回避依存症の末路も気懸りなもの、治し方にも通じる人との付き合い方



周りを見渡すと、回避依存症の女性や男性がいるもの。人間を好き嫌いで別けるのはあまり良くないことですがと、生きている以上どうしても付き合いたくない人もいます。

更に、そうしたことが昂じた場合、深い人間関係を築くことに直面しないようにする、回避依存症ともなりかねません。

人間には元来他人と仲良くなりたい気持ちと、壁を作って自分自身を知られたくない気持ち、そんな相反する二つの感情が共存しています。

このうち精神的に他の人と近い関係になるのが怖かったり、ある程度の距離を維持していたいというのが回避依存症

理想的ともいえる心が落ち着く人間関係を、意図的にあるいは非意図的に避けるというもの。それらは親子関係をはじめ、友人関係や恋愛関係、仕事仲間との関係など多岐に渡ります。

ここでは、回避依存症の末路も気懸りなもの、治し方にも通じる人との付き合い方を紹介しています。

 

 

 


回避依存症の末路も気懸りなもの、治し方にも通じる人との付き合い方


 

| 1.一層大きく感じられ、印象として心に刻まれることになる

接する時は感情を表さないようにするということ。気持ちを込めるのは喜怒哀楽が一層大きく感じられ、印象として心に刻まれることになるもの。

ネガティブな感情が露わになるのが明らかなケースでは、己の気持ちをできる限り虚心坦懐に保つようにします。

直接話さなければならない場合も、なるたけ事務的に対応するようにすると、苛立つ気持ちも湧き上がらなくなります。

ネガティブ感情を湧き起こさないように心掛けていると、一緒にいたとしてもそれほど心を乱されることはありません。

 

| 2.状況は己が変える努力をすることで、改善できる時もある

相手を変えることに固執しないということ。直面する状況は己が変える努力をすることで、改善できる時もあるもの。

但し、多くのケースでは己では状況を転換させることはできず、まして他人の人柄や性格を変化させるのは不可能ということになりかねません。

結果的に、自らコントロールできないときは、他の人のすること対し深く固執することのないよう心掛けます。こうした態度が嫌いな人や苦手な人と相対する状況でも、気にしないで避けることなく過ごしやすくなります。

 

| 3.現実があるケースでは、己が制御できることもあるもの

その人物に掛ける時間が、割に合わないと理解するということ。苦手や嫌いな人物がいるという現実があるケースでは、己が制御できることもあるもの。

それは、その人のことを考え続けてネガティブ感情に捉われるか、一旦横に置き他の有益な活動に思いを集中させるかを選択すること。

避けたい人物のことを何時まで経っても考え時間をつぶすのは、己の人生の一局面として非常に勿体ないと言わざるをえません。

こうした思考パターンに己自身を転換していくと、気持ちを上手にコントロールできるようになります。

 

| 4.避けたり話さないなど、そんな素っ気ない態度になるもの

何が原因で気になるのかリスト化するということ。嫌いな人タイプの人には避けたり話さないなど、そんな素っ気ない態度になるもの。

そういった一時的な退避策ではなくて、抜本的に問題解決していくことを目指すことも大切。離れることもポイントになりますが、どんなことが要因で大きなギャップが間にできたのか、論理的に突きとめて見ることも重要です。

気にしないではいられない物事をリスト化し、どうすれば問題解決に結び付くのかを検討するのも、治し方にも通じる人との付き合い方の一つ。

 

| 5.暇な時間が増えると、避けたい相手のことが頭に浮かぶ

他の事柄に熱中し、存在を忘れるということ。何もしない暇な時間が増えると、どうしても避けたい相手のことが頭に浮かぶもの。

そういった際は、一旦何も考えず己の成すべき事柄に向かって、頭を中を切り離し集中するようにします。思考中に嫌いな人を避けるようにし、その存在すら忘れてしまうように心掛けます。

