖昧になり、仕事や恋愛などへの意欲が低下するもの。

例を挙げると、今月は営業を頑張ると漫然と考えるより、今月は成約10件を目指して営業を頑張る、そんな具体的目標を立てた方がベター。

目標を決定せず物事に取り組むというのは、打ち込み難い環境を自ら作っていると言っても過言ではありません。

 

| 5.何かをやりたいという動機が最初にあって初めてわいて

特段やりたいことがないということ。そもそも、やりたいと思うこと自体がないと、意欲のわかせようがないというもの。

新しい趣味を探そうと思っても、興味のないものに手を付けたところで、夢中にもなれず辞めてしまう可能性が大。

物事に対する意欲というものは、何かをやりたいという動機が最初にあって初めてわいてきます。

 

 

 


意欲がわかないと疲れやすいは同じ意味合いとも、そんな人物の特徴面


 

| 1.自身が駄目とか自らに原因があると、自分を責める傾向

自らを責めやすいということ。上手くいかなかった場合、自身が駄目とか自らに原因があると、自分を責める傾向の人がいるもの。

他人と自身を比較するのも癖になっていて、自たの良いところよりも短所に注目するのもいつもの行動。

こういったタイプの人物は、意欲がわくことも少なく返って低下することになります。

 

| 2.悪いことが起きるかもなど、ネガティブ面にフォーカス

変化への怖れが強いということ。将来に渡って変化することに対し怖れが強いと、不安が強くなるもの。

何事をするにしても、面白そうや楽しいなどのポジティブ面より、悪いことが起きるかもなど、ネガティブ面にフォーカスしがち。

恐怖心や不安感が先に立ってしまうので、意欲がわかない傾向にあります。

 

| 3.他人から強制されたことをただこなしているような状態

主体性がないということ。人間は自らのやりたいことを主体的にしている場合、自然と意欲がわくもの。

但し、他人から強制されたことをただこなしているような状態なら、当たり前に意欲もわきません。

その目的や意味を自らなりに受け止めていれば、問題はさほどありません。

 

| 4.気付いたときにプライベートで人と話していないことが

会話をする時間が少ないということ。人と関わることが煩わしい人物は、気付いたときにプライベートで人と話していないことがあるもの。

他人と会話する機会がある場合、アイデアが浮かびモチベーションが上がることもあれば、繋がりから心が満たされることもあります。

他人と会話する時間を持つことが少ないと、そうした機会を逃すので意欲もわかないことに。

 

 

まとめ

気持ちが一時的に乗らなくなった状態。ここでは、自覚のタイミングが賢明な判断に繋がる、意欲がわかないときの改善法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。