結婚願望ない男の末路も気に懸かるもの、動かしていく具体的な対処法



最近の世の中には、結婚願望ない男性も多いもの。結婚をする気もないだけでなく、興味さえも抱いていない男性も以外と見かけます。

そうした結婚願望ない男性というのは40代になっても多く、付き合う上で女性には戸惑うことも少なくありません。

そうした人物とは何時までたっても将来が見えてこないことも多く、そんな関係に女性が失望してしまうことにもなりかねません。

もちろん結婚願望がない男性には、それなりの望まない理由があります。但し、女性の側は考えどころで、結婚をしてくれる男性が欲しいのか、現在の彼と一緒にいたいだけなのか、自らの心に問い掛け慎重に決断することも重要。

ここでは、結婚願望ない男の末路も気に懸かるもの、動かしていく具体的な対処法を紹介しています。

 

 

 


結婚願望ない男の末路も気に懸かるもの、動かしていく具体的な対処法


 

| 1.そんな場合は思い切って気持ちを聞いてみるというもの

理由を尋ねてみるということ。男性が結婚に対しどういう思いを抱いているのか分からない、そんな場合は思い切って気持ちを聞いてみるというもの。

普段では面倒臭い話をしないようなアベックも、理由を尋ねることにより状況が変化してきます。自らは言い難いと考えている男性や、結婚を彼女が意識していることに実際に気づかなかった、そんな男性は案外多くいるもの。

 

| 2.効果が感じられない場合、方法を変えてみることも大事

両親に彼氏を紹介するということ。自分自身が男性に向かって何を言っても効果が感じられない場合、方法を変えてみることも大事なもの。

間に両親を挟み込むことで彼氏にしてもリアリティが湧いてくるはずで、本格的に状況が変化してくることで結婚を意識することに。

こうしたことで、いい加減な行動が彼氏もできなくなり、良い意味での両親からのプレッシャーを受け、考え方が変化することがあります。

 

| 3.結婚を焦りたくない場合、予め男性に伝えておくのも方法

幾つ迄には結婚したいとアピールするということ。年齢を気にすることで結婚を焦りたくない場合、予め男性に伝えておくのも方法の一つ。

何故その年齢までに結婚したいのか、理由をきちんと話しておくことで、相手側に結婚を意識させることができます。早く結婚すれば、結婚生活がどんな風になるのか、プラスのイメージを彼氏に持って貰うことが肝要。

 

| 4.互いの気持ちを尊重したいと考えるカップルは多いもの

男性が結婚したいと考える女性を目指すということ。結婚に向かい焦りたくはなく、互いの心情を尊重したいと考えるカップルは多いもの。

そういったときは、男性の方から結婚したいと思ってもらうため、料理や家事など良い妻のイメージをアピールします。健康を考えた食事メニューや、早く帰りたいと感じる家庭を演出し、良い結婚生活の印象を持たせます。

 

| 5.そんな理由が最初にくるのなら結婚を焦る必要はないもの

結婚する気が湧くまで待つということ。現在の彼氏と一緒にずっといたい、そんな理由が最初にくるのなら結婚を焦る必要はないもの。

周りが結婚していけば焦る気持ちも沸き起こってきますが、一番に彼氏の気持ちを尊重し寄り添うようにします。もし焦る気持ちから結婚話をすることで、彼氏に嫌気がさしてしまったら本末転倒になりかねません。

 

| 6.最終的な切り札を使用してみるのも具体的な対処法の一つ

別れると素直に意見を言うということ。どうにも彼氏が煮え切らない場合、最終的な切り札を使用してみるのも具体的な対処法の一つ。

何となく結婚話を受け流していた男性も、別れを言い出されることで、それほど真剣に考えていたのかと感じるケースもあります。但し反対に、もう良いなどと愛想を尽かしてしまう事例もあるので、タイミングをきちんと見極めることが肝要。

 

 

 


