異性と話せない人の末路が気に懸かるもの、男女ともに克服する対処法



身の回りを見渡すと、異性と話せない人がいるもの。同性の友達だと上手く話せるのに、好きな異性を前にすると途端に話せなくなってしまうというもの。

もちろん異性と話せないのは病気や人見知りということもありますが、上手く会話できないのでは、自分自身の魅力も伝わらないことになりかねません。

こういったことは中学生や高校生の頃からあり、好きだと言えない気持ちが微妙な空気を漂わせるということもあります。更に異性と話せないといっても、好きな人が相手の場合だけということもあり、その人物以外は普通に話せるというパターンもあります。

但し、将来の恋愛関係を考えても、原因や理由を明確にしてきちんと話せるようになることがポイント。ここでは、異性と話せない人の末路が気に懸かるもの、男女ともに克服する対処法を紹介しています。

 

 

 


異性と話せない人の末路が気に懸かるもの、男女ともに克服する対処法


 

| 1.苦手だと伝えられれば、話しやすいように対処してくれる

異性と話しをするのが苦手と正直に言うということ。異性との話しが不得手な事を隠そうとするほど、なかなか言葉が出てこなくなる時があるもの。

逆に相手側に異性と話すのが苦手なこと、早く克服したいということを、正直に伝えるというのも克服に繋げる方法の一つ。

苦手だということを先ず相手に理解してもらえば、相手側に話したくないとか、勘違いされなくて済むようになります。異性の中にも優しい人は沢山いるので、苦手だと伝えられれば、話しやすいように対処してくれることも多くあります。

 

| 2.じっくり聞いてくれる相手、人間的にとても居心地が良い

聞き上手になるということ。会話の最中で何か言わなければ、そんな風に考えると、なかなか言葉が口から出て来ないもの。話を途中で遮らずじっくり聞いてくれる相手は、人間的にとても居心地が良いと感じます。

そんな相手の話を上手く聞ける、聞き上手になるのが大切で、相手側に居心地の良さを感じで貰うのも、苦手意識を克服する一つの方法。

言葉数は少なくても先方の話をきちんと聞き、居心地の良さを相手が感じてくれていると思えれば、異性と話せない苦手意識もなくなります。

 

| 3.相手側の異性も沢山語りたくなることに間違いありません

話を膨らませるということ。会話を自ら盛り上げようとしても言葉が出ないものですが、異性との話を膨らませるのはさほど難しくはないもの。

相手側の異性に今嵌まっているものや趣味があれば、どんなところが良いや何時から始めたなど、短い言葉で質問します。

自身の好きな趣味や嵌まっているものを質問されると、相手側の異性も沢山語りたくなることに間違いありません。相手側が楽しそうに喋ってくれる姿を見ることが出来れば、異性と話せない苦手意識の克服のすぐ近くまで来ています。

 

| 4.好きな異性の前では恥ずかしさが先に立ち話せないという

好きな異性と上手く話せないということ。普通に異性と会話できても、好きな異性の前では恥ずかしさが先に立ち話せないというもの。

そんなタイプの人は、課題は連絡を取り合うまでの関係作りですが、LINEで会話に慣れていくのが克服する対処法の一つ。LINEの受け答えをメインに距離を縮めると、恥ずかしいので話せない、そんな状態に対処できます。

こうした少しの対処の連続が、自分自身の恋愛力を高める上で非常に重要な考え方なので、意識していくことがポイント。

 

| 5.LINEを使用して仲良くなる、デートや食事に繋げる

人目が気になるときの対処法ということ。好きな異性とLINEを使用して仲良くなる目的は、デートや食事に繋げるというもの。

LINEだけで恋愛を進行させるのは困難というもので、通話することも胸の内に意識しながらアプローチします。周囲の人たちに好きな異性を明るみに出したくない場合、裏で動く恋愛のやり方を模索する方が、成就の可能性が高まります。

人目が気になるケースでは、二人きりで話せるシーンを作り、周囲の視線が届かない場所でゆっくりと会話がベター。

 

