良心の呵責に苛まれるのは因果応報かも知れない、そんなときの対処法



自らが犯してしまった過ちで、良心の呵責に苛まれることもあるもの。自身が罪の意識を感じると心も押し潰され、眠れない夜が訪れることもあるほど。

そうした良心の呵責に堪えれないときは、もの凄いストレスを伴なって、非常に苦しい感情に陥ることにもなりかねません。

嘘を吐いたことをはじめ、仕事上の失敗や悪口を言ってしまったとか、浮気や不倫などで誰かを傷付け不幸にしたことなど。

些細な出来事ことから大きな事件まで人には言えないこともあり、そうした記憶はとても苦しい感情をともないます。

但し、そうした何時までも消えない罪悪感に囚われていても、将来に向かい前向きになれることはなく、正面から向き合うことが重要。

ここでは、良心の呵責に苛まれるのは因果応報かも知れない、そんなときの対処法を紹介しています。

 

 

 


良心の呵責に苛まれるのは因果応報かも知れない、そんなときの対処法


 

| 1.身近な人に親切をしたり、誰かを笑顔するという優しさで

負い目を手放すには、善行をするということ。家族や友人に優しくしたり、ボランティア活動に参加するなど、善行を積むことが犯した過ちの償いになるもの。

過去は変えられないので、犯したことを後悔して何もしないより、改心し他人の役に立つ行動をする方が大きな意味があります。

善行といっても、何も大きな罪滅ぼしをすると言うことではなく、身近な人に親切をしたり、誰かを笑顔するという優しさで大丈夫。

過ちを犯して何も感じないことは問題ですが、ネガティブな状態から逃れられないのも障害で、自らを責め続けるよりは前に進むことが肝要

 

| 2.相手側に、直接に謝ることができないこともあるものです

心の底で謝るということ。申し訳ない気持ちはあるのに悪いことをした相手側に、直接に謝ることができないこともあるもの。

何らかの事情で負い目のある相手に謝れない場合、心の中で謝罪したい人物の姿をイメージし、その姿に向け償いの言葉を述べる、そんな良心の呵責を癒やす方法もあります。

ほかにも第三者に対し後悔の念を話すことも、申し訳なさを抱く人物に謝罪する勇気が湧かないときの対策の一つ。

信頼できる友人や知人などに話を聞いてもらい、率直な気持ちを吐露することで、悔恨の念のを和らげることに役立ちます。

 

| 3.罪悪感を抱く切っ掛けとなった物事を検証することが大切

次回は間違えないと決意するということ。同じ過ちを繰り返しやすいのが人間という動物で、過ちを犯す度に罪悪感が強くなるもの。

駄目な行動をとった場合、どうするのが最善だったのか、罪悪感を抱く切っ掛けとなった物事を検証することが大切。

過失から学んで強い意思を持ち、失敗を繰り返さないよう、同じような失敗はしないと固く決意するというもの。

これ以上自らを苦しめ周囲を失望させないためにも行動の改善が大事で、行動が変われば周りの人たちも見直してくれることになります。

 

| 4.罪悪感があるということは良心がある証しというものです

罪責の感情は、良心がある証しということ。普通の人物は根っからの悪人ではないので、罪悪感があるということは良心がある証しというもの。

自分自身で考えているより善人なのかも知れず、己を責めるばかりでなく長所も認識することが重要。

良心の呵責に苛まれている時はこれが大事なことで、自責の念で自暴自棄になることを防ぐことにも繋がります。

自分自身を責めてしまう状態から立ち直るためにも必要なことで、過去に犯した過ちを払拭するための大きな対処法の一つ。

 

 

 


