暴言を吐く人の末路が気に懸かるもの、上手に付き合う具体的な対処法



意外に身近なところにも、暴言を吐く人がいるもの。これは男性に多く老人や子どもにもいて、特に周りの人が何かしたわけでもないのに言うことがあります。

もちろん暴言を吐くのは精神病などが関係することもありますが、男性の中には好きな女性に優しくしないで、つい暴言を吐いてしまう人もいます。

これは小学生くらいの男子が好きな女子相手に、意地悪をするイメージと捉えると分かりやすいかも知れません。もちろん暴言を吐く人の心理状態は、好意を他の人に気づかれたくなかったり、照れ隠しなどその理由はさまざま。

但し、暴言を浴びせられた女性が不愉快に感じるのは自然なことで、接し方も考えなくてはいけません。ここでは、暴言を吐く人の末路が気に懸かるもの、上手に付き合う具体的な対処法を紹介しています。

 

 

 


暴言を吐く人の末路が気に懸かるもの、上手に付き合う具体的な対処法


 

| 1.理不尽な内容も、真面に受け止めると精神的に持たない

真に受けず聞き流すということ。暴言を浴びせられた場合、理不尽な内容も多いので、言葉を真面に受け止めると精神的に持たないもの。

感情表現が不得手で好きな女性に暴言を吐く男性は、本心を明かせないという点がポイントで、暴言内容自体を受け止める必要はありません。暴言に反応して怒ったり泣いたりすると、更にエスカレートする場合もあり、聞き流すのが賢明というもの。

 

| 2.段々とエスカレートし、互いに引けない状態になるという

言い返すのは言語道断ということ。罵倒されると反発して言い返すこともありますが、それは段々とエスカレートし、互いに引けない状態になるというもの。

なので罵倒を受けても反撃しないで、一旦冷静になることが何より重要で、平穏を取り戻せば相手の興奮も収まり落ち着きます。

言い返して相手に勝ちたいと思うこともありますが、暴言に相対して言い返せば、先方と同レベルになる状況なので、やはり受け流すのが最善。

 

| 3.男性の中には、恋愛面の感情表現やアプローチが苦手な人

酷いことや嫌なことを言われた際は、きちんと断るということ。好きな女性を悪く言う男性の中には、恋愛面の感情表現やアプローチが苦手な人がいるもの。

その男性に対し好意があるときはどう接すれば良いか困惑しますが、嫌だと思うことがあればきちんと断るのが大事で、好きな男性だからと耐える必要はありません。

傷付くのでそういう言葉はやめて欲しいと冷静沈着に伝えます。なかには無意識に暴言を吐いてしまう男性もいて、指摘され初めて気づくこともあります。

 

| 4.苦労するのが目に見える、受け流し距離を置く方が無難

暴言をやめない場合は、距離を置くということ。やめて欲しいと伝えても、好きな女性を罵倒する男性と付き合うと、エスカレートすることがあるもの。

特に外面が良いとか優位に立ちたい、こんな男性には注意が必要で、過剰に束縛したり時として暴力に発展する場合もあります。

やめて欲しいときちんと伝えても罵倒を止めず、これまでと変わらなければ、苦労するのが目に見えるので、受け流し距離を置く方が無難というもの。

 

 

 


暴言を吐く老人は病気かも知れない、知っておきたいそうした人の特徴


 

| 1.感情を言葉にできず上手く伝えることができないものです

思いを上手く伝えられないということ。好きな女性を罵倒する男性の多くは、感情表現が不得手とされ、感情を言葉にできず上手く伝えることができないもの。

例を挙げると、他の男性と二人きりで話しているところを見た際、感情表現が苦手なので嫉妬していることは言わず、暴言を吐くことになります。自分自身の感情を整理できないので、女性のことをどう思っているか言葉で明快に表現できません。