 

 


苦手な会話を進めることが肝心、話せない人が試みたいテクニック面


 

| 1.充分で盛り上がるはずなのに、今一ということがあるもの

話す以前に脳内で情報を整理整頓するということ。話題も充分で盛り上がるはずなのに、今一つということがあるもの。

こうしたときは内容が相手に充分に伝わっていない、そういう場合は話す情報に問題点がある可能性があります。一生懸命相手に話しても理解されないと意味はなく、相手に話す以前に情報を整理整頓し、分かりやすく説明することが大切。

 

| 2.話の腰を折らないことが重要なポイントとなるものです

相手の意見を否定しないということ。会話を継続させるためには、話の腰を折らないことが重要なポイントとなるもの。

相手の言葉を遮って否定的な意見から入ってしまうと、先方の話したい気分を頓挫させることになりかねません。違った意見があるのは当然のことで、否定はせず先ずは一旦受け止め、意見がある際は相手が話し終えてからにします。

 

| 3.抜本的な意識改革を行ってみることも大事というものです

意識を相手に向けるということ。何故異性との会話が不得手なのか、抜本的な意識改革を行ってみることも大事というもの。上手に話せないので失敗することを恐れるあまり、話せなくなってしまうことになる、そんな理屈

こうしたケースの意識は自分自身になっていて、相手側には向いていません。相手が楽しんだり役立つ話題を提供するなど、意識を相手に転換することでどうすべきかが理解できます。

 

| 4.関心がある話題、話の材料も豊富にあり会話が盛り上がる

共通の話題を用意しておくということ。互いに関心がある話題は、話の材料も豊富にあり会話が盛り上がるもの。

会話が苦手という場合、前もって先方との共通の話題を準備しておけば、ちょっと振っただけで会話自体を膨らませることができます。こういった事前準備さえきちんとしておけば、段々と異性と話せない苦手意識も克服できます。

 

 

 


異性と話せない人は自意識過剰なところもあるもの、その苦手な原因面


 

| 1.もっとも多い原因、好きな人物に嫌われるのが怖いという

嫌われたくないということ。異性と上手く話せない際のもっとも多い原因が、好きな人物に嫌われるのが怖いというもの。

好きな人に話し掛け嫌われたらどうすると思えば、話し掛けることができないのも当たり前で、上手く話せない原因ともなっています。

モテる人物も同様に好きな人から嫌われたくない感情がありますが、その気持ちと戦い恋愛しているというのが実情です。

 

| 2.気を遣われた方もストレスを感じることになりかねません

気を遣いすぎるということ。他人に気を遣い過ぎてしまう人も、異性と話すことが苦手な場合があるもの。気を遣う人というのはそれが癖になっているので、本音を口にすることが難しくなることが多い状態になります。

ストレスが溜まってしまうことも多いですが、逆に気を遣われた方もストレスを感じることになりかねません。

 

| 3.上手く話せないことも多く、自らの気持ちに向かっている

好きな人だから、上手く話せないということ。恋愛が苦手な人物は好きな人と上手く話せないことも多く、それは自らの気持ちに向かっているというもの。

自身の気持ちを守ろうとするあまり、恋愛に対して慎重になってしまうので、結果的に一番大事な会話が上手くできません。

好きな人の前では完全にリラックスすることはできないまでも、嫌われるのが恐いという立ち位置から離れることも大事。

 

| 4.慣れていないという人、話すのが非常に苦手になることに

恋愛経験がないということ。慣れてしまえばさほど大したことはなくても、やはり会話は慣れも大事というもの。

まだ恋愛経験が少ないとか、全くなくて異性に慣れていないという人は、話すのが非常に苦手になることにもなりかねません。

異性と話すのも同性と喋るのとノウハウ的には全く変わりませんが、慣れていないので異性と同性を別ジャンルに見てしまい話せないことに。

引き寄せの法則で、異性と話せないを脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

その人物以外は話せるというパターン。ここでは、異性と話せない人の末路が気に懸かるもの、男女ともに克服する対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。