良心の呵責に訴えるということもあるもの、駆られやすい人物の特徴面


 

| 1.そんな風に考えられるのはある意味で素晴らしいものです

責任感が強いということ。自分自身に責任がある、そんな風に考えられるのはある意味で素晴らしいもの。

但し、余りにも責任感が強過ぎるタイプの人の場合、本来背負う必要のないところまで責任感を感じてしまいます。

良心の呵責に駆られる人物は、失敗は自らの責任と感じ、成功は自身の成果と考えない傾向もあります。

 

| 2.駆られやすい人物は、他の人の目線の動きをよく見ている

ネガティブな感情に敏感ということ。良心の呵責に駆られやすい人物は、他の人の目線の動きをよく見ているもの。

ほかにも言葉の端々などを取り上げ、ネガティブなところだけを取り上げ敏感に感じ取っていきます。

自らの何が悪かったのかなどと不安や心配に陥りやすく、自らの振る舞いや言い方をを思い返して気にします。

 

| 3.してもらった場合、ありがとうなどの感謝の言葉がでない

口癖がすみませんということ。他の人から何かをしてもらった場合、ありがとうなどの感謝の言葉がでないというもの。

その際に多い言葉が、すみませんだったり、申し訳ありませんやごめんなさいを言いがち。

良心の呵責に駆られやすい人は相手に対し、迷惑を掛けていると感じやすく、無意識にお詫びの言葉が多くなります。

 

| 4.生活の些細なことまで後悔しやすい傾向があるというもの

後悔しやすいということ。ランチの食事は何だったかなど、日常生活の些細なことまで後悔しやすい傾向があるというもの。

良心の呵責に駆られやすい人は、自らの選択を結果として良かったと肯定するのが不得手です。

なので、ほんの小さな事柄にしても、なかなか後悔の気持ちから逃げ出すことができません。

 

| 5.自分自身が悪いと納得しようとするところがあるものです

怒るのが苦手ということ。酷いことや失礼なことをされても、自分自身が悪いと納得しようとするところがあるもの。

良心の呵責に駆られやすい人物は、多分に穏やかなところがあり、他人に対して怒るのが不得手です。

但し、自身が悪くないことまで自らの責任と理解しようとした場合、心の釣り合いが崩れてしまうことにもなりかねません。

 

 

 


良心の呵責とは何かを知っておくことも大切、そうした要因や心理状態


 

| 1.無意識に様々なことで自らを責めるような状況を作りだす

罪悪感があるという心理状態。取り返しのつかないことをしてしまった、そんな罪悪感を感じているというもの。

出来る事があるのにしていないとか、自身だけ楽をしているなどの罪悪感がある場合、良心の呵責を感じ責められるべきと思うことになりかねません。

人間は感じていることと現実面を一致させたいので、無意識に様々なことで自らを責めるような状況を作りだします。

 

| 2.それ以外は出来なかった失敗例として認識するというもの

完璧主義者という心理状態。完全にできたときだけ評価をし、それ以外は出来なかった失敗例として認識するというもの。

更に、完璧を目指してこうあるべきやこうすべき、そんな自身のルールを多く設けています。

こんな心理状態では、できていないことが目に止まりやすく、良心の呵責を感じる自責の材料が尽きません。

 

| 3.自己否定がある場合、自分自身を責める捉え方をしやすく

自己否定を念頭に理解するという心理状態。物事を理解する前段階に自己否定がある場合、自分自身を責める捉え方をしやすくなるもの。

例を挙げると、自らは仕事ができないと考えていると、上司からの言葉は叱責と理解しかねません。

こんな風に否定が念頭にあると、アドバイスが貰えたなどとポジティブ感覚には受け取られません。

 

| 4.欠点ばかりを指摘されたり、褒められる経験が少なかった

自己肯定のやり方が分からないという心理状態。これまで欠点ばかりを指摘されたり、褒められる経験が少なかったというもの。

結果的に自分自身を責める方法は知っていても、肯定するようなやり方は身についていません。

そんな時は、自分にも良い部分があるなどと、積極的に自己肯定をしていく必要がでてきます。

 

 

 

まとめ

ストレスを伴ない非常に苦しい感情に。ここでは、良心の呵責に苛まれるのは因果応報かも知れない、そんなときの対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。