別れ話の場所が本当に肝心なもの、決定する上で考えるべきポイント



別れ話を切り出す際は、場所選びも重要になるもの。話し合いを双方がするのに容易な場所を選択することで、引き止められ難くなり穏やかに別れることができます。

もちろん別れ話をなかなか切り出せないケースもありますが、そんなときはデートの際の帰路や別れ際の場所が重要になります。

これは、別れ話をするために指定の場所にわざわざ呼び出す必要がないのはもちろん、デートの帰り際に別れ話を持ち出せ引き止め難くなります。

但し、別れ話をはじめても片方が別れたくない場合もあり、そうした時はじっくりと時間をかけて話し合いをすることが大事。そうしたときは知り合いに会うことのない、間違いのない場所を選択することがポイントになります。

ここでは、別れ話の場所が本当に肝心なもの、決定する上で考えるべきポイントを紹介しています。

 

 

 


別れ話の場所が本当に肝心なもの、決定する上で考えるべきポイント


 

|  1.同じ道を通って帰宅しなくても良いか考えるようにします

帰り道が同じにならないかということ。別れ話をし互いに違う道を歩んでいくことが決まった場合、帰り道が一緒だと気まずいもの。

なので、別れ話をする場所は互いの自宅から逆方向となるか、同じ道を通って帰宅しなくても良いか考えるようにします。

遠回りをしてでも異なった帰途を見つけておいた方が、別れ話を引き止め難く、清清しい気分で帰路に着くことができます。

 

| 2.自宅や職場、友人宅などが近い場合があるかも知れません

話をしやすい場所かどうかということ。互いが遠慮しないで話せる環境であること、そんなことを意識して確認するというもの。

自身には別れ話をしやすい所あっても、相手側にとっては自宅や職場、友人宅などが近い場合があるかも知れません。どちらかの意図が言えない状態の場合、割り切れない気持ちがあるまま別れ話をしなければならず、最後まで相手を思い遣る心が大切。

 

| 3.気に入らない場合は長時間話し合うことも考えられます

長居できる場所かどうかということ。別れ話というものは、どれくらいの時間が掛かるかは分からないもの。互いが納得できれば一時間も掛からないことがありますが、どちらかが気に入らない場合は長時間話し合うことも考えられます。

結果的に不必要に何回も場所の移動をしなくて済むよう、長居しても迷惑が掛からない場所を選ぶことがポイント。長居が困難な場合、近くに二か所目を探しておきます。

 

| 4.既に手配をしている場合、キャンセル料等が生じる可能性

相手側に迷惑がかからないかということ。別れ話をすることで、相手側に必要以上に迷惑が掛からないか、そんなことを検討することも大事というもの。

例を挙げると、デートや旅行の予定が決まっていて既に手配をしている場合、キャンセル料等が生じる可能性があります。できればそれらが終わったときに別れ話をしたいところですが、できないときはキャンセル料を持参します。

 

 

 


別れ話の場所は彼女の家やカフェなどもあるもの、考えられるところ


 

| 1.他の所より気持ちも穏やかに保て、自身のペースで会話

自宅ということ。周囲の人目を気にしないで、リラックスした雰囲気で話し合いができる、そんな個室に比重を置くなら自宅というもの。

自らのテリトリーなので他の所より気持ちも穏やかに保て、自分自身のペースで会話できます。更に、自宅に相手の持ち物がある場合、別れ話が終わった後で持ち去って貰えるのも一つのメリット。

 

| 2.辛い想い出が残ると考えてしまう場合、相手側の家を選ぶ

相手の家ということ。別れ話を自分の家ですると悲しい想い出が残ると感じてしまうケースでは、相手側の家を選ぶのも場所としては良いもの。

自宅と同じ個室なので、周りの人目を気にしないでゆっくり話せるほか、仮に相手がショックを受けた際も安心して帰れます。更に、相手の家に置きっ放しになっている自身の荷物も整理でき、一度にリセットすることも可能。

