性格悪い女の末路も気に懸かるもの、掴んでおきたい上手な付き合い方



身の回りの身近な場所にも、性格悪い女がいるもの。こうした女性が日々顔を合わせる、職場や学校にいたら接し方に困ってしまうもの。

ドラマやアニメなどの中では物語の敵役ともなる存在ですが、現実の世界では関わり合いになりたくないのが本音です。

できる限り顔を合わせたくない性格の悪い女性ですが、もし同じ職場にいたりと定期的に顔を合わせるようであれば避けては通れることはできません。

もちろん性格悪い女友達というのもいて頭にくることを言われた場合、仕返しなどをしようとすれば大きなトラブルに繋がるだけ。なので、こうした迷惑でしかない女性は、その対応の仕方を覚えておくと役立ちます。

ここでは、性格悪い女の末路も気に懸かるもの、掴んでおきたい上手な付き合い方を紹介しています。

 

 

 


性格悪い女の末路も気に懸かるもの、掴んでおきたい上手な付き合い方


 

| 1.邪魔をされたりしても、怒っていてはエネルギーの無駄

スルースキルを身に着けるということ。性格悪い女に頭に血がのぼることを言われたり、物事の邪魔をされたりしても、怒っていてはエネルギーの無駄遣いというもの。

相手の攻撃的態度や悪口を真っ向から受けないで、性格悪い女に対しては何をされても受け流せるスルースキルを身に着けることが重要。

何を言っても無駄だと踏ん切りをつけ、嫌なことを言われたとしても気にせず、大人の対応をするのが最善というもの。

 

| 2.気をつけたいのが、プライベートな事柄を言わないという

個人的な話はしないということ。性格悪い女と会話する時に格別気をつけたいのが、プライベートな事柄を言わないというもの。

自分自身の話を打ち明けるのは、足元をすくわれる可能性もある上、噂話にされることにもなりかねません。恋愛話なども大好物で嫉妬されたり邪魔立てされるかも知れず、必要な会話以外はできる限りしないようにするのが賢明な判断です。

 

| 3.学ぶというスタンスで対応する方が上手な付き合い方と

反面教師にして学ぶということ。性格悪い女に対しては、反面教師として学ぶというスタンスで対応する方が上手な付き合い方というもの。

身勝手で周りの人たちに迷惑をかける姿勢や振る舞いを、悪いお手本として自分自身を見直す切っ掛けにします。

似たような行動をしていることに気付くことがあるかも知れず、自らを成長させるためにも性格悪い女をしっかり観察することは大切。

 

| 4.理不尽な振る舞いと、性格悪い女の言動には悩まされる

思い悩んで無駄な時間を過ごさないということ。理不尽な振る舞いをされたり短所を指摘されたりと、性格悪い女の日頃の行いには悩まされることも多いもの。

但し、何時まで経っても性格悪い女の言動に対し、思い悩んでいるのは尽きることがありません。自らの大事な時間を守るためにも、思い悩んで無駄な時間を過ごさないということは重要なポイントの一つ。

 

| 5.否定的な発言で他者を苛立たせる力を持っているものです

感情的にならないということ。性格の悪い女性というのは、否定的な言葉で人を苛立たせるある種の能力を持っているもの。

例を挙げると影口を言われたとき、イライラしてしまうと相手側の思う壺ということにもなりかねません。何をされても感情的にならないで、冷静さを保っていくのが大人の上手な付き合い方というもの。

 

 

 


性格悪い女は顔つきにも表れるもの、知っておきたいその特徴的な面


 

| 1.非があった場合、謝ろうとしない女性は性格の悪い人と

自らに非があっても謝らないということ。仕事やプライベート面で明らかに自分自身に非があった場合、謝ろうとしない女性は性格の悪い人というもの。

それほど悪い事をしたと開き直るパターンも多く、他人に頭を下げるのは負けだと思っています。無理に謝罪しろとはなりませんが、他人に迷惑を掛けて謝罪の言葉の一つもないのは、当たり前に好印象は抱くのは難しいもの。