どうしても会話しなければならない、そんなことが生じない限り、避ける一因ともなる相手を脳裏から消し去るようにします。

 

| 6.打ち勝ったという体験は、人間を大きく成長させるもの

成長の糧として、前向きに向かうということ。難しい場面に打ち勝ったという体験は、人間を大きく成長させるもの。

苦手だったり嫌いな避けたい相手がいるという局面も、己の人生にとってはかなり難しい問題の一つ。

認識を変えると避けたい人物は、難局を乗り越えるという成長の糧、そういったことを触発してくれるというもの。

避けたい気持ちに変化はありませんが、感謝の心を相手に持ち前向きに捉えることで、嫌いな気持ちをコントロールできます。

 

 

 


回避依存症は愛情表現も違ってくる、知っておきたい女性や男性心理


 

| 1.ライバル視している関係でも、嫌いな感覚が心に芽生える

相手に優位性を感じているという心理面。ライバル視している関係でも、嫌いな感覚が心に芽生えることがあるもの。

相手の方を優位に思うと嫉妬心やコンプレックスが湧き起こり、どうしてもその人を気に掛けないでいることが難しくなりかねません。

己の状況と比較してしまうことも多くなるので、苛立ったり憎しみの感情から、その人物を避けることに繋がります。

 

| 2.因縁となる物事があり、如何にしても好意を持てないと

酷い仕打ちを受けたという心理面。双方の間柄で因縁となる物事があり、如何にしても好意を持てないというもの。

恋人を奪われた過去があったり、同じ道を進む約束していたのに裏切られたなど、様々なことが切っ掛けになります。

そうした酷い仕打ちを受けてしまったケースでは、いくら以前は親友であっても距離が離れることにもなりかねません。

 

| 3.相手に常に己自身を悪く評価されることがあるものです

陰口を言われるという心理面。どうしても馬が合わず、相手に常に己自身を悪く評価されることがあるもの。

両者とも大人なので喧嘩が起こったりはしませんが、どうしても一緒にいたいとは思えず、お互いに避けるように過ごしています。

こうした際に陰口を叩いていることが伝わると、相手を大嫌いと感じることになりかねません。

 

| 4.邪魔に思えてしまう、そんなシチュエーション自体もある

己とキャラが似ているという心理面。どうにも相手のことが邪魔に思えてしまう、そんなシチュエーション自体もあるもの。

己のキャラや姿勢が似通っている相手がそうで、職場が一緒の場合はどうしても距離を離したり避けることにもなりかねません。

何も悪いことををしているという訳ではありませんが、客観的に鏡に映る己を見ている気分で、どうしても苦手な人にしか思えません。

 

 

 


回避依存症には試し行為と呼ばれるものもあるもの、注意したい特徴面


 

| 1.消耗してしまうのを避け最小限で抑制しようとするもの

対人関係で激情を避けるということ。激しく感情が対立してしまうことに恐怖心を感じ、消耗してしまうのを避け最小限で抑制しようとするもの。

いつも交流関係以外の物事に没頭し、何かしらの忙しい環境を設けて感情的な接触を避けるようにしています。

片方で、人生に興奮や情熱などを巻き起こしたくて、ギャンブルやアルコールなどに深入りするというところもあります。

 

| 2.支配されることを逃れるため、己自身を知られないように

己自身を秘密にするということ。相手に追及されたり支配されることを逃れるため、己自身を知られないようにするというもの。

ほんの些細な事柄でも相手に隠し通すのは無論のこと、秘密を設けて己を悟られないようにします。

欲求などを声高に主張することはなく、相手側に察して欲しいと無言の圧力を掛け続けます。

 

|  3.怒っている振りなど、様々な手段で他人を避けるという

親密な接触を回避するということ。会話をしないのはもちろbんのこと、恐怖に怯えた振りや怒っている振りなど、様々な手段で他人を避けるというもの。

ほかにも、敬語などを使用して丁寧に相手と接するようにし、そういう姿勢を元に逆に距離をとったりします。

更に、感情を表に出さないポーカーフェイスだったり、問題部分には触らないなと、様ざまなやり方で親密な触れ合いを避けます。

 

引き寄せの法則で、回避依存症の末路から脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、回避依存症の末路から脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

相反する二つの感情が共存しています。ここでは、回避依存症の末路も気懸りなもの、治し方にも通じる人との付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。