大人しい人の末路も気懸かりなもの、爆発する前に治していく改善法



周囲にいる人たちから、大人しい人と呼ばれることもあるもの。攻撃的な雰囲気を感じさせないので、穏やかで柔らかいイメージを持たれるのは良いところです。

但し、そんな優しさゆえに自らの考え方を強く自己主張できないこともあり、引っ込み思案な点は協調性のなさとも捉えられかねません。

結果的にこうした大人しい人は、仕事面ではネガティブに受け止められることもあり、つまらないと損をすることにもなります。

性格的にマイペースな人も多くいて、その寡黙な姿は世間的には怒ると怖いとも言われています。そんなネガティブな面もある大人しい人ですが、良いところを残しながら積極的に変わっていくことが将来的にも大切。

ここでは、大人しい人の末路も気懸かりなもの、爆発する前に治していく改善法を紹介しています。

 

 

 


大人しい人の末路も気懸かりなもの、爆発する前に治していく改善法


 

| 1.視線をあげ、相手に対してきちんと身体を向けるという

話かけられた時は、身体を相手に向けるということ。大人しい人は俯きがちなので、話かけられた時は先ず視線をあげ、相手に対してきちんと身体を向けるというもの。

そして勇気を持って相手に視線を送ることが大切で、この際に笑顔を意識すると向き合っている印象も上がり明るく見えます。

性質が明るいから笑顔になるというものではなく、笑顔を意識するから明るくなるのをしっかりと自覚します。大人しい人から明るい人物に変わるのには、話す言葉だけではなく表情や態度で現す印象を、自分なりに選ぶことで変えられます。

 

| 2.自分自身に備わっている明るい感情を引き出すというもの

毎日軽い運動をするということ。身体を動かすということが、自分自身に備わっている明るい感情を引き出すというもの。

暗い気質の根拠とともなっていっる抑うつ感の解消に、運動が有効であることは世間的にも良く知られています。

これは意図的に身体を動かすことで、脳内の神経細胞が活性化し、感情や気持ちを安定化させるセロトニンの分泌をうながすから。こういった運動の習慣化により、気が付かない間に大人しい性格が改善していることが実感できます。

 

| 3.意識して、取り組むべき課題を見つけ行動するというもの

小さな目標を立てるということ。理想像の明るい自分を意識して、取り組むべき課題を見つけ行動するというもの。ポジティブな小さな目標で充分なので、課題からは目を背けないことが大切です。

出会った人に笑顔で挨拶をしたり、相手の良い部分を一つ見つけるなど、手帳に前向きな目標を書いてみます。そんな手帳を見直しながら、今自分がいるところを確認する、そうした作業を繰り返すと劣等感も薄れていきます。

 

| 4.自分の理想像を、具体的にイメージしてみるというもの

明るい自分自身の姿をイメージするということ。将来のなりたい自分の理想像を、具体的にイメージしてみるというもの。暗い過去と大人しい性格の自らを結びつける、そして明るい人とを比較して失望することはやめます。

今の大人しい自分と比べてよいのは、イメージしたく大きな希望に満ちた将来の自分。コンプレックスは誰しもあるもので、そうしたことを踏み台に一つ一つ乗り越えていくことが肝要。

 

| 5.明るい雰囲気の人たち、敢えてコミュニケーションをとる

敢えて明るい人たちと交流するということ。今まで交わることが少なかった明るい雰囲気の人たちと、敢えてコミュニケーションをとるというもの。

大人しい性格の人は、このままでいることが心地良いと考えるので、何時まで経っても変われません。敢えて明るいキャラクターと関わってみると、始めは少々辛いかも知れませんが、徐々に意識の広がりを感じるはずです。

実は明るい人が必ず幸せかといえばそうでもなく、逆にいき過ぎた優越感に苦しんでいることもあります。

 

 

 


控えめな箇所がやけに目に付くもの、知っておきたい大人しい人の心理


 

| 1.それほど強い自己主張はしない控えめな傾向があるもの

感情的にならないという心理状況。大人しい人はどちらかというと穏やかな性格の人が多く、それほど強い自己主張はしない控えめな傾向があるもの。

いつも物静かで穏やかな振る舞いなので、怒っているのを見たことがないと言われることが多くなります。気持ちもあまり激高することがなく、それほど表に出さない控えめな性質なので、感情的な姿を人に見せることはありません。

 

| 2.注目を集めるようなことはしないのが大人しい人というも

恥ずかしがり屋という心理状況。目立つのが不得手で、周りの注目を集めるようなことはしないのが大人しい人というもの。

職場等で大勢の人が注目するような局面で話しをする状況の場合、顔を赤面させ挙動不審になる、そんな姿を見かけることもあります。恥ずかしがり屋という性格が、なるべく目立たないよう大人しい態度になって現れています。

 

| 3.他者より前に出ることができないという人もいるものです

自己肯定感が低いという心理状況。大人しい人のなかには自らに自信が持てず、他者より前に出ることができないという人もいるもの。

恋愛関係で気になる人がいたケースでは、自分など相手にされるはずもないとアプローチしないので、他の人に取られてしまうことも多くあります。

客観的に見ればそれほど卑下しなくてもと思いますが、自己肯定感が低いので、どうしても控えめになってしまいます。

 

| 4.他人のペースに沿えないところが大人しい人にあるもの

基本的にマイペースという心理状況。周りに合わせると疲労が溜まるような、他人のペースに沿えないところが大人しい人にあるもの。

雑談で盛り上がっていても参加しなかったり、いても自分から会話を盛り上げようと話題を提供したりはしません。関心のないことに首を突っ込む積極性、そんなものを持ち合わせないので大人しい人という印象になります。

 

 

 


大人しい人が明るくなるということもあるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.賑やかな環境が苦手で、自身も落ち着いた傾向にあるもの

大きな声を出さないということ。大人しい人はうるさく賑やかな環境が苦手で、自身も落ち着いた傾向にあるもの。

なので、二人きりで話す際は落ち着いた話し振りに安心しますが、賑やかな飲食店などで会話すると声が聞こえず困ることにもなりかねません。自分に自信がないところや照れ屋な性質から、大きな声をあまり出しません。

 

| 2.相手の話をきちんと聞けるのは大人しい人の良い部分です

聞き上手ということ。自らことを話すのは不得手ですが、相手の話をきちんと聞けるのは大人しい人の良い部分。

恋愛関係でもあまり話さない寡黙な彼氏と、お喋りな彼女というカップルは案外に見かけるもの。無口な彼の方が聞き上手だと、相性が良い恋人関係というのは珍しいことではありません。

 

| 3.物静かな環境が好きだったり、人見知りだったりすると

大勢の集まりが苦手ということ。大人しい人物は、物静かな環境が好きだったり、人見知りだったりするというもの。

会社などである飲み会にも滅多に出席せず、参加しても途中で退席したり、二次会は絶対に行かないなどの行動を見せます。どちらかといえば気心知れた相手と、のんびり過ごすのが好きで、騒がしい大勢の集まりは苦手です。

 

| 4.優しいところがあり、自我を押し通すようなことはしない

柔軟な対応ができるということ。大人しい人は優しいところがあり、自我を押し通すようなことはしないもの。

職場などでも一つのやり方に固執せず、他人のやり方に合わせて上げられる、そんな融通の利く一面を持ち合わせています。結果として上手くいくなら、自らの考えにこだわり過ぎず、状況に合わせて柔軟な対応ができます。

引き寄せの法則で、大人しい人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、大人しい人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

穏やかで柔らかいイメージを持たれるもの。ここでは、大人しい人の末路も気懸かりなもの、爆発する前に治していく改善法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。