恋愛でも自己一致する、男性にも女性にも役立つ自分に自信を持つ方法


自分が自信を持っていけないと、悩む人も多いもの。自信を持つための理由として、自分を好きになることが大事とされます。もとより、自分を好きになるやり方が分らない、そんな人が自信を持つことができないという風になっています。

ある調査結果によれば、日本人は自分自身が満たされていないという結果に。これは言い換えると、自信を持っていない国民ということになります。ここでいう自分を好きになることの意味を、思い違いがないようにしなくてはいけません。

例えばエステに通い肌を艶やかに磨いても、加齢とともに肌は衰えてくもの。その時がきて、自分を嫌いになっても意味がないということです。自分を本当に好きになるということは、自然のままの自分を知り受け入れるということです。これを自己一致といい、素直に自らを認め許していることになります。

自分自身を許すことは、自分に好意を抱くこと。ここでは、仕事をしている職場や恋愛でも自己一致する、男性にも女性にも役立つ自分に自信を持つ方法を紹介しています。

 

 

 


男性も女性もたった今から実施したい、これから自分に自信を持つ方法


 

| 1.何でもいいのでリストアップ、達成の基本を確かめる習慣

何気なく過ごしている日常ですが、1日を振り返るとほんの少しでも達成できたことがあるはずです。もっとも、その日1日が滞りなくを無事に終わった、そんな事実が達成できたことの一つ。

ほかにも、朝の通勤で定刻に電車に乗れたことや、掃除や洗濯が上手くできたなど、何でもいいのでリストアップ。こうして、達成の基本を確かめる習慣を付けていきます。それを積み重ねることで、自信を持つことに繋がります。

 

| 2.人の不幸の大半の原因は、他人と比較することで生まれる

これは大事なことですが、他人と比べる癖を手放すということ。自分に自信がない人ほど、他人と比べることで自分を責める癖が習慣となっています。そもそも、人の不幸の大半の原因は、他人と比較することで生まれるという言葉もあるほど。

人は生まれ育ちの環境も異なり、性格も得意分野もすべてが違っています。世の中はそんな人々が助け合って成り立っているので、他人と比べても自然と不幸に飛び込んでいるのと同じ。比べる時間があるなら、自分の好きなことに集中すること。そうすれば勝手に自信が湧いてきます。

 

| 3.短所に捉われないこと、言葉の表現を改めると長所に転換

自信を持てない人は、自分の短所を探して、過剰に自分を貶める方向に行きやすいもの。これを一旦やめます。何故なら自分の短所は、ただの思い込みに過ぎないから。性格や特質というのは生まれついてのものと思いがちですが、成功体験や経験を積むことでいくらでも変化します。

物事は表裏一体なので、短所も視点を変えれば長所になるということ。例えをあげると、飽き性は好奇心旺盛ということですし、ネガティブ思考は注意深く危険を避けるというようなことです。言葉の表現を改めると長所に転換するので、短所に捉われないことが大切。

 

| 4.落ち込んだ時、気分転換をして心に受けた打撃を和らげる

人間は色々なことで気分が落ち込むもの。仕事で失敗し周囲に迷惑をかけた時や、恋愛で相手と思うようなコミュニケーションが取れない時など。つい気分が下がり、自分を否定的に見てしまいます。そういう時は、気分転換をして心に受けた打撃を和らげます。

思い切って寝ても良いですし、好きな音楽を聞いたり、美味しいものを食べるなどなど。自分の意識を外に向けることが大切。落ち込んだ時に自分なりの気分転換方法を見つけることで、自信回復に繋がります。

 

| 5.休みを自分に許可する習慣も、自信を持つことに繋がる

ぽっかり空いた空白時間を取ることも、自信を持つためには大事なことです。毎日たて続けに頑張っても、いつかエネルギーが切れ、心も身体も疲弊することに。自分の調子を整えることで、日々安定したパフォーマンスを発揮し、自信に繋がっていきます。

なので休みたい時は、できる限り休むようにします。寝たい時にはたっぷりと寝て、何も考えない時間をわざと創出。休みを自分に許可する習慣も、自信を持つことに結びつきます。

 

 

 


女性はとりわけ知っておきたい、恋愛の最中の自分に自信を持つ方法


 

| 1.恋愛のすべてを認めること、自己一致に繋がり自信になる

恋愛の想い出は良い想い出だけではありません。辛酸をなめた思いとして思い出す恋愛もありますが、それらもすべて肯定的に転換してみます。例えふられて終わった恋でも、勇気を振り絞り告白できた自分を認めること。