 

| 2.何故か他の人を見下す習慣が染み付いているというもの

基本的に人を見下しているということ。性格が悪い女の人ほど、何故か他の人を見下す習慣が染み付いているというもの。

とにかく他人の揚げ足を取りたがり、自分自身より何かが劣っている人から優秀な人物まで、基本的に他人を褒めようとしません。どれほど地位がある人でもただの成り上がりとなり、性格が悪い女の中では関係がありません。

 

| 3.どうしたら良い方向に進むか、そんなことに頭を働かせる

すぐ責任転嫁するということ。会社で残業続いた場合、性格の良い女性はどうしたら良い方向に進むか、そんなことに頭を働かせるもの。

一方で、性格の悪い女ほどどうして自分ばかりがこうなるなど、悲劇のヒロインを気取ってしまいがちになります。自分自身の行いを見直すことなどは一向にせず、全てを周りの環境や他者に責任転嫁するだけです。

 

| 4.いつも自分自身の気持ちに正直で従順なところがあるもの

不機嫌な態度を前面に出すということ。性格の悪い女は、いつも自分自身の気持ちに正直で従順なところがあるもの。

相手がどう思うか深く考えることができず、自身が不機嫌になると周囲の人たちに撒き散らす悪いところを持っています。

引き摺られて不機嫌になるのは勿体ないので、相手側の機嫌が戻るまで暫く距離を置くようにすることが大事。

 

| 5.悪い女ほど部下や後輩に対して、優しくできないというもの

部下や後輩に対しては強気にでるということ。性格の悪い女ほど部下や後輩に対して、優しくできないというもの。

経験が少ないだけ部下や後輩はミスをしやすいものですが、性格の悪い女は人の失敗に対し執拗に指摘する傾向があります。

相手側の気持ちを考えると自尊心を傷付けられ良い気持ちはしませんが、自分より弱い立場の人物に対しては容赦がないのも性格悪い女の傾向。

 

 

 


性格悪い女がモテるとされることもあるもの、注意したい心理的な面


 

| 1.全てが自意識が異常に高いところから出発しているという

プライドが異常に高いということ。性格の悪い女がそういった傾向にあるのは、全てが自意識が異常に高いところから出発しているというもの。

本来なら自らに自信がないのも認めたくない上、弱さを曝け出したくないので、プライドを大上段に振りかざしているだけ。他の人の陰口を言ったり揚げ足を取ったりするのも、自分自身の弱さを隠すためにやっているだけです。

 

| 2.当然と思って感謝の気持ちがないのも性格悪い女という

感謝の気持ちが持っていないということ。他人に何かして貰った場合、当然と思って感謝の気持ちがないのも性格悪い女というもの。

ありがとうなどの感謝の言葉がないのはもちろんのこと、現状にも中々満足することがありません。親切にした側の気持ちからすると、せっかくして上げたのにと言いたいところですが、仕方ないということにもなりかねません。

 

| 3.すぐ言い分けし自らを正当化する人物は嫌われやすいもの

言い訳ばかりということ。仕事が上手くいかないときに上司などから注意を受けた場合、すぐ言い分けし自らを弁解する人物は嫌われやすいもの。

注意を受けた時こそ成功への足がかりですが、それを省みないのも性格の悪い女に見られるところ。自分自身の将来的に伸びるチャンスより、現状維持で何もしたくないと思っています。

 

| 4.話が自分に振られないと不機嫌な顔になる人がいるもの

自分が中心でいたいということ。グループで雑談をしている時、話が自分に振られないと不機嫌な顔になる人がいるもの。

性格悪い女がそうで、常に他人から注目されていたいところがあり、それは人一倍承認慾求が強いから。盛り上がっているときは常に自分中心でいたいと思っていて、自分さえ良ければという考え方からきています。

 

引き寄せの法則で、性格悪い女を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、性格悪い女を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

職場にいたら接し方にも困ってしまう。ここでは、性格悪い女の末路も気に懸かるもの、掴んでおきたい上手な付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。