自分に甘い人の末路が気になるもの、我が儘をやめ改善していく対処法



周りを見渡すと、自分に甘い人がいるもの。男女を問わず、自分に甘い人物は精神年齢が幼い頃で止まっている可能性が高くなります。

特に親から可愛がられるばかりで叱られずに育ってしまうと、さほど厳しい道を歩むことなく、自己成長するチャンスを逃してしまいます。

なので実際の年齢は大人であっても、精神年齢は10代程度で止まっている印象で、行き過ぎてしまうと自己愛性パーソナリティ障害などの病気ともなりかねません。

しかも自分に甘い人は嫌われると巷で言われているように、どう思われようと自分の勝手と、傲慢で自己中な態度をとっていると周囲との人間関係が悪化します。そんなことにならないよう他の人を思い遣る気持ちを持ち、着実に改めていくことが必要。

ここでは、自分に甘い人の末路が気になるもの、我が儘をやめ改善していく方法を紹介しています。

 

 

 


自分に甘い人の末路が気になるもの、我が儘をやめ改善していく対処法


 

| 1.差し当って日常生活に支障が生じないものは徐々に手放す

誘惑のない状況に身を置くということ。自分に甘い人は、誘惑のない状況に身を置くことが大切というもの。

何かをする際、つい携帯などを触ってしまう習慣がある場合、誘惑に負けない工夫をし対処することがポイント。もっとも効果的なのは捨て去ることで、差し当って日常生活に支障が生じないものは徐々に手放します。

 

| 2.素敵な人物を見て、自らはなれないと諦めるのは早いもの

他者の見習うべき所を取り入れるということ。誰もが憧れるような素敵な人物を見て、どうせ自らはなれないと諦めるのは早いもの。

他の人の良い部分を見習って、自らの行動や生活などに取り入れることで、自分自身が何倍も魅力的になることに。見習って真似をしていくと、自身の行動を改めることができるので、自分への甘さも薄れていくというもの。

 

| 3.身が入らないまま日々を過ごして、永遠に負のスパイラル

できない理由を考える前に行動するということ。何かと理由をつけ嫌なことを見ようとしない傾向の人は、できない理由を探す以前に先ず行動に移すというもの。

これ面倒臭いなどと後回しにしてしまい、身が入らないまま日々を過ごしてしまうと、永遠に負のスパイラルから抜け出せません。

面倒臭く感じることこそ先に済ませれば後々楽になり、取り掛かかるとスムーズに進むこともあり、達成感を味わうこともできます。

 

| 4.努力したくなかったり、そんな考えが思い浮かんでしまう

なりたい自身を設定するということ。誰しもこうなりたいという、自分自身の理想像は持っているもの。但し、自分に甘い人は目標に対して考えたとき、面倒臭かったり努力したくなかったり、そんな考えが思い浮かんでしまうことがあります。

思い描いている将来の自分のため必要なことを判断基準にすると、自然と道は見えてきて行動したくなります。

 

| 5.言い訳をし正当化する自分に甘い人、そこを改善していく

言い訳しないと決めるということ。誰かの指摘を受け不味いと思ったとき、言い訳をし正当化する自分に甘い人は、そこを改善していくというもの。

先ず最初に言い訳をしないと決めることが大切で、注意されたときは素直に受け入れ、謝る心を養うことが肝要。ずる賢いところが出て言い訳が頭に浮かぶことがあるかも知れませんが、素直に自分自身の過ちを認めるほうが気持ち的にも楽です。

 

 

 


自分に甘い人が嫌いという男女は多いもの、知っておきたいその心理面


 

| 1.周りにいる誰から見ても自分に甘い人に映ってしまいます

我慢ができないということ。幼少期から何かと優遇されたりしてきた人物は、我慢をすることに慣れていないというもの。

そんな我慢する必要性を感じてない場合、悪い意味の自由奔放さに繋がり自分に甘くなってしまいます。自分自身の欲求に正直に生きていると、周りにいる誰から見ても自分に甘い人に映ってしまいます。

