筋トレなどのほかにもメリットが多くある、男性ホルモンを増やす方法


男性ホルモンの1種のテストステロンは、いわゆる男っぽさを生み出すホルモン。体毛や筋肉やなど男らしい体つきをはじめ、精子の生成などにも関連しています。合成と分泌は約95%が精巣で行われ、残る5%は副腎でされています。

テストステロンは、男性の立場で機能維持のほか、筋肉量を増加させたり強度を高めるなどの効果や、リスクを取る判断や集中力を上げるなど高次精神機能に関与。

特に筋肉を大きくしたいと筋トレなどを行っている人にとっては、必要不可欠なのがテストステロン。分泌量がわずかだとトレーニングをどれほどしても、文句のない筋肉量の身体を手に入れることは困難です。

さらにテストステロンが減退すると、性欲低下に始まり、倦怠感や過度な疲労感、肩こりや不眠などの症状がでてきます。精神的な面の集中力の低下や、気力の衰えなども見逃せません。テストステロンの減退でもたらされる症状は、男性の更年期症状ともいわれています。

ここでは前向きになれたり、やる気が出たりする、筋トレなどのほかにもメリットが多くある、男性ホルモンを増やす方法を紹介しています。

 

 

 


男性にとって更年期症状とも呼ばれる、テストステロンが減少する誘因


 

| 1.50歳代の人の筋トレ効果に差が出る、テストテロン量

最初に挙げられるのが加齢によるもの。男性にとり非常に大切な物質のテストステロンですが、分泌をみると20歳代をピークに年々減っていきます。

その結果、20歳代の人と同様の筋トレメニューを実施したとしても、50歳代の人の筋トレ効果に差が出るのは、テストテロン量が関与しているとされています。

 

|  2.管理職やデスクワークの人、テストステロンが衰退の傾向

日常の食生活もテストステロン量に関係しています。食生活が乱れている人や菜食主義の人、偏食の人などではテストステロンの合成機能が下降、減少すると考えられています。

肥満に陥りやすい管理職やデスクワークの人に、テストステロンが衰退してしまう人が多い傾向とされています。

 

| 3.テストステロンの分泌が衰退、日ごろ異性と関わりがなく

テストステロン分泌は、からの命令により成されます。このためストレスによる脳機能の低下で、テストステロン分泌も衰退するとされています。

また、テストステロン自体は性ホルモンでもあるので、性のインパクトがあった方が、より分泌が促進されます。日ごろ異性と関わりがなくなっている人や、セックスレス夫婦を自覚している人は、テストステロンの分泌が衰退している可能性が大。

 

 


筋トレなどのほかにもメリットが多くある、男性ホルモンを増やす方法


 

| 1.程よい運動、過剰な負荷をかけると活性酵素を発生させる

男性ホルモンを増やすには筋トレやトレーニングなど、程よい運動を維持することが大事。運動は有酸素運動と筋トレ、両方をすることが効果的です。

両者をバランスよくすることで、テストステロン分泌を促進するだけでなく、維持していくことができます。また、筋トレは過剰な負荷をかけると活性酵素を発生させるため、程よい運動を維持することが大事。

 

| 2.テストステロン値が向上、ストレスを溜め込まないこと

充分な睡眠をとり、生活リズムを規則正しく保つことが重要。寝不足やストレスは、男性ホルモンに対して多くの悪影響があります。睡眠中は疲労の処理をしたり、機能を回復させたりと、身体のメンテナンスをしています。

寝不足が続けば、体内の機能がスムーズに働かなくなるもの。逆に良質な睡眠がとれると、ストレスや疲労がなくなるので、テストステロン値が向上します。ストレスを溜め込まないことが大事。

 

| 3.ビタミンD、基準摂取量がきちんとしている男性は高い値

ビタミンDと亜鉛をしっかり摂取しているかどうかが、優先されるテストステロン分泌のポイント。研究結果によればビタミンDの基準摂取量がきちんとしている男性ほど、テストステロンの値が高くなっています。

比較して重要なのが亜鉛で、ほとんどの日本人男性に不足しています。亜鉛自体に直接テストステロンを増加させる効果はありませんが、体調を調整することで結果的にテストステロンが増量。

 

 

 


