意欲が湧かないのは因果応報かも知れない、意味を掴み解消する方法



普段の暮らしの中でも、意欲が湧かないときがあるもの。何をするにも面倒臭く、やる気が出ないという体験は、誰でも一度位はしたことがあるはず。

仕事や学業はもちろん恋愛など物事に向かって意欲がわかないと、何をしても上手くいかず、重大なミスを犯したり失恋することにもなりかねません。

こうした状態は、そのうち元通りになるとするのは危険で、うつ病などの病気をはじめ生きる意欲が湧かないということにも繋がりかねません。。

なので、意欲が湧かないとか疲れやすいと自覚した段階で、改善を求めていくのが賢明な判断。

モチベーションが上がっている時は元気なのに、一時的に気持ちが乗らない際に対処策を覚えておくと役に立ちます。

ここでは、意欲が湧かないのは因果応報かも知れない、意味を掴み解消する方法を紹介しています。

 

 

 


意欲が湧かないのは因果応報かも知れない、意味を掴み解消する方法


 

| 1.筋トレなどの軽い運動をしたり、15分間程度の散歩が

気分転換に運動をするということ。意欲がわかない時はストレッチや筋トレなどの軽い運動をしたり、15分間程度の散歩が良いもの。

身体を動かしている時には他のことをしないで、無心の状態を心掛けることがポイント。

全身の感覚を刺激すると頭の中も爽快になり、リフレッシュができて後の集中力がアップします。

 

| 2.湧かない場合、とりあえず始めてしまうという方法もある

簡単なことから始めるということ。どうしても意欲が湧かない場合、とりあえず始めてしまうという方法もあるもの。

仕事や勉強をしたくないと思っていても、机に向かって始めると、そのうち気持ちも乗って集中力が高まることもあります。

簡単なことから始めるのがポイントで、机周りの整理やメールのチェックなど、考えなくて済むようなことから始めると心理的負担がありません。

 

| 3.特に理由もなく意欲が湧かない状況に陥りやすいものです

明確に目標を決めるということ。具体的な目標がない場合、特に理由もなく意欲が湧かない状況に陥りやすいもの。

そんなときは時間を区切って小さな目標を設定することが重要で、毎日を目標達成に向かって過ごすようにします。

小さな目標をクリアすると達成感が味わえるので、意欲がわきやすくなり日々が充実しきます。

 

| 4.義務感を動機に取り組むと、段々と面倒になってしまう

興味のあることをするということ。将来にためになど義務感を動機に取り組むと、段々と面倒になってしまうもの。

そんな意欲が湧かない時は、自分自身が純粋に興味が湧き上がる物事に取り組むことがポイント。

一見役に立たないようなことでよく、損得勘定抜きにただ好きな事に打ち込んでいると、無意識にモチベーションも上がります。

 

| 5.全く見返りを期待せず頑張り続けるのは困難というもの

自らに褒美を用意するということ。どれほど努力家で厳しい人物でも、全く見返りを期待せず頑張り続けるのは困難というもの。

他人に褒められたり認められたりを意欲の動機付けにすると、思うような評価が得られなかった際は無気力になりかねません。

自分で褒美を用意するというやり方がよく、いたわりながら日々の生活をすることで、モチベーションの自己管理ができます。

 

| 6.要因となるものが日常に多ければ、やる気の足を引っ張る

嫌なことをやめるということ。どれほど強い意志を持っていても、ストレス要因となるものが日常に多ければ、やる気の足を引っ張るもの。

職場で移動願いを出してみたり面倒な友人と連絡を断つなど、自分自身が嫌だと思うことを一つでも減らします。

こうすることで心に重くのしかかっていた負担も軽くなり、意欲が湧かない状態から脱却することができます。

 

 

 


