職人気質は仕事にも大いに役立つもの、気難しさを避ける上手な交際法



身の回りの身近なところにも、職人気質の人がいるもの。これは自分のやり方は変えず頑固さがあり、まるで職人の世界にいるような人物。

そもそも職人気質の読みはしょくにんかたぎで、己の持っている技術や腕前に自信があり、頑固だけど仕事に対しては実直な態度で取り組む気質。職人気質な人は性格的に意固地なところがあり、周りのアドバイスなどに耳を傾けることはほとんどありません。

なので、時代遅れやうざいなどと形容されることも多くあります。但し、そんなネガティブなイメージより、遥かに褒め言葉の意味合いが打ち勝っているのも事実。

それは、真面目で真っ直ぐな性格は仕事にも人にも嘘を吐けないので、誤魔化さずに丁寧に行う行動に反映されています。ここでは、職人気質は仕事にも大いに役立つもの、気難しさを避ける上手な交際法を紹介しています。

 

 

 


職人気質は仕事にも大いに役立つもの、気難しさを避ける上手な交際法


 

| 1.尊敬や信頼の気持ちを込め言葉にするのも効果的なもの

尊敬していることを現わすということ。職人気質の人物は自らが持っている腕前や技術に仕事振りなど、何よりも誇りを抱いているもの。

なので職人気質の人物が自信を持つポイントを率直に褒めたり、尊敬しているのを伝えると、仕事が認められたと感じとても喜びます。仕事を安心して任せられますなど、尊敬や信頼の気持ちを込め言葉にするのも効果的なもの。

 

| 2.実直な人物が多い、回りくどい表現や無駄な時間を嫌う

伝えたいことは、まとめてから話すということ。職人気質の人は嘘が吐けず実直な人物が多いので、回りくどい表現や無駄な時間を嫌うというもの。

伝えたいことはオブラートに包んで話すのではなく、具体的に正直にまとめて話すように心掛けます。求めている事や伝えたい事柄をすぐに話すようにした場合、何時でも真剣に話を聞いてくれます。

 

| 3.自らの考え方やこだわりなど、信念を一番に行動するもの

進んで話を聞くようにするということ。職人気質の人物は自らの考え方やこだわりなど、信念を一番に行動するもの。

空気を読んで行動したり、他人の意見に合わせたりするのが苦手なので、積極的にコミュニケーションを取ろうとしません。もしそんな相手と接する際は進んで話しかけるなど、働きを強めるようにすれば段々と距離が縮められます。

 

| 4.他人も同じ目線で厳しく望むのが職人気質というものです

自分も仕事など真剣にしていることを示すということ。己に対しては無論のこと、他人も同じ目線で厳しく望むのが職人気質というもの。

その分、しっかりと仕事をしている人や、真面目で誠実な態度を持っている人物は認めてくれます。仕事に真摯に望むのはもちろん、使う道具を大切にしたりルールをしっかり守るなど、言葉ではなく姿勢や行動で見せるのも有効。

 

| 5.腕前や仕事を認められるのを非常に誇らしく思うものです

無闇に持ち上げないということ。職人気質の人物というのは、腕前や仕事を認められるのを非常に誇らしく思うもの。

反対に媚びて来たり大袈裟に持ち上げてきたりする人は、馬鹿にされているのかも知れないと感じることも多くあります。機嫌を損ねてしまうこともあるので、尊敬の念を持ちつつも、過多に褒めるのは厳禁というもの。

 

 

 


職人気質の診断結果も気に懸かるもの、覚えておきたいそういった事例


 

| 1.理屈は必要性がなく、その瞬間自分自身がやりたいから

この気質を一言で表現すると、衝動的ということ。義務感や理屈は必要性がなく、その瞬間自分自身がやりたいからやるというもの。

そこに山があるから登ったり楽器があるから弾いたり、キャンパスがあるから絵を描き、歌いたいから歌うなど。自由奔放で食事の時間もそれほど決まってはないので、食べたい時に食べ遊びたい時に遊ぶというもの。