 

| 2.誰かが助けてくれたり何とかなる、危機感を感じていない

何とかなると思っているということ。自分に甘い人は基本的に楽観的で、誰かが助けてくれたり何とかなると、危機感を感じていないもの。

一時の気の緩みは誰にもあることですが、常に態度に出してしまえば、周りの人たちから自分に甘いと言われることに。これまで悪い意味で他人を頼りすぎた結果、自分を甘やかす癖が付いてしまったのかも知れません。

 

| 3.苦労して到達する目標を掲げるというのは、自身には困難

掲げている目標が低いということ。目標設定が低過ぎるということも、自らに甘くなる大きな原因というもの。

自らに甘い人物はそもそも向上心がなく、それも自分自身を甘やかすことを加速させている要因の一つ。努力し苦労して到達する目標を掲げるというのは、自身には困難と感じているのかも知れません。

 

| 4.確証がない、自身の気持ちが萎え頑張れなくなるという

結果が分らないので頑張れないということ。成功への確証がないので、自身の気持ちが萎え頑張れなくなるというもの。どんな結果が訪れるかは、やってみなくては誰にも分からず、これが自分自身に甘くなる大きな要因。

同じ環境にいる中に成功者が少ないと感じると、頑張っても無駄と諦め、適当で良いと自分に甘くなることになりかねません。

 

| 5.毎度同じところで躓き成功が掴めないので、自分に甘く

過去から学習しないということ。人間は何かを失敗をしたら、次回はこうならないよう気を付けようと、対策を考え成長していくもの。

但し、過去の体験から何も学ばないと、それが原因で段々と自らに甘くなっていってしまうことに。そんな学習能力のない人物は、毎度同じところで躓き成功が掴めないので、自分に甘くなってしまいます。

 

 

 


自分に甘い人は職場にもいるもの、覚えておきたいその特徴的なところ


 

| 1.それが癖になっている人物は自分に甘い証拠というもの

後回しにする習慣があるということ。たまになら良いですが、毎度のように後回しにし、それが癖になっている人物は自分に甘い証拠というもの。

そういった人物は期限間際にならないと重い腰も上がらず、仕事で重要なタスクすら後回しにし、トラブルに発展してしまうことにまなりかねません。

恋愛で見ても、恋人からの連絡を後で良いと放置したり、デートの際に平気で遅刻したりすることも珍しくありません。

 

| 2.甘い人は他者に厳しく、相手の都合を考えることがない

他の人への配慮に欠けるということ。自分に甘い人は他者に厳しく、相手の都合を考えることがないもの。

自己中心的な上に他者への配慮に欠けるので、周りの人たちがどうして欲しいのか理解ができません。サポート精神が手薄になると、上司や他の同僚から自分勝手過ぎて使えない、そんな評価を受けがちです。

 

| 3.自身には無理と判断する、すぐ努力するのを止めてしまう

諦めが早いということ。物事に対しての諦めの早さは、自分に甘い人のもっとも大きな特徴というもの。ダイエットや受験勉強などの自らを追い込む局面で、自身には無理と判断すると、すぐ努力するのを止めてしまいます。

こういったような流れから、成功体験を掴めないまま、自分に甘い逃げ癖が付いてしまいます。

 

| 4.甘やかされて育った人も、自分に甘い人の特徴というもの

プライドが高いということ。幼少期に叱られたり注意されず、甘やかされて育った人も、自分に甘い人の特徴というもの。

折り合いということの付け方が身に付いていないので、注意されると自分のとなってしまいます。プライドが高く自己中心的な性格と捉えられやすく、責任感のない厄介な人物と認識されてしまうことになりかねません。

引き寄せの法則で、自分に甘い人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

精神年齢が幼い頃で止まっているとも。ここでは、自分に甘い人の末路が気になるもの、我が儘をやめ改善していく対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。