また、告白することなく別れていった男性でも、正直に1人の人を愛した自分を認めます。恋愛のすべてを認めることが自己一致に繋がり、自信を持つことに結びつきます。

 

| 2.外見の強みを磨く積み重ね、自信を持つことに結びつく

これはいつも気にしている女性も多くいますが、外見の強みを磨いていくことが大切。もちろん容姿のことだけではなく、メイクが好きだったり、靴には細かいこだわりがあるなど、すべてのことが外見の強みになります。

ほんの小さなことでも差し支えないので、力を入れて磨いていきます。この外見の強みを磨く積み重ねが、自信を持つことに結びつきます。

 

| 3.特技や趣味がない、人にしてあげられる技能の習得に挑戦

こちらも大切なものの一つですが、差し出せる特技を持つこと。特技や趣味がないという女性は、ぜひ人にしてあげられる技能の習得に挑戦します。

ほんの小さなことで良く、細かい作業が得意な女性は、アクセサリーやマスコット制作。料理が得意な人は、男性に料理やお菓子を作ってあげるなど、人にしてあげることで自信がつきます。

 

| 4.共通の趣味になる、男性にとりただ一人の女性に近づく

心理学にもあるのはミラーリング。相手と同じ行動をすることで、親近感を持ってもらう法則の1つ。なので好きな男性が好きなものに、自分も興味を持つようにします。

例えば男性はマラソン好きだけど、自分は運動嫌いで無理ではなく、自分も自らのペースで走るということ。共通の趣味になることで、男性にとりただ一人の女性に近づきます。

 

| 5.彼を信じる決意は自立心を促進、自分に自信を持つことに

現在付き合っている男性がいる人は、彼を信じると決意することが大事。それには、自分自身が強くならなければいけません。こういった心境の変化は、自立心を促進。結果として自分一人であっても、生き甲斐や楽しみを見つけられるようになります。

彼を信じる決意と自分一人の相乗効果は、自分に自信を持つことに結び付きます。

 

 

 


焦らず自分のペースで取り組みたい、仕事上での自分に自信を持つ方法


 

| 1.先輩や上司の体験談、自分だけではないことが逆に自信に

信頼できる上司先輩に聞いてみるというのも一つの方法。仕事ができる先輩や上司でも、仕事で失敗したり、思うような成果を出せず伸び悩んだ時期があるもの。そういう時どうやって克服したのか、体験談を聞いてみます。

もちろん参考になることもありますし、みんなの苦労も理解できます。仕事に自信がないのは、自分だけではないことがに自信に繋がります。

 

| 2.区別する必要、自分の適格性や能力を正確に捉えること

人には得意なことと苦手なことがあります。自分にできることと、出来ないことを区別する必要があります。出来ないことをどれほど頑張っても、それが得意な人と同様にできるようにはなりません。

これは、頑張らなくて良いということではなく、自分の適格性や能力を正確に捉えるということ。労力を向いてないことに使うのではなく、可能なことから頑張ることで成果も出やすく、自信を持つことにつながります。

 

| 3.小さな目標をリストアップ、成功体験を積み上げる目標

大きすぎる目標を立てると、挫折してしまいがち。小さな目標を、少しずつ確実に達成していくことが重要です。いきなり営業成績トップを取ろうなど、大きな目標を立てるのではなく、今月は先月より1件多く契約を取ろうという小さな目標

できそうなことからリストアップしていき、成功体験を積み上げる目標設定をします。それらを1つ1つこなしていくことで、自分に自信がついてきます。

 

| 4.疲れているときには、先ず体調を整えることから出発する

仕事をする上で大切な要素が、体調管理をしっかりするということ。体調を整えるだけで、上手くいっていない仕事が進むこともあります。睡眠不足で疲労が溜まっていたリ、不規則な食事で栄養不足になったりすると、些細なことで間違いを犯しがち。

なので疲れているときには、先ず体調を整えることから出発します。仕事で遅くなることもありますが、睡眠時間の確保が不可欠です。

 

| 5.過去の自分と比べて、できることが一つでも増えていれば前進

もっとも大切なことが、比べるのは他人ではなく過去の自分ということ。先にも述べましたが、不幸の大半の原因は、他人と比較することで生まれます。自分と他人を比較しても、まったく意味がありません。

過去の自分と比べて、できることが一つでも増えていれば前進です。他人と比べ出来ないことに目を向けず、できたことに目を向け、これまでの積み重ねに自信を持ちます。

セロトニンで前進。

休息・ココロサプリ専門店♪セロトニンパワーで心も体もスッキリ♪リラクミンSe

 

まとめ

自信を持つには、自分を好きになることが大事とされます。ここでは恋愛も自己一致する、男性にも女性にも役立つ自分に自信を持つ方法を紹介してきました。輝く未来に、ぜひお役立てください。