プライドが高い男は放置も問題ないもの、メリットを残し改善する方法



身近な場所にも、プライドが高い男がいるもの。男はというものは元来、プライドの高い生き物と昔から呼ばれることも多くあります。

もちろん自らに自信や誇りを抱いて生きるのは素晴らしいことですが、高過ぎると周囲との間に隔たりが生まれ、面倒臭いということにもなりかねません。

自分に自信がないタイプより少々高飛車な男性の方が、格好良く映る瞬間もありますが、余りにプライドが高過ぎると、鬱陶しいや関わりたくないと目を背けられます。

こうしたプライドが高い男は、そのこと自体が仕事や恋愛においては、弊害になることも珍しくありません。

但し、自らに自信がない人とある人を比べると成功率に差があり、信念を持つ人物は成功しやすいとされています。

ここでは、プライドが高い男は放置も問題ないもの、メリットを残し改善する方法を紹介しています。

 

 

 


プライドが高い男は放置も問題ないもの、メリットを残し改善する方法


 

| 1.意識を持つ、プライドが高い男性の直し方と着手しやすい

己に非がある時は素直に謝罪するということ。誤りが自身自身にある時に率直に謝る意識を持つことは、プライドが高い男性の直し方としては着手しやすいもの。

そんな男性も頭の何処かに自分に非があるのは分かっているので、当初は難しいかも知れませんが、辛抱強く続けることにより段々と謝れるようになります。

きちんと謝ることで曖昧な感情も心の中から消え、苛立ちからも解放されるので、周囲からプライドが高い男と呼ばれずに済むようになります。

 

| 2.カウンセラーは、傾聴という名の姿勢が身に付いている

相手側の意見に耳を傾ける習慣を身に付けるということ。臨床心理士のような訓練されたカウンセラーは、傾聴という名の姿勢が身に付いているもの。

相手側の話に耳を貸しつつ否定しないようにし、言いたいことをきちんと引き出すにはそれなりの訓練が必要

但し、完全にできなくて良いので、とにかく相手の意見に耳を傾けるよう意識すると、今まで以上に周囲が協力的に変化する兆しを感じ取れます。

 

| 3.無論のこと、その気持ちを明確に言葉にし伝えるという

忘れずに感謝の気持ちを持つということ。周囲の人々に対し感謝の心情を忘れないのは無論のこと、その気持ちを明確に言葉にし伝えるというもの。

嬉しいと感じた際はすぐに感謝の気持ちを伝えた場合、色々と指図する言葉より感謝の言葉は、ずっと心の奥底で人間を動かします。

こうして周囲の人たちへ感謝を忘れずにいると、人間関係を高いプライドで損なうこともなく、周囲の人たちもいつの間にか協力的になっているかも知れません。

 

| 4.これまで体験したことがない新しい物事を始めるという

新しい物事を始めてみるということ。失敗経験が少ないプライドが高い男性は、負けず嫌いを直すやり方として、これまで体験したことがない新しい物事を始めるというもの。

仕事関連ならこれまでとは違う部署に配置転換を願い出たり、プライベートなら新しい趣味を始めてみたりと、さまざまに方法はあります。

こうして小さな失敗体験を積み上げていくことで、徐々に他人の痛みも分かるようになる上、克服方法も自然に身に付き精神面も向上します。

 

| 5.無理だと思った場合、遠慮しないで時には弱音を吐くと

弱音を吐くということ。この事柄は自分には無理だと思った場合、遠慮しないで時には弱音を吐くというもの。

常にプライドが高い男性として振舞っている人物が、稀に見せる弱い部分は、周囲の人たちの共感を呼び起こすかも知れません。

弱音を吐いているうちには肩の力も抜けるので、できて当然とプライドに凝り固まる、そういった考え方からも離れられます。

 

 

 


