関わりたくない人はスピリチュアルに関係するかも、上手くいく接し方



日常生活を送っていると、関わりたくない人がいるもの。そういった人物に対して思い切って気持ちを伝えるのは、なかなか難しく戸惑うことになります。

更にその人物に嫌悪感を感じたりしているケースでは、モラルがない一面に出会うと無視したくなることにもなりかねません。

但し、関わりたくない人だからといって 一方的に関係を遮断すると、その人物を害することになったり、周りの自分自身に対する評価を失うこともあります。

結果的に、いきなり無視をするような対応をしない方が良いのは、大人として当たり前。程良い付き合い方を覚えることが大事で、そうすると不快に思うケースも徐々に減ります。

ここでは、関わりたくない人はスピリチュアルに関係するかも、上手くいく接し方を紹介しています。

 

 

 


関わりたくない人はスピリチュアルに関係するかも、上手くいく接し方


 

| 1.考えていても、最低限度の表面的な付き合いしておくと

挨拶はしておくということ。どれほど関わりたくないと考えていても、最低限度の表面的な付き合いしておくというもの。

積極的に会話することを回避しながら、挨拶を交わすようにしておくと、相手や周りの人たちに不愉快な思いをさせることは減少します。周囲に避けていることを感じさせず、上手く相手と距離をとることができるので、上手くいく接し方の一つ。

 

| 2.気持ちは他の何かに向ける技能を習得するというものです

大事な話以外は聞き流すということ。表面的に会話しながら、気持ちは他の何かに向ける技能を習得するというもの。

どうしても必要な大事な話だけは押さえておき、それ以外の内容は聞き流せるように意識します。頻繁に業務のやり取りなどで相手が関わることがあっても、嫌な思いをすることは減っていくもの。

 

| 3.無理矢理に合わせようとしても上手くいかないものです

自分から話さないようにするということ。反りが合わない人とは、無理矢理に合わせようとしても上手くいかないもの。

頑張り過ぎてしまうと、自分自身が精神的に消耗するだけでなく、相手にとっても不快に受け取られかねません。どんなタイプの人であれ、積極的に話し掛けないようにすることが、最善な接し方になることもあります。

 

| 4.知られ過ぎると、比較され結果として見下されることが

プライベートな話はしないということ。自らの家庭のことなどを相手に知られ過ぎると、比較され結果として見下されることがあるもの。

なので関わりたくない人には、詮索されてもあまりプライベートな部分を曝け出さないよう、意識して付き合うことを心掛けます。マウントの取り合いが少なくなくなったり、余分な比較も減るので傷付くことも少なくなります。

 

| 5.時間が経ってなく、明らかに不信感を持った際の限定的

縁を切ることも考慮するということ。出会ってさほど時間が経ってなく、明らかに不信感を持った際の限定的な対処法。

自身に危害が及びそうなケースなどで、どうしても関わりたくないのなら、縁を切るのが上手くいく効果的な対処法。その理由をきちんと関係者に説明をしておくと、著しく自分自身の評価を下げることにはなりません。

 

 

 


関わりたくない人は断り方も困るもの、知っておきたいそんな人の特徴


 

| 1.思われる人物は、会話が後ろ向きでネガティブ思考という

他人の意見をすぐ否定してくるということ。関わりたくない人間と思われる人物は、会話が後ろ向きでネガティブ思考というもの。

どんな場合でも、先ずは他人の意見を否定することから出発し、その後で自ら主張をするのも良くみられる傾向の一つ。否定された人は無論のこと、見ている周囲の人たちの感情や空気を害しやすいのも特徴であう。

| 2.信用を損なった際に、関わりたくない人と思われることが

自身の失敗を他人の責任にするということ。対人関係にで大きく信用を損なった際に、関わりたくない人と思われることがあるもの。

仕事上で失敗を犯したのに、自らが責任をとり謝罪もすることもなく、他人に責任を被せるのはその代表例。こうした卑怯な行動は、立場や性別関係なく周囲にもしっかり伝わるので、人間関係を悪化させることにもなりかねません。

 

| 3.周りにいる人たちから避けられることにもなりかねません

人により態度が変わるということ。上司には媚びるのが当たり前で、部下や後輩に強く当たる人物は信用できないもの。

そうしたことを始め人によって態度が変わったり、発言自体が二転三転する人物は、周りにいる人たちから避けられることにもなりかねません。どんな深い内容の会話をした場合も、表面的な雰囲気しか感じられず、薄っぺらいイメージが付いて回ります。

 

| 4.人目につかない場所で、誰かの陰口を言ったり噂話を好む

人の陰口や悪口を言うということ。関わりたくない人は人目につかない場所で、誰かの陰口を言ったり噂話を好むもの。

そうした陰口や悪口を言っている現場を見たとき、自身も裏では悪く言われていると勘繰ることにもなりかねません。疑いの目が芽生えると、できる限り関わらないようにしよう、そんな風に思うのは当たり前のことであう。

 

| 5.他人のプライバシーなどには無闇に立ち入らないものです

プライバシーに関わることを聞いてくるということ。一般的なモラルや常識が備わっていた場合、他人のプライバシーなどには無闇に立ち入らないもの。

但し、関わりたくない人はそういった感覚がなく、他の人との接し方を見ても、独特で一般的なものとはかけ離れたものを持っています。他人には滅多に話せないようなプライベートな部分でも、平気で踏み込んでくるような厚顔無恥なところがあります。

 

 

 


関わりたくない人は近所にもいるもの、覚えておきたいその心理状態


 

| 1.冗談を言ったりしない人物に良く見られる傾向というもの

ネガティブに考える習慣があるということ。普段から暗い表情をしていて、笑ったり冗談を言ったりしない人物に良く見られる傾向というもの。

自分から積極的に発言もしないで、打ち合わせや会議などの話さなければならない局面では発言の大方がネガティブ。聞いている側も嫌な気分になり、職場全体や会社や暗いオーラに包まれることにもなりかねません。

 

| 2.思い通りにならないと、精神的に不安定になり感情的に

すぐヒステリックになるということ。思い通りにならないと、精神的に不安定になり感情的になるというもの。

何でもないことにヒステリックになり、場の空気を乱してしまう人物は、関わり合いを避けられる傾向があります。些細な願い事や相談もし難くなるたので、相対的に会話も減り仲の良い人が徐々に減ることになります。

 

| 3.基本的に周囲に対し幅広い視野を持っていないものです

独善的ということ。関わりたくない人というのは、基本的に周囲に対し幅広い視野を持っていないもの。独善的な考えが強くコミュニケーション能力も高くないので、頻繁に他人が嫌がることをしてしまいます。

その場の雰囲気などの影響も考えずに、自分のしたいようにすることで、周りの人たちを遠ざけることになりかねません。

 

| 4.怒られたりするのではないか、そんな思いを感じさせて

常に苛立っているということ。高圧的な態度をとっている人には、積極的に話したくないと誰しもが思うもの。

関わりたくない人というのは、いつも苛立っていたり、不機嫌な顔をしていることが多くなります。話しかけると大声を出されたり、怒られたりするのではないか、そんな思いを感じさせています。

引き寄せの法則で、関わりたくない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

気持ちを伝えるのは難しく戸惑うこと。ここでは、関わりたくない人はスピリチュアルに関係するかも、上手くいく接し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。