結婚願望ない男性が変わることもあるもの、そういった人物の心理状況


 

| 1.先ず自分の利益があるかどうかを意識する傾向にあるもの

結婚してもメリットがないと思っている心理。何事も損得勘定で考えてしまう男性は、先ず自分の利益があるかどうかを意識する傾向にあるもの。

それは結婚にしても同じで、することにより自分自身が損した人生を過ごすことになる、そんな風に感じています。なので、結婚願望がない男性は結婚に悪い印象を抱き、どれほど好きな女性とでも将来を思えなくなっています。

 

| 2.身の回りのことが自分自身でできるようになっているもの

共同生活を送るのが面倒臭いという心理。一人暮らしが長期に渡る男性は、身の回りのことが自分自身でできるようになっているもの。

別段不便を感じることなく、自由気儘な生活が気に入っているので、結婚し誰かと同居することに抵抗を持っています。彼女に対して不満を持っていたりはありませんが、合わせての生活は嫌という気持ちから結婚願望を失っています。

 

| 3.生活スタイルを崩してまで、結婚の理由がないと思う人も

合う女性がいれば結婚しても良いと考える心理。結婚願望ない男性の中には、自らの生活スタイルを崩してまで、結婚の理由がないと思う人もいるもの。

飽くまでも自分自身のスタイルを変えるつもりは毛頭なく、彼女が合わせてくれれば結婚を考えても良い程度に考えています。そういった男性は、それほど結婚願望を持っておらず、自ら進んで結婚を望んだりはしないもの。

 

| 4.振れ回っていても、それが本音ではない男性がいるという

強がりで言っているという心理。周囲に対して結婚願望ないと振れ回っていても、それが本音ではない男性がいるというもの。

自身が結婚したくてもできない人間と思われたくないので、自分が望んでもいないということにしてしまっています。本当は結婚願望があるケースでも見栄を張ってつい嘘を吐いてしまう男性は、周りの人目を気にしてしまい本音が言えません。

 

 

 


結婚願望ない男性と付き合うこともあるもの、見受けられるその特徴


 

| 1.充実していると、取り立てて結婚しようと考えないもの

趣味や仕事に没頭しているということ。男性というのは、自らの時間が充実していると、取り立てて結婚しようと考えないもの。

結婚願望がないというより、仕事や趣味の時間を優先したいので、つい遠ざけてしまうことにもなりかねません。そうした男性は、明確に結婚願望ないことを口に出さなくても、忙しそうな雰囲気で周りにアピールをしていることがあります。

 

| 2.目の前の楽しみに金銭をつぎ込む彼氏、結婚願望がない

時間や金銭が自由に使えないのを嫌がるということ。これまで好きなように生活してきた男性は、結婚により生じる制限を鬱陶しいと感じるもの。

結果的に自分自身の自由を奪われるくらいであれば、結婚などでしたくないと考えてしまうことにもなりかねません。同棲している二人でも将来のための貯蓄より、目の前の楽しみに金銭をつぎ込む彼氏の場合、結婚願望がない男性の可能性が高いもの。

 

| 3.焦りを感じてしまう女性と違い、男性はそうでない場合も

周囲の友人も独身が多いということ。年齢によって結婚に焦りを感じてしまう女性と違い、男性はそうでない場合もあるもの。

周りに独身の男性が多く存在すると、楽しく独身同士で遊ぶことができるので、結婚に対して焦るということがありません。

結婚して制限されてしまうことで、友人との付き合いが悪くなってしまう、そんなことは嫌だと思っている男性もいます。

 

| 4.一家の大黒柱となり家族を養おうという責任感の強い男性

経済的余裕がないということ。結婚願望がないわけではありませんが、将来に対して不安を抱えている男性も多いもの。

共働き世帯が主流の近年でも、一家の大黒柱となり家族を養おうという責任感の強い男性は、経済的な面で結婚に消極的になります。

付き合うだけの場合とは状況も違ってくるので、収入が少ない男性は焦るような結婚生活をしたくないと感じてしまいます。

引き寄せの法則で、結婚願望ない男から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

興味さえも抱いていない男性も以外と。ここでは、結婚願望ない男の末路も気に懸かるもの、動かしていく具体的な対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。