意欲が湧かない時は何をやっても駄目なもの、知っておきたい原因面


 

| 1.身体と脳を休めるため、人間にとって非常に大切なもの

睡眠不足ということ。睡眠はその日活動した身体と脳を休めるため、人間にとって非常に大切なもの。

睡眠が充分に取れていない日々が続くと、脳が前の日の状態からリセットされず、やる気や集中力を奪いかねません。

意欲が湧かない日がよくあるという人は睡眠不足が関係している可能性が高く、脳の疲労がやる気を奪っています。

 

| 2.目標がない場合、自分が何をすれば良いか曖昧になるもの

目標がないということ。終着点やゴールとなる目標がない場合、自分が何をすれば良いか曖昧になるもの。

仕事にしても恋愛にしても、どう進めれば良いのかが分からないので、意欲が湧かない状態になりかねません。

目的や目標を定めないで何かに取り組むのは、打ち込みにくい環境を自ら作っていることにもなりかねません。

 

| 3.ある程度の刺激がなければマンネリ化してくるものです

私生活に刺激がないということ。恋愛にしても仕事にしても、ある程度の刺激がなければマンネリ化してくるもの。

全部のパターンが読める単調な業務を続けていたり、長い付き合いの恋人との会話がなくなるような状態。

良く言えば安定しているものの、意欲的に取り組む気持ちが湧かないのも無理はありません。

 

| 4.続けていると、人間はストレスから段々無気力になるもの

したくないことをやっているということ。自分の意に沿わない行動を続けていると、人間はストレスから段々無気力になるもの。

例を挙げると、入社した会社で特に関心のない部署に配属され、不得手な電話対応をするなど。

こうした状況では不平不満も溜まり、モチベーションをなくすことにもなりかねません。

 

| 5.どれほど元気な人物でもパフォーマンスは落ちるものです

身体や心が単純に疲れているということ。疲労が蓄積していると、どれほど元気な人物でもパフォーマンスは落ちるもの。

普段なら楽にこなせる簡単な仕事や家事なども、疲労困憊の状態では手を付けるのも億劫に感じます。

知らない間に蓄積された疲労は、段々と人間を無気力状態に向かわせることにもなりかねません。

 

 

 


意欲が湧かないときは漢方なども考えたいもの、乗れない人の特徴面


 

| 1.物事を主体的に行っている場合、自然に意欲がわくもの

主体性がないということ。率先して自分のしたい物事を主体的に行っている場合、自然に意欲がわくもの。

他人から言われたことをこなしている状況は、意欲が湧き上がることは少なくなります。

自分なりに意味や目的を考えていれば問題ありませんが、やるしかないと諦めていると意欲は湧きません。

 

| 2.上手くいかなかった際に、何かの原因を自分自身に問う

自らを責めやすいということ。上手くいかなかった際に、何かの原因を自分自身に問うというもの。

こういった自分が駄目という考え方をしている人は、自分を責めることも多く意欲が低下する傾向にあります。

自分と他人を比べ、自らの良い部分よりも悪い箇所に注目し、上手くいっても自分の実力を認めようとしません。

 

| 3.高いハードルを自らに課す、少しの頑張りでは満足しない

自らに厳し過ぎるということ。高いハードルを自らに課すタイプは、少しの頑張りでは満足しないもの。

完璧主義のところがあり、合格点がとれる80点の出来でも、残りの20点が気に懸ります。

こんな人物はいくら努力しても自信を持てるようにはならず、意欲がわき難くなる傾向にあります。

 

| 4.変化することに対して恐怖心を持つ、不安感が湧き上がる

恐怖心が強いということ。変化することに対して恐怖心を持つと、不安感が湧き上がるもの。

面白そうなどのポジティブな面より、悪いことが起きるなどのネガティブな面に焦点を当てがちです。

こうした不安感や恐怖心が先に立ってしまう人は、モチベーションが低下する傾向にあります。

引き寄せの法則で、意欲が湧かないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、意欲が湧かないを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

やる気が出ないという体験は誰でもある。ここでは、意欲が湧かないのは因果応報かも知れない、意味を掴み解消する方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。