自分を作る人の末路も心配なもの、疲れ果てたときに試みたい対処法



世知辛い現代社会に生きていると、自分を作ることもあるもの。世間の中には面倒臭い人間関係もあり、無意識のうちに自分を作って生活することもあります。

自分を作るのは一方で偽ることと同義語ともなり、作り続けていると疲れ果てることにもなりかねません。なので自分を作るのはしんどいという声も多く、本音を隠し事実を歪曲するのはかなり辛いところ。

自分を作る人は周囲の人たちに合わせることができるメリットもありますが、本当のところはデメリットの方が多くなりかねません。

自分を作る方法なども言われますが、できれば自然体の自分らしさを出して暮らしたいものです。ここでは、自分を作る人の末路も心配なもの、疲れ果てたときに試みたい対処法を紹介しています。

 

 

 


自分を作る人の末路も心配なもの、試みたい疲れ果てたときの対処法


 

| 1.やめるには、嫌われる自覚を持つことが必要になるもの

嫌われる自覚を持つということ。自分を作ることをやめるには、嫌われる自覚を持つことが必要になるもの。

自分を作る人物の大部分は嫌われたくないと思っていますが、逆転の発想から嫌われても良い、そんな自覚を心の内でします。本来の己を理解してくれる人とのみ付き合えばいいと割り切れば、自分を作る回数も減ってくるはず。

 

| 2.対処法の一つが、本来の自分自身と相対するというもの

本来の自分自身と相対するということ。自分を作ることに疲れ果てた時の対処法の一つが、本来の自分自身と相対するというもの。

素の自分自身はどのような人間で、どのような考え方や気持ちを持っているのか、そんな本来の己と向き合います。ありのままの己で良いと、先ず自ら率先して認めることが嫌われる自覚にも結び付きます。

 

| 3.すべきことの一つに、好かれたいと考えないというもの

好かれたいと考えないということ。自分を作らないためにすべきことの一つに、好かれたいと考えないというもの。

特に恋愛関係で見ると、好意を持つ相手に好かれたいのは当たり前ですが、作り上げた己を好きになってもらっても意味はありません。

敢えて好かれたいと考えないと、作った己でなく自然体のまま他の人たちと関われるようになります。

 

| 4.疲れ果てたたときの対処法に、一旦距離を置くこともある

一旦距離を置くということ。自分を作るのに疲れ果てたたときの対処法に、一旦距離を置くこともあるもの。誰かを前にして自分を作らなくてはならないケースでは、その相手とは一旦距離を置くようにします。

仕事上では必要最低限の関わり合いにして、プライベートは本心で触れ合える人物のほかは適度な距離感にします。

 

| 5.すべきことの一つが、気持ちを前面に出していくという

気持ちを表に出していくということ。自分を作らないためすべきことの一つが、気持ちを前面に出していくというもの。

先ずは、己の中にある本当の気持ちというものを、自身がしっかりと理解していなくてはなりません。長い期間に渡り自分を作っているケースでは、本心が分からなくなっていることもあり、そんな作る気持ちを外に出していくことが大事。

 

| 6.疲れ果てたたときの対処法に、己は己と割り切るという

踏ん切りを付けるということ。自分を作るのに疲れ果てたたときの対処法に、己は己と割り切るというもの。

他人と比べたり周りの評価を気にして自分を作りますが、己は己とはっきり踏ん切りを付けます。そうすれば他の人と比べる必要などはなく、自分らしく振舞えば良いと考えると気持ちも楽になります。

 

 

 


自分を作るには様ざまなことを捨て去るもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.良く見られる傾向が、周りの視線が気になるというもの

周りの視線が気になるという心理状況。自分を作る人物に良く見られる傾向が、周りの視線が気になるというもの。自分を作っている人は周囲の人たちにどう映っているか、そんな評価が気に掛かって仕方がありません。

囁き声などが近くから聞こえてきたケースでは、自身のことをしているなど、必要以上に怯えてしまうことになりかねません。

 

| 2.認められる部分が、他の人から嫌われたくないというもの

嫌われたくない心理状況。自分を作る人に認められる部分が、他の人から嫌われたくないというもの。

自分を作る最大の理由と捉えても良いものの一つで、周囲の人々から嫌われたくない願望が根強くあります。こうした感情は少なからず誰にでもあるものですが、度が過ぎると八方美人になることもあり警戒が必要。

 

| 3.見られるものに、良い人間と思われたい期待があるというもの

良い人間と思われたい心理状況。自分を作る人に見られるものに、良い人間と思われたい期待があるというもの。

あの人物は良い人間と噂される人がいるように、自分を作る人も周囲にそう思われたい感情が強くあります。

こうした気持ちの裏側には自信がないということがあり、だからこそ周りの人たちから良い人間と呼ばれたいことになりかねません。

 

| 4.好かれたいという希望を込めた気持ちが隠れているもの

好かれたいという心理状況。自分を作る人物の心の底には、好かれたいという希望を込めた気持ちが隠れているもの。

嫌われたくない心理状況とは似ていますが、それより自分を作る人は周りの人に好かれたいという気持ちが強くあります。

こういった好かれたい気持ちや一番になりたい願いがあるので、本音を押し隠して自分を作ることにもなりかねません。

 

 

 


覚えておくとある程度は役に立つこともある、そんな自分を作る方法


 

| 1.することの一つが、本音を押し隠し相手と付き合うという

本音を隠すという方法。自分を作るためにすることの一つが、本音を押し隠し相手と付き合うというもの。

自分を作るのは本音や本心を隠して違うことを発言するということなので、本当のことを口にしていると作ることなどできません。

結果的に、自分を作る方法は本音を隠し周りの人たちの出方を伺うことが大事で、これは欠かせないことの一つ。

 

| 2.何でも迎合し周りの人たちに合わせていくというものです

周りに合わせるという方法。自分を作る方法の一つが、何でも迎合し周りの人たちに合わせていくというもの。

例えその主張が自分の意見と違っていても、心を偽り敢えて周囲に合わせていくように意識します。自分を作ることが多い人物は、本音を押し隠して周りに合わせるので、これが第一歩と言えることになりかねません。

 

| 3.方法の一つにあるのは、何事も人数の多い方に賛成する

人数が多い方に賛成するという方法。自分を作る方法の一つにあるのは、何事も人数の多い方に賛成するというもの。

多数決などがあるケースでは己の意見と異なることもありますが、そんなときは角を立てないよう人数が多い方に賛成することを心掛けます。

少数派を支持する場合、変わった人と受け取られる可能性もあり、多い方に賛成しておけばそういうイメージを与えることもありません。

 

| 4.方法の一つに、己の主張があっても一旦は我慢するという

我慢をするという方法。自分を作る方法の一つに、己の主張があっても一旦は我慢するというもの。

己の言いたいことを何でも口に乗せていると、とても自分を作っているとは言えません。これを主張すれば相手はどう感じるか、そんなことを考えてみる習慣をつけると、自然に我慢することができるようになります。

 

引き寄せの法則で、自分を作るから脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、自分を作るから脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

無意識に自分を作って生活することにもなる。ここでは、自分を作る人の末路も心配なもの、疲れ果てたときに試みたい対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。