緊張しない人はサイコパスかも知れない、参考になる具体的な克服法



さまざまな局面で、緊張しない人になりたいと思うことがあるもの。緊張すると頭の中が真っ白になる、そんな経験をする人も多くいます。

そういった人物は人前で喋ることが憂鬱で、緊張し過ぎて前の日に良く眠れなかったということにもなりかねません。そんな緊張する人物は、人前で喋ることに慣れていないことや周囲の雰囲気に飲み込まれるからかも知れません。

更にネガティブ思考も定着していて、途中で話に詰まったらどうしようとか、自意識過剰でマイナスのイメージしかありません。

逆に緊張しない人というのはポジティブな考えをしていて、緊張しない人はいないということをよく分かっているので、何事もスムーズに運べます。

ここでは、緊張しない人はサイコパスかも知れない、参考になる具体的な克服法を紹介しています。

 

 

 


緊張しない人はサイコパスかも知れない、参考になる具体的な克服法


 

| 1.大きな声を発声することにより、緊張感を身体の外に排出

本番前に大着な声を出すということ。人前などで話す際に緊張しないための措置として、大きな声を発声することにより、緊張感を身体の外に排出するというもの。

精神的に追いつめられたときは身体も固くなり声も小さくなるので、より緊張感が昂って不安を感じやすくなります。

なので、敢えて大声を発声し身体の緊張をほぐすと、呼吸も楽に吸えるようになり落ち着いてスピーチすることができます。

 

| 2.交感神経を刺激することにより、更に緊張の度合いが増す

繰り返し深呼吸をするということ。緊張状態になった際は身体も固くなり交感神経を刺激することにより、更に緊張の度合いが増す悪循環に陥るもの。

そんなときは、一旦落ち着いて呼吸を整えることにより、副交感神経を刺激しリラックスすることが効き目があります。吐いてから吸うことが大事なポイントで、酸素を吐き切ることにより、反動で無理に力を入れずに深呼吸ができます。

 

| 3.要因とされるのは、過去に失敗した経験があるというもの

イメトレをするということ。人前で話すときなど緊張する要因とされるのは、過去に失敗した経験があるというもの。

そんな体験は本番でしか育むことができませんが、事前に綿密な準備をしておくことで対策を練るとができます。イメトレを行い本番を想定し局面の成功体験を認識することで、失敗などのネガティブなイメージを払拭します。

 

| 4.本番に向かって強く成功させようと気持ちが入っている

プラス思考に考えるということ。緊張するということは、本番に向かって強く成功させようと気持ちが入っているというもの。

こうした不安感に押し潰されることを取り除き、ポジティブに捉えることによりパフォーマンスの向上を目指します。緊張する己をポジティブ感覚で受け入れることで、今までできなかった考え方を言語化すると、伝える力も身に付き本番に強くなります。

 

| 5.そういう風に割り切った考えで打開策が浮かぶことがある

割り切って考えるということ。既に発生したことは仕方ない、そういう風に割り切った考えで打開策が浮かぶことがあるもの。

本番を迎える前にイメトレしてみたり、事前準備をきちんとした上で当日を迎えた際は、失敗しても何とかなると割り切ることができます。大事なのは己の意見や伝えたいことを現すことで、準備万端なら本番でも落ち着き払って臨むことができます。

 

 

 


緊張しない人物が羨ましいもの、固くなるタイプの原因となるところ


 

| 1.絶対に駄目などと、自分に自己暗示を掛けているという

プレッシャーを感じてしまうということ。緊張する人は人前で話すときなど、失敗しては絶対に駄目などと、自分に自己暗示を掛けているというもの。

こんなふうに思うほど段々と緊張感も高まり、本番になると固くなり思うようにスピーチができません。完璧にしなくてはいけないという思い込みがあると、返って失敗に繋がることにもなりかねません。

 

| 2.話す内容が飛んで、しばらく会場に沈黙が訪れたなどと

過去の失敗がトラウマになっているということ。プレゼンで話す内容が飛んで、しばらく会場に沈黙が訪れたなどと言うもの。

こういった過去の経験が非常に苦い思い出となり、トラウマともなって記憶に残っています。結果的に、次回に失敗すると相手に迷惑がかかるなど、プレッシャーを感じ緊張してしまいます。

 

| 3.発表の場で、話す内容が満足に決められていないという

単純に準備不足ということ。緊張する原因はプレゼンや発表の場で、話す内容が満足に決められていないというもの。

仕事が多忙で準備する時間がない場合や、日数があるので大丈夫だろうと軽視していたりします。一通りの練習も事前にしていないので、当日には緊張とプレッシャーで不安しかありません。

 

| 4.失敗して笑われたらなどと自意識過剰の一面があるもの

他人からどう見られているか、気になるということ。緊張するタイプの人は、失敗して笑われたらなどと自意識過剰の一面があるもの。

人目がが気になってしまうのは、面接やプレゼンなどにより今後の自身が決定するかも知れないという不安から。他人はそこまで見たり聞いたりしていなのに、人目が気になると過剰に反応し、プレッシャーを受け緊張に繋がります。

 

| 5.プレゼンや発表ステージは普段立つことのない場所という

非日常的な空間を感じるということ。緊張して話せない原因となるのが、プレゼンや発表ステージは普段立つことのない場所というもの。

いつもの所で雑談なら口も滑らかに動くのに、そういったところでは力が発揮できません。通常とは違う雰囲気や場所に飲み込まれる形になり、緊張から解き放たれることがありません。

 

 

 


緊張しない人はいつもリラックスしているもの、知っておきたい心理面


 

| 1.面接やプレゼンでは内容が相手に伝われば良いというもの

間違いや失敗を気にしないという心理面。緊張しない人物は些細なことは気にせず、面接やプレゼンでは内容が相手に伝われば良いというもの。

結果的に少々進行を間違えたりすることや、失敗をしてしまうことはまったく気に掛けません。それは自分自身が気にしているほど、周りの人たちはミスに気が付いていないことを知っているから。

 

| 2.周りの人たちから見ても、リラックスした雰囲気が漂う

完璧にしなくても良いという心理面。緊張しない人は、周りの人たちから見ても、リラックスした雰囲気が漂うもの。

それは、失敗したからと大事には至らないし、それを踏まえて次回はミスを減らそうと前向きに捉えているから。プレッシャーはありますが、緊張しないためにどうすれば良いかを理解しているので、いつもリラックス状態になるよう意識しています。

 

| 3.己は己と考えているので、些細なミスは気にしないもの

周囲の評価を気にしないという心理面。緊張しない人物は己は己と考えているので、些細なミスは気にしないもの。

例えプレゼンに失敗しても、練習不足と反省する程度で、悔しがったり恥ずかしがったりすることはありません。自意識過剰な面もないので、見られているというプレッシャーも感じず、人前でも緊張感は感じません。

 

| 4.時間がある時はプレゼン等の練習を、思い通りにしている

己に自信を持っているという心理面。緊張しない人物は、時間がある時はプレゼン等の練習を、思い通りにしているというもの。

練習を積み上げることで、これだけしたのでもう大丈夫、そんな自信が芽生えることを自覚しています。堂々とした立ち振舞いは緊張しているように見えませんが、それ相応の練習を積んでいます。

引き寄せの法則で、緊張しない人を真似る。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

頭の中が真っ白になる経験をする人物も。ここでは、緊張しない人はサイコパスかも知れない、参考になる具体的な克服法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。