自分のことばかり話す人の末路も心配なもの、上手くいく具体的対処法



身の回りにも、自分のことばかり話す人がいるもの。人の話はそっちのけで、自分の自慢ばかりを始終している人物。

こうした自分のことばかり話す人と相対していると、疲れるのは無論のこと、どう接したらいいか迷うことにもなりかねません。

こんな自分の事ばかり話す人物は病気や障害の場合もありますが、プライドが高く自身の意見を通したがるもの。

皆で何かを話し合っていても、既に自分の中では答えがあり、自分自身の意見を主張すれば他は関係ないと思っています。なので、話しをしていても口を開く隙を与えず、ずっと自分が喋り続けることにもなりかねません。

ここでは、自分のことばかり話す人の末路も心配なもの、上手くいく具体的対処法を紹介しています。

 

 

 


自分のことばかり話す人の末路も心配なもの、上手くいく具体的対処法


 

| 1.自分のことばかり話す人は、とにかく喋れると良しとする

相槌を適当に打ち聞き流すということ。自分のことばかり話す人は、とにかく喋れると良しとする傾向にあるもの。

相手のことは気にも留めていないので、ほどよく相槌さえ打っておくと、話を聞いてくれていると勘違いする人がほとんど。

自らの話を理解しているかは重要ではないので、そのまま聞き流していても気持ちよく話し続けます。

 

| 2.自分の話ばかりするのは、相手に対し凄いと感じさせたい

プライドが高いタイプは褒めて煽てるということ。こういった人物が自分の話ばかりするのは、相手に対し凄いと感じさせたい一心というもの。

非常に分かりやすいパターンなので、考えずに凄いとか流石などと褒めて煽てておくと、話している側の自尊心は満たされます。

煽てるほど目的は達成されるので、早めに会話を切り上げてくれることにも繋がる具体的対処法の一つ。

 

| 3.親しい関係性でない場合、必要最低限の話に留めるという

必要最低限度の会話にするということ。それほど親しい関係性でない場合、必要最低限の話に留めるというもの。

少し親しい間柄に発展すると、自分のことばかり話す人は気を許し、延々と話し続けることにもなりかねません。

なので、不必要に頷いたり理解を示したりする返し方はしないで、深入りしないようにする方が最善とも言える対処法。

 

| 4.関係の場合、相手の話ばかりを聞き続けるわけにいかない

話を聞くよう主張するということ。先々付き合っていかなければならない関係の場合、相手の話ばかりを聞き続けるわけにいかないもの。

親しくしていきたい人物であるほど、きちんと自分自身の話も聞いて欲しい、そんなことを明確に伝えます。

角が立つのは困りものですが、丁寧に相手側に伝えていくことが、親しい人間関係を長く続けるために必要な具体的対処法。

 

 

 


自分の事ばかり話す人はどうしても言いたいもの、知っておきたい心理


 

| 1.自らの話に関心があると思い違いをしているというもの

思い違いをしているという心理状況。相手の態度を見て、自らの話に関心があると思い違いをしているというもの。

相手が気を遣って相槌を打ったり、凄いなどの言葉を返すのを見て、ますます興味を持っていると勘違いします。

異性の場合は、懸命に相手の興味を満たそうと、何はさておき最優先に自分の話だけをすることにもなりかねません。

 

| 2.単純に周囲が見えなくなり、話し続けてしまうことがある

機嫌が良く饒舌になっているという心理状況。機嫌よく単純に周囲が見えなくなり、話し続けてしまうことがあるもの。

嬉しかった時の話や喜んで貰えたときの話など、その時を思い起こしながら気分を良くして話が止まりません。

単純に自分自身が非常に機嫌が良いので、相手側の人間がどう感じているかまでは気が回りません。

 

| 3.認知されることは、プライドを維持する大切なポイント

凄さをアピールしているという心理状況。能力の高い人間と周りに認知されることは、プライドを維持する大切なポイントというもの。

結果的に周りの人たちに能力の高さを認めて欲しい一心で、過去の実績や武勇伝などの自慢話ばかりをします。

職場などでは自らの立場を優位にしようとする心理が働き、他人にどう映るかまでは気が回りません。

 

| 4.言いたいことや伝えたい物事があり、気持ちが前に出る

単純に話題を聞いて欲しいという心理状況。言いたいことや伝えたい物事があり、気持ちが前に出るというもの。

驚く出来事を目にしたり、自身に降りかかる凄い物事など、どうしても誰かに聞いて欲しいというものです。

相手側を困らせようという意図はまったくなく、聞いて貰いたいという気持ちがやがて自分の事ばかりに繋がります。

 

| 5.知って欲しい、そんな気持ちが自らのことばかりを話す

好き過ぎて話が長くなるという心理状況。大好きな恋人に自らを知って欲しい、そんな気持ちが自らのことばかりを話すというもの。

本来的には大好きな恋人に気遣うべきところですが、それよりも好きすぎて口数が多くなってしまいます。

悪気があるわけでは全くなく、その真逆で好き過ぎる気持ちが働いて、自らの話ばかりになってしまいます。

 

 

 


自分のことばかり話す人は女性も男性もいるもの、見受けられる特徴面


 

| 1.自分中心に過ごしている、話題の中心も気になるものだけ

独善的で気になる話題しかしないということ。自分中心に過ごしている人は、話題の中心も気になるものだけというもの。

自らが好きなスポーツチームが活躍した話や、自分が購入した車の話など、飽くまでも話題の中心は自分です。

相手がどう思うかというよりも、先ずは自分自身がどう考えるかから出発するので、自らが気に懸るテーマしかしないことになります。

 

| 2.ストレス発散の手段として誰かと会話をするというもの

ストレスが蓄積しているということ。自分のことばかり話すタイプの人は、ストレス発散の手段として誰かと会話をするというもの。

話すこと自体に意味があるので、相手の疲れ具合とかリアクションなどは、どうでもいいことにもなりかねません。

流れるように話せる主題は自分の話ばかりになるのは当たり前で、ストレスを抱えると口数が多くなります。

 

| 3.つまらない思いを相手側がしていると感じるというもの

沈黙に耐えられないということ。会話の際の沈黙は、つまらない思いを相手側がしていると感じるというもの。

結果的に、沈黙を繋ごうとして話し続けることになり、最終的にネタが尽き自分のことばかりを話します。

沈黙に耐えられないのは人間関係への不安からで、一生懸命に話続けることにもなりかねません。

 

| 4.知って貰いたいなど、そんな自己承認欲求というものです

承認欲求が強いということ。自分自身を理解して欲しいとか知って貰いたいなど、そんな自己承認欲求というもの。

自身はこういった凄いことが出来るとか、どんな所が魅力的で素敵なのかを喋り続けます。

自らが自慢できる点や得意とする箇所を認めて欲しいので、自分のことばかりを話すことになります。

 

| 5.話の中心がくるまで辛抱強く聞くことが苦手というもの

人の話を聞くのが苦手ということ。短気な人は早く答えが欲しく、話の中心がくるまで辛抱強く聞くことが苦手というもの。

結果として、結論にすぐ触れられる自分のことばかりになりがちで、会話をすることになります。

自分のことばかり話す人は普段から落ち着きがなく、他の人の話を我慢強く聞くのが苦手というもの。

引き寄せの法則で、自分のことばかり話す人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、自分のことばかり話す人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

自分の自慢ばかりを始終している人物です。ここでは、自分のことばかり話す人の末路も心配なもの、上手くいく具体的対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。