食事のどこかに加えることで、男性ホルモンを効果的に増やす食べ物


 

| 1.最初はセリ科の野菜から、性ホルモンと似かよった構造

人参をはじめ、パセリやミツバ 、セロリなどのセリ科の野菜は、テストステロンなどの性ホルモンと似かよった構造を持っています。なので、その働きをアシストする効果があり、食事のどこかに加えたいところ。最初はセリ科の野菜から。

 

| 2.ネギ科の野菜、調理のときに切ったまま放置すると分解

タマネギやねぎ、ニラやにんにくなどネギ科の野菜は、男性ホルモンであるアンドロゲンの生成を促進。またテストステロンの生成を活発化させる、含硫アミノ酸も多く含んでいます。

ただ含硫アミノ酸を分解する酵素も含むので、調理のときに切ったまま放置すると分解が進みます。この事態を防ぐためには、切った後すぐに食べるか、すぐに加熱することが必要。酵素の作用は加熱でも止められます。

 

| 3.男性ホルモン値向上の山芋、ビタミンEを含有のアボカド

漢方薬でも重要な位置を占めているのが山芋。DHEAと呼ばれる男性ホルモン値を向上させる効果があるとされています。昔から言われる精がつく食材の一つ。

一方のアボカドは、ホルモンを調整する司令塔である、脳視床下部の働きを活性化させるビタミンEを多く含有。これは男性ホルモンのアンドロゲンの分泌に効果大となっています。

 

| 4.ブロメリン含有、代表格となるのがバナナやパイナップル

テストステロンの生成を促進するのは、含硫アミノ酸だけではありません。ブロメリンというタンパク質分解酵素にも、テストステロン増加の作用があります。このブロメリンは身近なフルーツに含有され、代表格となるのがバナナやパイナップル。

バナナはコンビニなどで手軽に入手でき、パイナップルはホテルでのモーニングビュッフェでは、定番ともいえるフルーツ。ブロメリンは加熱に弱く、にこだわりたいところ。

 

 

 


男性ホルモンを増やすこと、恋愛関係など女性のテストステロンの役割


 

| 1.男性的な考え方をしてみたり、女性も筋肉や骨格が発達

男性と比べると少量ですが、副腎や卵巣で女性もテストステロンを分泌しています。男性ほどではないものの、女性も筋肉や骨格が発達する作用があります。

また、男性的な考え方をしてみたり、性衝動に駆り立てられることもありますが、これらの内部の仕組みは複雑で一概にいえません。

 

| 2.男女に関係なく恋人がいない人、高いテストステロン値

一般にテストステロンは、天然の媚薬ともされています。なので、女性のムラムラした感覚や性欲に対する役割も、テストステロンが加担していることが伺い知れます。

また、男女に関係なく恋人がいない人は、テストステロン値が高いという結果報告もあります。現代的な表現で言う肉食系の人は、男女問わずテストステロン分泌がアクティブなのかも知れません。

 

 


テストステロンを効率よく摂取、男性ホルモンを増やすサプリや漢方薬


 

| 1.普段の生活に難しい、男性ホルモンをサプリメントで補う

食生活がどうしても不規則になってしまう場合や、運動をする機会がどうしてもないときなどがあります。そんなテストステロンなどの男性ホルモンをを増やすための方策が、普段の生活に織りこむことが難しいという人は、サプリメントを利用するのも1つの方法。

ビタミンAや、C、Eのように抗酸化作用により、体内にある細胞膜の酸化による老化防止の効果が期待できるもの。免疫力向上に関わりながら、精子形成に必要で男性機能に対して重要な亜鉛など、男性ホルモンサプリで補います。

 

| 2.漢方薬でテストステロンを増加させる、補中益気湯など

テストステロンは体の活力を生み出す細胞小器官、ミトコンドリアの健康維持に関連しています。それは若々しい生き方をするため重要な鍵をもつもの。憤りや不安など否定的な気持ちを落ち着かせたり、精神状態の安定に寄与しています。

漢方薬でテストステロンを増加させる効果があるのは、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)。ほかにも八味地黄丸(はちみじおうがん)や柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などがあります。

男性のエネルギー。

男性のエネルギー溢れる【テストフェン18000】

 

まとめ

男性ホルモンの1種のテストステロンが大切。ここでは、筋トレなどのほかにもメリットが多くある、男性ホルモンを増やす方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。