頑張れない末路も気に懸るもの、甘えを払拭して解決に導いていく方法



頑張れないのはなぜかを考える時、甘えではないかと思うもの。周りの人たちは頑張ってるのに、自分だけ努力できないと感じることもあります。

そうした状況が長く続いたり何回も繰り返したりすると、甘えているだけなのではと不安に襲われる人も珍しくありません。

頑張りたいのに頑張れないのは病気の場合もあり、周囲の人相談しても理解して貰えず、一人で悩み込むことにもなりかねません。

もちろん頑張れないのは仕事にしても勉強にしても、単純に甘えというわけではなく、そこには何かしらの原因がある場合がほとんど。なので理由をきちんと掴み対応していくことが、将来に向かって役立ちます。

ここでは、頑張れない末路も気に懸るもの、甘えを払拭して解決に導いていく方法を紹介しています。

 

 

 


頑張れない末路も気に懸るもの、甘えを払拭して解決に導いていく方法


 

|  1.自分自身が抱いている目標や目的を見直すというものです

目標や目的を再検討するということ。最初にしたいことが、自分自身が抱いている目標や目的を見直すというもの。

あまりに設定している目標が大き過ぎたり漫然としていたりすると、何から手をつければ良いか分からず頑張れないことに繋がります。

多くの目標や目的を持っているケースでは、その優先順位や必要性を整理整頓するようにします。

 

| 2.明確に思い出すことで再び前に向かい進むことができます

頑張った先をイメージするといこと。何のために目標達成に向かうのか、そんなことを忘れないようにするというもの。

当初の目的が変わり頑張れない状態になることもあり、明確に思い出すことで再び前に向かい進むことができます。

また目的意識は自主的である方が、モチベーションを高く維持できるという心理的な効果もあります。

 

| 3.着実にできることから始め、徐々に達成していくという

目標を細分化するということ。自分自身が着実にできることから始め、徐々に達成していくというもの。

確実に達成できる事柄に取り組むことになるので、モチベーションも上がりやすく、段階ごとに満足を得られ自信になります。

人間は手を付けたものを最後まで完遂したいという気持ちもあり、先ずは些細な物事から始めるのが良いかも知れません。

 

| 4.精神面や肉体面の疲れを癒す時間を設けるというものです

疲れを癒すということ。頑張りたいときほど甘えをなくすため、精神面や肉体面の疲れを癒す時間を設けるというもの。

疲労が蓄積していると頑張れなくなり、効率が悪くなったりするほか、心身の不調に襲われることにもなりかねません。

充分に睡眠をとるのはもちろん、運動をしたりバランスの良い食事を摂り、趣味を楽しんで精神的ストレスから離れるよう心掛けます。

 

| 5.甘えとも言える悩みは、中々他人には理解してもらえない

自分一人で抱え込まないということ。頑張りたいのに頑張れない甘えとも言える悩みは、中々他人には理解してもらえないもの。

こういった理由から一人で抱え込むことが多く、毎日が思い悩むことにもなりかねません。

カウンセラーと一緒に考えるのが払拭する近道で、経験や考え方について相談しながら整理することで解決方法に向かいます。

 

 

 


仕事で頑張れないのは甘えからということも、知っておきたいその理由


 

| 1.そのこと自体を評価して貰えないと人間は嫌になるもの

頑張りが評価されないということ。誰かのために頑張っている場合、そのこと自体を評価して貰えないと人間は嫌になるもの。

例を挙げると、家族のために頑張っていても、感謝もなかったり不満不満を言われたりすると投げ出したくなります。

否定されたり評価されないことが続くと、頑張っても役に立たないとモチベーションも下がることになります。

 

| 2.感じた際、自分自身が情けないような気持ちになるもの

既に充分頑張っているということ。頑張れないと感じた際、自分自身が情けないような気持ちになるもの。

但し、努力を測る明確な数字というものはなく、現実的には既に充分頑張っている可能性もあります。

日常生活で無意識に頑張っているのに更に頑張ろうとすると、ストレスから心身に不調をきたすことにもなりかねません。

 

| 3.未来が見えていない場合、人間は思うように頑張れない

頑張った先が見通せないということ。頑張った先に意味のある未来が見えていない場合、人間は思うように頑張れないもの。

こういった目標がなければ努力ができないというのは、多くの人が経験しています。その目標達成に向けての目的が明確になっていないと、努力するモチベーションも下がることにもなりかねません。

 

| 4.頑張れないときは、心身が疲労している可能性があるもの

疲れているということ。頑張りたい気持ちはあるのに頑張れないときは、心身が疲労している可能性があるもの。

そうして状態の場合、脳や肉体が休息を必要とするため、人間は思うように頑張れなくなります。趣味や遊びなど好きなことをしていても、様ざまな疲れが蓄積し頑張れないという甘えが生じます。

 

| 5.感じられない場合、人間は思うように頑張れないものです

やり甲斐を感じられないということ。自らがしたいことでなくやり甲斐を感じられない場合、人間は思うように頑張れないもの。

仕事にしても学業にしても、努力の成果を実感し難いほど頑張れなくなる傾向にあります。

金銭目的のためだけで仕事をしたり、興味も湧かないのに勉強をしたりする場合、努力へのモチベーションは上がりません。

 

 

 


努力どころではないということもあるもの、頑張れない人たちの特徴


 

| 1.流されてしまうと努力したくても身体が反応しないもの

誘惑に流されるということ。誘惑が多かったりする環境にいた場合、流されてしまうと努力したくても身体が反応しないもの。

友人からの誘いはもちろんのこと、巷に溢れる娯楽やネット関連など、非常に強い誘惑の状況は要注意。

頑張りたいと心機一転していても、気づかない間に誘惑に流されることにもなりかねません。

 

| 2.努力というのは、何かの到達点に向かって取り組むもの

そもそも目標を持っていないということ。努力というのは、何かの到達点に向かって取り組むもの。

結果的に目標や終着点を考えていない場合、頑張ること自体が不可能になります。自らの目標がないため、本来できるはず頑張りが甘えに繋がっているのかも知れません。

 

| 3.できないタイプに多く見られるのが、理想の高い人という

理想が高過ぎるということ。頑張ることができないタイプに多く見られるのが、理想の高い人というもの。

あまりにも自分とかけ離れた理想を持っているとと、例え努力をしても早々は報われません。

達成感を味わい難いので、努力が無駄なものに思え頑張れないという甘えが生じます。

 

| 4.心の奥底にトラウマとして強く残っているというものです

過去のトラウマということ。挫折した大きな経験が過去にあり、心の奥底にトラウマとして強く残っているというもの。

達成意欲が高い人物は過去の成功体験より、一層の成果を求めて努力を惜しむことがありません。

但し、過去に挫折や失敗経験を重ねていると、努力が無駄と考え頑張れない甘えに繋がります。、

 

引き寄せの法則で、頑張れない甘えを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、頑張れない甘えを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

自分だけ努力できないと感じることもあります。ここでは、頑張れない末路も気に懸るもの、甘えを払拭して解決に導いていく方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。