プライドが高い男が復縁を迫ることがある、そんな人物に見られる特徴


 

| 1.不安な部分を感じている人物はプライドが過剰に高くなる

他人を見下しやすいということ。能力に対して自信があるものの、不安な部分を感じている人物はプライドが過剰に高くなるもの。

そういった男性は自信がないのを隠すため、他の人のことを一段下に見下して安心する傾向があります。

こうした人を見下すことでプライドを維持している男性は、周囲から見てプライドが高い男と扱い難いことにもなりかねません。

 

| 2.己より優れている男性がいれば、対抗心を燃やすという

優劣を直ぐにつけるということ。負けず嫌いなところが大いにあり、己より優れている男性がいれば、対抗心を燃やすというもの。

競争にはプロセスもあり負けることで成長に結び付く貴重な体験もありますが、負けず嫌いな人物はそれを踏み台にするのも下手です。

勝ち負けにこだわり己が優れているのを証明しようと焦るのは、プライドが高い男性と周囲から敬遠されることにもなりかねません。

 

| 3.否定されると不機嫌になったり怒り出したりすることも

意見を押し付けやすいということ。プライドの高い男性というのは、自らの考え方が正しいと固く思い込んでいるもの。

なので、意見を自信を持って披露しますが、否定されると不機嫌になったり怒り出したりすることも少なくありません。

結果的に自分自身の意見や主張を疑うこともなく、先方に押し付けがちな態度が多くなります。

 

| 4.敵意を持ち攻撃的になるのもプライドが高い男性に見られる

否定されると敵意を持つということ。自身の価値観や意見が否定されたケースでは、敵意を持ち攻撃的になるのもプライドが高い男性に見られるもの。

基本的に考えても他の人と全部意見が合うことなどなく、どこかしら違った部分があるのが当たり前です。

プライドの高い男性は種々多様な価値観は受け入れられず、自身の価値基準を否定されると、自分が打ち消された気分になりかねません。

 

 

 


プライドが高い男は恋愛面での接し方も問題に、そうした原因的な面


 

|  1.寄せる期待を、敏感に察知して振舞う子どもは褒められる

褒められて成長したということ。幼い頃は周囲の大人が自らに寄せる期待を、敏感に察知して振舞う子どもは褒められるもの。

褒められると気分良いので更に成長、そんな好循環を繰り返すことが原因になり、プライドが高くなることがあります。

悪いことでは決してありませんが、こうした状況が大人になるまで続くと、打たれ弱い人間ににもなりかねません。

 

| 2.成功体験を獲得したケースでは、それが忘れられなくなる

大きい成功体験があったということ。仕事やスポーツなどで大きい成功体験を獲得したケースでは、それが忘れられなくなるもの。

自らの努力が報われた瞬間でもあり、非常に気持ち良く感じるのも当たり前といえば当たり前。

但し、そうした成功体験を何年間も引き摺っている場合、これから先の成長も望めず、ただプライドが高い男ということになりかねません。

 

| 3.挫折や失敗を体験せずに成長する、プライドの高い男性に

幼少期から挫折を体験せずに生きてきたということ。幼い頃から挫折や失敗を体験せずに成長すると、プライドの高い男性になりがちというもの。

家庭環境での育ち方にも原因があって、親が手を差し伸べ失敗しないようにしていた事例も珍しくありません。

社会に出ると失敗をせず生きることは困難なので、大変な思いを人一倍しますが、認めたくない心の防御本能も働きプライドの高さが前に出ます。

 

| 4.計画に沿って進んでいるのも、プライドの高い男性の特徴

将来設計を立てているということ。自身の将来設計を明確に思い描き、計画に沿って進んでいるのも、プライドの高い男性の特徴の一つというもの。

自分自身は将来的にこうなるといった、強い信念を心の内に抱いているので、多少のことでは諦めません。

己の資質に自信を持っているからこそ、思い描いた理想の人生を進めると考えるのは、プライドの高い男に見られる良い部分。

 

 

 

まとめ

面倒臭いということになりかねません。ここでは、プライドが高い男は放置も問題ないもの、メリットを残し改善する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。