健康や見た目の美しさに大きく影響する、女性ホルモンを増やす対処法


女性の見た目の美しさをはじめ、健康にも大きく関係しているのが女性ホルモン。それは女性特有の身体つきやリズムに大きな影響を与えています。体の内で分泌されるホルモン物質は、さまざまな組織や器官をコントロールしています。

この女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに大きく変化。個人差はありますが、そのピークとなるのは20代後半から30代前半くらい。30代の半ばを過ぎると、その分泌量は段々と少なくなり、その後は減少を続けるだけとなります。

卵巣の中にある卵胞が減り、なかでも閉経前後の45歳から55歳の頃には激減します。不安感があったり、イライラしたり、急な汗がでるなど、女性に特徴的な「ゆらぎ」が発生するのもこの頃。

この年代の女性は、家庭や仕事などで疲れやストレスが溜まりやすく、若いときのような無理ができなくなくなるのでホルモンバランスが狂いがちです。ただ結論を言えば、女性ホルモンを増加させることはできません。

ホルモンバランスを調整したり、活気づかせたり、女性ホルモンに似かよった働きをする成分を取り入れることで、女性ホルモンが増加したと同様の対策をすることができます。

ここでは、健康や見た目の美しさに大きく影響する、女性ホルモンを増やす対処法としてお知らせしています。

 

 

 


最初に知っておきたい、生活リズムに関連する2種類の女性ホルモン


 

| 1.エストロゲンの分泌が活性化、女性としては体調が安定

代表的ともいえる女性ホルモンであり、女性らしい体つきをつくるのが卵胞ホルモンのエストロゲン。通称で美肌ホルモンとも呼ばれ、肌に潤いや張りを与えたり、髪の成長を促進したりする役割を果たしています。

ほかにも女性に特徴的な、丸みを帯びた身体をつくるのにも作用。また、代謝を促進するほか、血管や骨を強くしたり、自律神経を整えたりの役割もしているので、心身に大きな影響があるのが特徴。

なのでエストロゲンの分泌が活性化する、月経の始めから排卵日までの時期は、女性としては体調が安定しやすくなります。

 

| 2.プロゲステロン、生理前の体の変化もこの働きによるもの

妊娠を保持するため働くのが、黄体ホルモンであるプロゲステロン。受精卵の着床のため子宮内膜を調整したり、基礎体温を上昇させる働きで妊娠維持に活躍。排卵日から月経開始までの間に増えることで、子宮内膜を厚くしたり、体温上昇して妊娠を準備する指令を出しています。

プロゲステロンは体内に水分保持作用もあり、生理前の体の変化もこの働きによるもの。ちなみに、妊娠後は分泌量が急激に上昇し、妊娠状態の維持や乳腺を増やす役割を果たします。

 

 


女性ホルモンの補充療法と同じ効果、日常生活でのコントロール対策


 

| 1.睡眠の質の向上を心がけると、心身のホルモン対策になる

なるたけ良質な睡眠をとること。睡眠不足に陥ると、自律神経の調和が崩れ女性ホルモンにも悪影響がでます。遅くとも12時前には就寝し、7時間程度の睡眠を確保。もちろん寝る前の3時間は、食べ物を口にしないことも重要。

寝る直前でのPCや携帯電話を控えたり、寝る前に熱いお風呂に入るのは控えるなど、睡眠の質の向上を心がけます。女性ホルモンを増すことは無理ですが、心身のホルモン対策になります。

 

| 2.暮らしの中に軽い運動を、取り入れていくことがポイント

積極的に身体を動かすこと。増やせない女性ホルモンですが、身体を動かし血行と代謝を向上させることで、好結果を呼び込むことができます。暮らしの中に軽い運動を、こまめに取り入れていくことがポイント。

特にストレッチヨガは、ゆっくりと身体を動かせる上、深く呼吸をすることにより緊張が和らぐので効率的。デスクワークをしている女性は、血行と代謝が悪化しがちなので、1時間に1回程度は立ち上がっての背伸びが有効。