 

| 2.放浪癖の域まで到達している場合もあり、気の向くまま旅

好きな時に好きな事をするのが信条ということ。放浪癖の域まで到達している場合もあり、気の向くまま旅に出てしまうこともあるもの。

童話のアリとキリギリスで言えば明らかにキリギリスで、準備や練習をしたり将来のために蓄えをするのは好みません。但し、このキリギリスタイプは、時折アリ以上に入念に準備しているように見えることもあり、それは自身が好きという理由。

 

| 3.他の気質では考えられないほど、長時間無心に取り組める

他の気質以上に我慢ができるということ。好きな物事であれば、他の気質では考えられないほど、長時間無心に取り組めるというもの。

但し、本人はリハーサルや準備をしているつもりなど全くなく、あくまでも自分がやりたいからしているだけです。しかもこの職人気質は、目標にたいして遅れたり、上手く進まなくても自身の能力を疑わないので、困難な事柄に出会ってもひたむきに続けます。

 

| 4.単調作業も不得手で、刺激を求めわざと危険な状況を作る

苦手なものは、義務や束縛に締め切りなどということ。ほかにも変化のない単調作業も不得手で、刺激を求めわざと危険な状況を作りだすというもの。

こういった傾向が強過ぎた場合、予定や約束事を無視して気まぐれに振舞う困った人物になります。気質的に厳格な上下関係はあまり好みませんが、趣味仲間や身内には強い結束を見せ、手に入れたものは気前よく分け合って楽しみます。

 

 

 


職人気質はアスペルガーに通じるところもある、知っておきたい特徴面


 

| 1.自らの腕前や技法には独自のこだわりを持っているもの

非常に気難しいということ。職人気質の人というのは、自らの腕前や技法には独自のこだわりを持っているもの。

その姿勢から手法まで、自分の中には一定のこだわりを持っていて、なかなか他者には理解され難いので気難しいところも特徴の一つ。

自分自身の考え方を大事にしているので、相手に合わせるのも苦手で、付き合いづらいと思われることもあります。

 

| 2.絶対的に自信がある領域にこだわりがあるのも、職人気質

頑固で考えを曲げないということ。自らの技術面や仕事など、絶対的に自信がある領域にこだわりがあるのも、職人気質の人の特徴というもの。

そのやり方を大事にしているので、他の人にアドバイスや意見をされても、絶対に受け入れない信条を持っています。考え方を曲げない頑固者の一面がありますが、その分だけ仕事に対し固い信念を抱いているとも言えます。

 

| 3.人柄ではなくて仕事にたいする結果が全てと考えている

愛想がないということ。職人気質の人は仕事の成果や評価を決めるのは、人柄ではなくて仕事にたいする結果が全てと考えているもの。

評価は人付き合いではなく仕事の成果で得たいので、人に媚びてまで評価を上げようとすることはありません。結果的に付き合いも必要最低限度にとどめ、基本的に媚びないので笑顔も少なく愛想もない印象になりがちです。

 

| 4.プライドが高く、他の人から口出しされるのを大いに嫌う

プライドが高く自信があるということ。職人気質の人間は仕事に対してのプライドが高く、他の人から口出しされるのを大いに嫌うもの。

これは誰よりも努力し実質的に成果や結果を残してきた、そんな行ってきた実績に裏打ちされたプライド。他の人では見られない、自らの経験や努力に対して自尊心の高さが溢れるのが職人気質というもの。

 

| 5.実績を積んでいるので、高いプロ意識があるというもの

すべき事柄に責任を持っているということ。どんな分野の職人気質の人でも、自らの技術力に自信があり実績を積んでいるので、高いプロ意識があるというもの。

一旦請け負った仕事は必ず完遂するという意志や、求められた以上の成果を出すという気持ちなど、高い責任感があるのも特徴の一つ。

少々困難な仕事でも、依頼してくれた人物の期待を裏切りたくない、そんな気持ちから最終局面まで諦めずに取り組みます。

引き寄せの法則で、職人気質と上手く。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

褒め言葉の意味合いが打ち勝つのも事実。ここでは、職人気質は仕事にも大いに役立つもの、気難しさを避ける上手な交際法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。