きつい性格の人物の末路も気になるもの、棚上げしないで改善する方法



身の回りの身近なところにも、きつい性格の人がいるもの。家族をはじめ友達に恋人や同僚に対し、厳しいところがあったり刺々しい態度をとる人物。

こうしたきつい性格の人は男性にも女性にもいて、その攻撃的な態度を直したいと思う人も数多くいます。こういったキツイ性格の人物は自らに自信がないことから、人から否定されるの恐怖心から相手を拒絶することにもなりかねません。

間違いを指摘されるのが嫌で強い口調になりますが、その裏側には気が強いのではなく、誰からも否定されたくないという屈折した引け目が隠されています。

なので、性格きついと呼ばれることは、心の奥にある理由を知り直していくことが将来的に必要。ここでは、きつい性格の人物の末路も気になるもの、棚上げしないで改善する方法を紹介しています。

 

 

 


きつい性格の人物の末路も気になるもの、棚上げしないで改善する方法


 

| 1.改善するのに考えられるのは、自らが幸福なるというもの

自分自身が幸福になるということ。初めにきつい性格を改善するのに考えられるのは、自らが幸福になるというもの。

そうした幸福な瞬間は余り幸せじゃない時期と比べて、きつい性格も前に出てこず穏やかな性格になっています。幸せになりたくてきつい性格を直したいという人も多くいますが、話は正反対で日々の心掛けが大切で、良い心でいると幸せは必ずきます。

結果的に大事なのは根気強く自らの日々の心掛けや生活態度を変えることで、きつい性格も改善し幸せになること請け合い。

 

| 2.してしまった後は、己で己をフォローするというものです

きつい発言をした後、フォローをするということ。間違えてきつい言い方をしてしまった後は、己で己をフォローするというもの。

言い過ぎたけど良い意味に受け取ってとか、間違えたので訂正するなど、一言添えると非常に感じが柔らかくなります。こういった対応をすると、きつい性格だというイメージがなくなってくるので、改善には良い方法の一つ。

間違って言ったことは取り返しがつかないので、こうした振る舞いで相手を傷付けないで、良好な人間関係を築くことができます。

 

| 3.剥き出しにして、怒ったり泣いたりする人物は怖いもの

感情的になり過ぎないよう注意するということ。相手からすると感情を剥き出しにして、怒ったり泣いたりする人物は怖いもの。

こんな感情を爆発させるような態度に注意することが大事なポイントで、できる限り感情を入れず冷静に発言することが肝要。

感情的になりやすい時もありますが、良く考え冷静に発言しようと心掛けると、そのうちできるようになります。感情的になり過ぎるのは日々の心掛けが大切で、これがきつい性格を直すことに繋がるのは間違いありません。

 

| 4.一呼吸置き相手の気持ちを考え、発言するという習慣を

突っ込む以前に一呼吸置くということ。会話の最中に冗談のつもりで突っ込みを入れた際、相手に伝わらず逆に傷つけてしまったというもの。

勢いよく雰囲気で突っ込むのでなく、その前に一呼吸置き相手の気持ちを考え、発言するという習慣を付けます。

こうして相手のことを一瞬でも考え発言すると、段々ときつい性格という印象が薄らいできます。知らず知らずの間に相手を傷付けてしまうことも、一呼吸置くようにすると激減します。

 

| 5.はっきりとしたことを言ったり、何かと断言しがちなもの

話し方のニュアンスを変えるということ。きつい性格の人ははっきりとしたことを言ったり、何かと断言しがちなもの。そこで話し方のニュアンスを変え、相手に与えるイメージを少しでも柔らかくするようにします。

言い方がきつい癖がある人物がいると、どうしても絡みにくい嫌な印象を持つことにもなりかねません。強い口調で話すところを意識的にニュアンスを変えると、柔らかく穏やかな人物のイメージができあがります。

 

 

 


きつい性格とは何かを先に掴むことが大事、覚えておきたい心理状況


 

| 1.自分本位になり意見を押し通そうとする焦りがあるもの

自身の意見を優先したいということ。きつい性格の人物は融通が効かないことが多く、自分本位になり意見を押し通そうとする焦りがあるもの。

結果として口調がきつくなり、無意識に上から目線でものを言うことで、相手を傷つけてしまうことにもなりかねません。周りの雰囲気に気付くことができないので、職場などでも我を通そうとしてしまいがちな傾向にあります。

 

| 2.厳しくなってしまう場合、裏側には受け入れて欲しい願望

人から認められたいということ。きつい性格の人の言い方が厳しくなってしまう場合、裏側には受け入れて欲しい願望があるもの。

素直に相手に言うことができず上から目線で語ることで、自らを認めさせようと力任せになっています。どうにかして上から抑え込むことで、自分の思惑通りにしたいと考え口調にも現れます。

 

| 3.言って当然と考えていて、その分言い方が厳しくなるもの

自分を偉いと思っているということ。上から目線で物を言って当然と考えていて、その分言い方が厳しくなるもの。

自身が偉いと信じ込んでいるので態度に無意識に現れ、その何が悪いのかも分かりません。周りの人たちより自分自身の方が優れているし、上の立場を感じているので自然と言い方もきつくなります。

 

| 4.感情を抑えることができず厳しい口調になるというもの

怒っているということ。キツイ性格の人は相手に対し腹を立てていることが多く、感情を抑えることができず厳しい口調になるというもの。

人間は苛立ってくると、つい荒い口調になってしまうもので、攻撃的な言い方になることにもなりかねません。男性でも女性でも元から怖いのではなくて、苛立った際は上から目線で話すことで相手を攻撃しようと考えます。

 

| 5.思惑通りにしたいと考えているので、きつい言い方になる

相手を言包めたいということ。どうにかして思惑通りにしたいと考えているので、きつい言い方になるというもの。

口喧嘩で負ける訳にはいかな時、相手を納得させるしかなく、気持ちが前面に出てしまい厳しい口調で話してしまいます。職場でも曲げられない事柄があると、相手を言包めようとして強い口調で捲し立てることがあります。

 

 

 


きつい性格が顔に出るとこがあるもの、言い方が厳しくなる詳しい理由


 

| 1.気を遣うことができず、どうしても言い方が厳しくなる

心に余裕がないということ。キツイ性格の人物は周囲に気を遣うことができず、どうしても言い方が厳しくなるもの。

仕事やプライベートが上手くいかない時や、ストレスが蓄積している時は、周囲がどう思うか気にする余裕がありません。自分自身のことで一杯で、苛立って無関係な人たちに憂さ晴らしをしてしまいます。

 

| 2.進めていきたいことが多く、焦って厳しい言い方をすると

短気な気質ということ。自らのペースで物事を進めていきたいことが多く、焦って厳しい言い方をするというもの。何でも大慌てして早く終わらせたいという焦りから、周りの人たちも巻き込んでしまいかねません。

周囲の人のペースに合わせることが苦手で、自分自身の気持ちを優先させるので、ついきつい言い方で急かしてしまいます。

 

| 3.怒っているつもりはなく、どう相手に接するか分からない

コミュニケーションが苦手ということ。きつい性格の人は怒っているつもりはなく、どう相手に接するか分からないというもの。

無意識のうちにぶっきら棒な態度になってしまうことで、言い方が厳しく聞こえてしまいます。コミュニケーションを図るのが苦手で、話すとなると緊張してしまって、上手く会話することができません。

引き寄せの法則で、きつい性格を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

まとめ

厳しいところがあったり刺々しい態度。ここでは、きつい性格の人物の末路も気になるもの、棚上げしないで改善する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。