 

| 3.多く食物繊維などを摂取し、腸内環境を整えることが重要

そもそも女性ホルモンを増加させる、特別な食事はありません。ただ、バランスが崩れた食生活は、女性ホルモンにとって悪影響。肉や魚をはじめ、野菜や炭水化物など、バランスを保って摂取することを心がけます。

多く食物繊維などを摂取し、腸内環境を整えることが重要で、食生活を和食中心にするのも良いことの一つ。女性ホルモン増やす食べ物、そんな風に呼ばれているものは後述します。

 

 

 

 


女性ホルモンを増やす食べ物と呼ばれる、ホルモンバランス調整食材


 

| 1.豆類は女性の強い味方となる、ホルモンバランス調整食材

筆頭に挙げられるのが豆類です。大豆が含有する大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ています。なのでエストロゲンと似た働きをする成分。

ほかにも女性の生活リズムに不可欠な葉酸を含有する枝豆や、古くから女性の身体に良いとされる小豆など、とにかく豆類は女性の強い味方となるホルモンバランス調整食材です。

 

| 2.ホルモンの原材料、手軽に摂れる完全栄養食品は卵が無敵

細胞の基盤であり女性ホルモンの基礎にもなる、コレステロールを補完するため、動物性タンパク質を適切に取ること。植物性と動物性の両方のタンパク質を半々ずつ、バランスよくとるのが理想。

が含んでいるコレステロールは、ホルモンの原材料にもなります。手軽に摂れる完全栄養食品というなら、が無敵。

 

| 3.ナッツ類は沢山食べると、脂質の摂り過ぎになるので注意

美容のスーパーフードと呼ばれているのが、ナッツ類。最近は話題となっていますが、ビタミンEをはじめ、亜鉛や鉄など、女性に価値のある栄養分の宝庫です。

おすすめはアーモンドやクルミに、クコの実など。ホルモンバランスを調整してくれるお助け食材の一つ。ナッツ類はたくさん食べると、脂質の摂り過ぎになるので注意。

 

 

 


女性ホルモン増やすとどうなる、男性も気にしたい恋愛に関係するもの


 

| 1.オキシトシンは恋愛ホルモンとも呼ばれ、愛情に深く関連

男性型脱毛症の主な原因は、男性ホルモンとされています。一方で草食系男子はハゲないとも言われています。女性ホルモンの中で、男性にも注目がオキシトシン。元来は女性が出産する際、子宮を収縮させたり、出産を促進したり、母乳を分泌するのに必要なホルモンとされていました。

最近になり女性だけでなく、男性も分泌することが分かっています。このオキシトシンは恋愛ホルモンとも呼ばれ、愛情や心の安定に深く関連するホルモン。

 

| 2.女性ホルモンは、正常なバランスか少ないかという視点

あくまでも人々が感じるイメージになりますが、女性ホルモン増やすとどうなるということ。お尻が大きく引き締まっていたり、胸が大きく張りがあるなどの感想。ほかには、女性らしい丸みがある体型や肌が潤った人なども。

女性ホルモンを増やすと、見た目に明白に現れるのでは、そんな風に考えている人が多い印象です。ただ女性ホルモンを見るには、正常なバランスか、少ないかという視点が必要になります。

 

| 3.バランスを調整、女性ホルモンを増やすとされるサプリ

実際には、女性ホルモンを増大させると、認められたサプリはありません。ただホルモンバランスを調整したり、女性ホルモンに似かよった働きをする成分のサプリメントは多く発売されています。一般的に、女性ホルモンの活動をアシストしていて、女性の日常生活に寄与しているもの。

グラマラスサプリ。

女を上げる2つのグラマラスサプリ【LUNA-ルーナ-ハーバルサプリメントプレミアム】

 

まとめ

さまざまな組織や器官をコントロールしている女性ホルモン。ここでは、健康や見た目の美しさに大きく影響する、女性ホルモンを増やす対処法を紹介しました。何かの折に、ぜひお役立てください。