 

| 3.互いに付き合って良かったと感じられ、素敵な恋愛として

二人の思い出の場所ということ。これから二人で行けない場所となるからこそ、別れ話を思い出の場所でするというもの。

良く食事をしたカフェやレストラン、あるいはレジャー施設など良く行った場所に行くことで、楽しかった日々や多くの思い出と決別できます。

最後に楽しい時間を共にすることで、互いに付き合って良かったと感じられ、素敵な恋愛として終わらせることができます。

 

| 4.別れ話を切り出したくない人には、昼間の公園がベター

公園ということ。静かな場所でもの思いに沈んだような、別れ話を切り出したくない人には、昼間の公園がベターというもの。人目もある程度あり賑やかな佇まいなので、湿っぽくなる雰囲気を避けることができます。

互いの家以外で長い間じっくりと話せる所を探しているケースでは、夜の公園も最適とも言え、静寂の中で思いしっかり伝えることができます。

 

| 5.美しい景色を眺望しながらこれまでの思い出を振り返って

海辺ということ。ロマンティックさを別れ話をする際に望むなら、広大な水平線と砂浜が見渡せる海辺が最適というもの。

美しい景色を眺望しながらこれまでの思い出を振り返ってみたり、慎重に別れについて話し合うことができます。過去に訪れた海辺を選ぶことで、別れた後になっても最後の想い出の場所として記憶に残ります。

 

| 6.ロマンチックな恋愛を好むアベックには最適な場所でです

告白の場所ということ。二人で過ごす最後の瞬間だからこそ、恋愛が始まったスポットを訪れるのも一つのやり方というもの。告白したエリアや告白されたスポットを訪れることで、一つの恋が終わったという区切りにもなります。

ロマンチックな恋愛を好むアベックには最適な場所で、恋が始まったスポットで区切りをつけることで、新しい一歩のスタートが切れます。

 

 

 


別れ話の切り出し方は電話などもあるもの、覚えておく避けたい場所


 

| 1.車中で別れ話を切り出すことは、避けた方が無難という

車の中ということ。デートが車を使っての移動の場合、別れ話を車中で切り出すことは、避けた方が無難というもの。

二人きりになれるところですが、別れ話をした後が非常に気まずくなり、途中で降りることもできないので、不穏な空気のまま我慢しなければなりません。更に、車中は密室なので感情的になった場合、大変なことになることもあり、できる限り回避したいところ。

 

| 2.それで良いと投げやりな回答をしてしまうことになるかも

寒い時期の屋外ということ。別れ話はとても大事な話なので、じっくりと集中して話せる状況を選びたいもの。

冬の寒い野外では正常な選択もできず、厳しい環境下ではそれで良いと投げやりな回答をしてしまうことになりかねません。互いの気持ちをじっくり話し合い、円満な別れ方をしたい場合、環境を整えて別れ話をするようにします。

 

| 3.ファミレスや居酒屋など騒がしい場所は別れ話に向かない

居酒屋等ということ。暗いムードの中で別れ話をしたくないからと、ファミレスや居酒屋など騒がしい場所は別れ話に向かないというもの。

ムード作りができないのは無論のこと、騒がしく別れ話に向かって集中できません。更に、大事な話をする場所として選んだ場合、相手は乱雑に扱われている、そんな風に感じてしまうことになりかねません。

 

| 4.別れ話を切り出した場合、一気に険悪なムードになるもの

旅行先ということ。楽しみにしていた二人切りの旅行で、別れ話を切り出した場合、一気に険悪なムードになるもの。それでは後のプランや予定に影響を及ぼすのは無論のこと、先を楽しむことができなくなります。

旅行の予定があり別れたいと思っている時でも、旅行自体を楽しんでから、改めて時間を設け別れ話をするようにします。

引き寄せの法則で、別れ話の場所も大切に。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

引き止められ難く穏やかに別れることもある。ここでは、別れ話の場所が本当に肝心なもの、決定する上で考えるべきポイントを紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。