段取りが悪い人の末路が悩ましいもの、試みたい手際を良くする方法



身近なところにも、段取りが悪い人がいるもの。そんな言葉を聞いても今一つ、どんなところが要領が悪いのか理解できていない人もいます。

プライベートタイムや仕事面で段取りが悪く、なかなか物事が順調に進まず、悩んでいる人も多くいます。職場などには段取りが悪い上司というのもいて、そんな人物の部下となった場合、しなくても良い苦労をしかねません。

もちろん段取りが悪いのは病気などの関連もありますが、一般的に面倒な人物や仕事ができなさそうな人として周囲に受けとめられます。なので、段取りが悪いと自覚した際は、将来のためにも改善していく必要があるのは当たり前。

ここでは、段取りが悪い人の末路が悩ましいもの、試みたい手際を良くする方法を紹介しています。

 

 

 


段取りが悪い人の末路が悩ましいもの、試みたい手際を良くする方法


 

| 1.現在の自身の能力をきちんと把握することが大切という

現時点の自身の脳力や要領を見極めることから始めるということ。段取りが悪く仕事ができない、そんな風に考える人は、現在の自身の能力をきちんと把握することが大切というもの。

日々の仕事や勉強を頑張ればできるというのはもちろん大切ですが、努力しないとできないという状態はキャパオーバーということになりかねません。

結果的に要領のいい人間や仕事ができる人物になるには、先ず自分自身の能力や容量をきちんと見極めることが重要になります。

それには日々の作業などにかかる時間を、ストップウォッチで計ってみるのが良く、どのくらい時間が掛かっているのかの把握がポイント。

 

| 2.その日の気分でしてしまうので物事が進行し難いという

無理のないタイムスケジュールを立てるということ。作業等にどれほど時間が掛かるのか判明した場合、後は無理のないスケジュール管理をするというもの。

仕事ができなかったり要領が悪いという人物は、きちんとスケジュールを組めていないことが多く、その日の気分でしてしまうので物事が進行し難いという結果に陥ります。

先ずやるべきは仕事や勉強の締め切りを把握した後、立てたスケジュールの案件にやるべきことを組み込んでいくことです。一つの事柄にどれほどの時間が掛かるのかを把握した上で組み込むと、何時からすれば良いのかといった調整ができます。

 

| 3.特に時間を取られているのがどこか、そんな部分を掴む

自身がどこで時間が取られるのかを分析するということ。段々と慣れてきたら、自分自身が特に時間を取られているのがどこか、そんな部分を掴むというもの。

作業等を行う上で、ここは少しやり難いなとか、予想外に時間が掛かってしまったと感じるところがあります。そういった不得意な分野を把握し重点的に意識を向けるだけで、より一層スピードアップが目指せます。

作業内容と時間を意識して、自らにとっての得意部分や苦手部分を見つけ、次は一段と早くなるように心掛けることが肝要。

 

| 4.繰り返すことにより問題と改善点が明確に把握できます

段取りが良い人間になるには、前述の工程を繰り返すということ。仕事ができる人物というのは、スケジュール管理と掛ける時間が非常に上手というもの。

時間を計測したりスケジュールにきちんと落とし込むなどのことは、一度で終わらず何回も繰り返すことが大切。計画と実行に評価と改善、この繰り返しがとても重要で、何度も繰り返すことにより問題と改善点が明確に把握できます。

段取りが悪い人のケースでは、一度行なうだけで出来るようになる訳ではないので、繰り返し挑戦し成長へと繋げます。

 

 

 


段取りが悪い人物にもメリットはあるもの、覚えておきたいその部分


 

| 1.姿勢は好印象で、丁寧に物事を進めたい人とは相性は抜群

真面目でどんな物事にも全力で取り組むということ。段取りが悪い人物は些細なことが気になってしまう気質のため、真面目といわれることが多いもの。

些細なことが心に引っ掛かり、円滑に物事が進まないで、段取りが悪いというイメージを周囲に与えることにもなりかねません。

結果的に、細かところを意識し時間が掛かってしまうこともありますが、裏を返せばとても丁寧に事柄に向かう人。何事も全力で取り組むので、仕事や趣味に没頭する姿勢は好印象で、丁寧に物事を進めたい人とは相性は抜群。

 

| 2.懸命に仕事や物事に没頭するので、好印象を与えるというもの

努力の姿勢は見られるので、上司などに可愛がられやすいということ。真面目なところがあり懸命に仕事や物事に没頭するので、好印象を与えるというもの。

スムーズに物事は運ばなくても、態度自体は真面目に頑張っていることが多く見受けられ、上司や先輩などら可愛がられます。

多少段取りが悪くても、コミュニケーションが円滑に取れたり、会話した際の印象が良ければ上司も安心します。更に、こういったときは俺が可愛がってやるか、そんな風に思わせるので、結果として目上の立場の人物との相性は抜群。

 

| 3.スケジュールが常に一杯、、結果的に失敗をしやすくなる

失敗や挫折の機会が多く、乗り越える度にメンタルが強くなるということ。段取りが悪い人物はスケジュールが常に一杯で、、結果的に失敗をしやすくなるもの。

すべきことが締め切りの間際になることも多く、時間がないため細かいところまでチェックができず、失敗に繋がりやすくなります。

但し、仕事上や勉強などで毎回のようにミスを犯し、挫折をする機会が多くありますが、その分大きく成長も期待できるところがメリットの一つ。失敗を乗り越える度にメンタル面が強くなるので、スムーズに何事も行く人物と比較して経験値が豊富になります。

 

 

 


段取りが悪い人は改善していくことが大事、知っておきたいその特徴面


 

| 1.自ら判断して物事を進めることが不得手というものです

優先順位をつけるのが苦手ということ。段取りが悪い人は決断力が乏しく、自ら判断して物事を進めることが不得手というもの。

呆気に取られることも多く、どれが急ぎで何から手をとけるべきかという部分を選ぶことも苦手です。結果的にいつも誰かに急がされていたり、やることが沢山あり、手一杯の状態で苦悩することにもなりかねません。

 

| 2.説明を受けても、何故か重要な点から外れているとが多い

注力する点がずれていて、無駄な作業に時間がかかるということ。段取りが悪い人はいくら説明を受けても、何故か重要な点から外れているとが多いもの。

無駄な作業に時間が掛かってしまうのは、どれが作業上で大切なポイントなのかをきちんと把握していないから。最短で終わる方法があっても、何故か無駄な作業に時間を掛けてしまう事例がほとんどです。

 

| 3.ついつい後回しにしてしまうのも、段取りが悪い人という

大事なことを後回しにしやすいということ。やらなければいけないことを、ついつい後回しにしてしまうのも、段取りが悪い人というもの。

そんな人物は面倒臭がりな傾向にあることがほとんどで、プライベートや仕事でも余裕がありません。常に最終局面で焦ってしまったり、上手くいかず落ち込んでしまう体験も多くあります。

 

| 4.子どもの頃から自身の限界をしっかり把握していないもの

無理なタイムスケジュールを組むということ。段取りが悪い人は自らの脳力を自覚できず、子どもの頃から自身の限界をしっかり把握していないもの。

なので、大人にな成長し仕事を頼まれても、大丈夫だろうと考え全て引き受け、キャパオーバーに陥ってしまうことがほとんど。

どれくらい処理できるのか分からないので、無理なスケジュールを組みがちで、徹夜をしたりと苦労の連続にもなりかねません。

引き寄せの法則で、段取りが悪いのを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

一般的に面倒な人物や仕事ができない人。ここでは、段取りが悪い人の末路が悩ましいもの、試みたい手際を良くする方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。