 

| 2.不得手な男性とは逆に、自身を過信して暴言を吐くタイプ

嫌われると思っていないということ。感情表現が不得手な男性とは逆に、己を過信して暴言を吐くパターンもあるもの。

異常に自分自身に自信を持っていて、好きな女性を何と罵倒しても、相手側から嫌われるとは思ってもいません。何と言っても平気だと思えば、何をしても大丈夫と考えるようになり、暴言に留まらず暴力を振るう可能性もあります。

 

| 3.自信を抱けないので、好きな女性に対して暴言を吐く男性

気を許してくれる女性を罵倒するということ。自らに自信を抱けないので、好きな女性に対して暴言を吐く男性がいるもの。

自らに自信がないので、誰にで対しても暴言を吐くという訳ではなく、安心感を覚え気を許した相手だけに言う傾向。こういうタイプは好きな女性を支配するケースもあり、段々束縛が強くなることもあるので注意が必要。

 

| 4.時間が経つと徐々に暴言を吐くことが増えるというもの

付き合うと徐々に暴言を吐くということ。付き合う前は無論のこと、付き合い始めは優しいですが、時間が経つと徐々に暴言を吐くことが増えるというもの。

好きな女性の気を惹こうと始めは優しく接しますが、自身の思惑通りにできる相手と分かった途端、悪く言うことになります。優しいのは当初だけで時間が経つと罵倒がでる場合、それがその男性の本来の姿で注意が必要。

 

| 5.他人から自身どう見られているのかを気にするものです

外面は良いということ。好きな女性に暴言を吐く男性は、他人から自身どう見られているのかを気にするもの。なので、好きな女性の前では悪く言っても、第三者には悪い印象を持って欲しくないので、良い人を演じようとします。

姿は隠しているので周りからは優しい男性に映りますが、実際は外面が良いだけで裏側では暴言を吐いていることもあります。

 

 

 


暴言を吐く男はやめたいと思っていることも、そうした人物の心理状況


 

| 1.意地悪するのと同様、暴言を吐いて好きな女性の気を惹く

アプローチ法が分からず、悪口を言うということ。小学生くらいの男子が好きな女の子に対し意地悪するのと同様、暴言を吐いて好きな女性の気を惹くというもの。

恋愛経験も少なく大人になり好きな女性ができても、どのようにアプローチすれば良いのか分からない男性はつい口が悪くなります。

本人からすれば、好きなのに何故あんなことを言ったのかなどと後悔、暴言を吐いたことを反省することにもなりかねません。

 

| 2.男性からあの女性は優しいと捉えられているかも知れない

接点が欲しくて、罵るということ。何の関心も抱けない相手には近寄らず、悪口を言ったりすることもないもの。

自分に関心を持って欲しいという心理が隠れていて、少しでも好きな女性と絡みたいので暴言を吐いてしまいます。罵倒されても実際に怒らない場合、その男性からあの女性は優しいと捉えられているかも知れません。

 

| 3.誰なのか、打ち明けた女性以外には気づかれたくないもの

冷やかされるのを防ぐため、暴言を吐くということ。自らの好きな人物がなのか、打ち明けた女性以外には気づかれたくないもの。

自分自身の好きな女性を周りの人に気づかれたくないと考えて、暴言を吐くことにより好意を隠してしまう男性がいます。好きな人が明るみになり、何かを周囲に言われて傷付くのが嫌で、思わず暴言を吐くことにもなりかねません。

 

| 4.文句を言ったり見下したりするのは得策とは言えません

優位な立場になりたいので、罵詈雑言を浴びせるというもの。己を優位に立たせたいという思いから、暴言を吐くことで相手を威圧するというもの。

こういった男性はプライドも高く優位に立ちたいという気持ちから、好きな女性を罵倒することで、自らの立場が上だと示そうとします。上の立場に立ちたいと考えていても、相手に文句を言ったり見下したりするのは得策とは言えません。

引き寄せの法則で、暴言を吐く人から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

特に周りの人が何かしたわけでもない。ここでは、暴言を吐く人の末路が気に懸かるもの、上手に付き合う具体的な対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。