噛み合わない人はスピリチュアルに関係するかも、そんな時の対処法



身近なところにも、噛み合わない人がいるもの。周りの人たちと話がかみ合わないと感じる場合、自身に問題がある可能性が高くなります。

また仕事やメールにlineなどが噛み合わない人がいたりと、上手くコミュニケーションが図れないと嫌になることもあります。

更に他の人とは問題ないものの、全然噛み合わないのが特定の人という場合は、自分自身だけでなく相手側にも問題があるかも知れません。

噛み合わない人は職場にもいてほとんどのケースでは、一方的に片方に問題はなく複数の原因が関連しています。

また、仕事に関する話題は大丈夫でも、個人的な話題は不得手という人もいるかも知れません。

ここでは、噛み合わない人はスピリチュアルに関係するかも、そんな時の対処法を紹介しています。

 

 

 


噛み合わない人はスピリチュアルに関係するかも、そんな時の対処法


 

| 1.前提条件は、そもそも何かをもう一度再検討するという

話題の前提条件を合わせるということ。話の当初の前提条件は、そもそも何かをもう一度再検討するというもの。

どこで話が筋道から外れていったのか、そんなことを検討して再度認識を調整することが重要。

自分自身はこういった認識で話しているので、合っているかを相手に確認し、話を進めていくことが大切です。

 

| 2.会話を進める際は、互いの認識違いが生まれるというもの

主語と述語を明確にするということ。曖昧なままの主語や述語で会話を進める際は、互いの認識違いが生まれるというもの。

特に、時間がない時や急いでいる時ほど、言葉自体を省略してしまうことにもなりかねません。

仕事の重要な案件であれば、先ほどの会話の主旨はこういうことと、確認用のメモを相手に送ると間違えません。

 

| 3.認識がどこから外れているかの確認が重要というものです

相手側の理解度を確認するということ。どこまで相手が理解しているか、認識がどこから外れているかの確認が重要というもの。

例を挙げると、上司の立場で部下に話をする場合、理解できた箇所まで話してと確認するのもポイント。

反対に部下の立場で上司に話をする時は、事前にメモを用意して話したり、この認識で合っているかと確認することが肝要。

 

| 4.噛み合わないケース、日を改めるというのも一つの対処法

仕切り直しを後日するということ。あまりに相手と話が噛み合わないケースでは、後日に日を設けるというのも対処法の一つというもの。

話しの主旨の優先度具合や重要度にも関係しますが、この話は一旦持ち帰ることを提示することも大事。

自分なりに相手の意見を整理整頓したり、伝えるべき要点をまとめたりと、準備を充分に行い後でやり直しすることも方法の一つ。

 

| 5.散らかっている状態は、その後の過程も上手くいかない

頭の中を整理整頓し、伝える力を鍛えるということ。当然ですが頭の中が散らかっている状態は、その後の過程も上手くいかないもの。

言語化は頭の中の事柄を相手が理解しやすいよう整理して、分かりやすい言葉で伝える一連の過程。

自分自身の思考を整理する力が求められますが、有効なのが論理的思考で、これは複雑なものをシンプルに考える思考法。

 

 

 


噛み合わない人は恋愛も上手くいかないもの、知っておきたい原因面


 

| 1.話し方が違うので、内容は事前に押さえておくことが大事

好む話の組み立て方が違うということ。人間は個人的に好みの話し方が違うので、内容は事前に押さえておくことが大事というもの。

例を挙げると、順を追い説明して欲しい人もいれば、結論から話して欲しい人もいます。

意思疎通の相手の好みを知ることにより、互いに苛立ってしまうという状況を回避することができます。

 

| 2.話の内容が曖昧になっているということが考えられるもの

話の内容が漫然としているということ。相手と認識が外れる要因として、話の内容が曖昧になっているということが考えられるもの。

会話の抽象度が高いというケースでは、そのぶん解釈の余地が大きいことにもなりかねません。

情報が足りないところは相手側が想像で補うので、解釈の仕方や受け取り方により筋道から外れることになりかねません。。

 

| 3.大きな隔たりがあるケースでも、会話が成り立たないもの

内容に関する知識量に差があるということ。持っている知識量や情報量に大きな隔たりがあるケースでも、会話が成り立たないもの。

ミーティングで新入社員とベテラン社員の話が全く噛み合わず、以降は機会が設けられることを失うことにもなりかねません。

商材や会社関連やサービスに関する知識量の差から、ベテラン社員と新入社員の間にギャップが生じ起こってしまいます。

 

| 4.ありのままに伝えてしまうと、理解が浅い所で留まるもの

頭の中が整理整頓されていないということ。思いついたことをありのままに伝えてしまうと、互いの理解が浅い所で留まるもの。

こうした事例は話し手側だけでなく、受けとる方の頭の中が散らかっているケースでも起こり得ます。

会話をしたり議論を進める最中に、当初の目的はこれとか、今回の話で出た結論的なものを整理整頓することが重要ポイント。

 

| 5.共通認識を持っていないと、話が段々と違う方向に進む

前提条件が違っているということ。話はじめに当初の目的や前提の共通意識を持っていないと、徐々に話が異なった方向に進むもの。

ビジネスの場面であれば、話す以前に議論の終着点や、前提になる条件などを確認することが重要。

相手が推し計らなくても主旨が理解できるように、具体的に伝えていくことが肝要。

 

 

 


全体を想像することができないもの、噛み合わない人の詳しい特徴面


 

| 1.人物と一緒にいる場合、つい苛立つことが多くなるもの

話を聞くのが苦手ということ。一緒に話が噛み合わない人といるケースでは、つい苛立つことが多くなるもの。

意識を己の話に集中させたり、聞き流してしまったりと、人の意見には一切関心を持っていません。

話の足並みがそろわないタイプは一方通行になる傾向にあり、相手の質問にきちんと答えられないことにもなりかねません。

 

| 2.唐突に違った話を始め周りがついいけないというものです

会話の出発が下手ということ。現在話題になっている事柄から、唐突に違った話を始め周りがついていけないというもの。

この手のタイプは自己主張が強いので、話題をはじめるタイミングも自分次第で、思いついた物事をその場で発言することがあります。

相手がこういう風な人物だと、話の腰を前触れなく折られてしまい、不愉快に感じることにもなりかねません。

 

| 3.聞きたいこと掴んだら後は関心が持てないというものです

自分勝手ということ。自らの欲求を満たすため意思疎通をする傾向があり、聞きたいこと掴んだら後は関心が持てないというもの。

話が噛み合わない人の傾向は、仲間の輪に突然入ってきて、自分自身が言いたいことを喋り始めるタイプ。

このような性格では周りの人たちと上手く付き合いもできず、孤立することも珍しくありません。

 

| 4.悪い人ではないのに、話が上手ではない人物がいるもの

話し方のポイントが掴めないということ。世の中を見渡すと悪い人ではないのに、話が上手ではない人物がいるもの。

主語や述語が時折抜けてしまうので、いったい何の話をしているのか、そんなことが相手が伝わり難くなることも多くあります。

常識的な価値観を持っていない人や個性が強い人物は、己の世界観で話をするので的外れな流れにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

自身に問題がある可能性が高くなります。ここでは、噛み合わない人はスピリチュアルに関係するかも、そんな時の対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。