強欲な人の末路も気に懸かるもの、孤独になるのを避け治していく方法



身の回りにも、強欲な人がいるもの。普通では考えられない欲望の持ち主で、欲張りであれもこれもと欲求が収まることがありません。

一般的な人の場合、ある程度の欲求が満たされれば満足するものですが、強欲な人というのはそれだけでは全く足らず、可能な限り欲を満たそうとします。

そういった欲しがる気持ちは尽きることがなく、時には他人が持っている物を奪ってでも自らの心を満たそうとします。

更に強欲な人というのは何かを欲しがるだけではなくて、他人を自らの思惑通りに動かしたいと考えているもの。なので、身近な場所に強欲な人物がいれば、その対応に苦慮することにもなりかねません。

結果的に自分が強欲な人間であるとの自覚があるときは、将来的にも修正していく方が断然良いことになります。ここでは、強欲な人の末路も気に懸かるもの、孤独になるのを避け治していく方法を紹介しています。

 

 

 


強欲な人の末路も気に懸かるもの、孤独になるのを避け治していく方法


 

| 1.先行してしまう場合、それだけで強欲な性格が加速する

本当に必要か考えるよう癖を付けるということ。何事も先ず欲しいという気持ちが先行してしまう場合、それだけで強欲な性格が加速するもの。

改善していくためには、常に一旦立ち止まり本当に必要なものなのかを、冷静に考える習慣を持つことがポイント。手に取って反射的に欲しいと思ってしまうと、手に入れること以外は考えられなくなることにもなりかねません。

思考の時間をとることが重要で、一歩踏みとどまる癖をつけると、欲張りな気持ちより取捨選択の理性の方が勝り、強欲な性格を治していくことに繋がります。

 

| 2.なってしまう人物は、現状に満足できていない傾向が強い

感謝の心を意識するようにするということ。強欲な欲張り状態になってしまう人物は、現状に満足できていない傾向が強いもの。

現在持っているものに対して不足や不平不満を抱えているので、もっと欲しいという感覚が段々強くなってしまうことにもなりかねません。

実際は忘れてしまっているだけで、既に持っているものであったり近くのものに、本来の重要な物事が隠れているのかも知れません。

改めて自らの周りを見つめ直すことが大切で、あるものに感謝の気持ちを持つようにすると、新しいものを欲しがらなくて良くなります。

 

| 3.他の人からどう思われるかは欠かせない感情というもの

人目を気にし過ぎないということ。人間が社会で生きていく上で、他の人からどう思われるかは欠かせない感情というもの。

但し、こういった感情を優先し過ぎてしまうと、本来必要でないものを手に取り過ぎてしまうことにもなりかねません。

強欲な人は、自らの本心からの欲求ではなくて、他人にどう見られるかに重点を置き過ぎる傾向があります。見栄を張り続けるには金銭や時間に労力など、無限に消費することになるので、そんな部分を改めるようにします。

 

| 4.容易ではなく、それは歩んできた自らを否定することに

少し制御するということ。性格を変えるのは容易ではなく、それは歩んできた自らを否定することになるもの。

自分の強欲な性格が嫌で本当に変えたいと強く願うのなら、性格を変えるよりは主張し過ぎている箇所を、少し制御していく形がベターです。

強欲で嫉妬深い性格というのも、上手く使えばプラスになることもあり、それは時と場所によるというもの。我慢することなく発散している箇所を、少し自制するだけでも多少の変化が出るので、自らを客観的にみて抑えていくことが重要ポイント。

 

 

 


強欲な人はスピリチュアルに関係するかも知れない、その詳しい特徴面


 

| 1.それが自らにとり利益になるか損になるかを考えるもの

損得勘定で行動するということ。強欲な人は何をするにしても、それが自らにとり利益になるかになるかを考えるもの。

得になると判断すると行動に移しますが、少しでも損になりそうな危険を感じると、決して手を出そうとはしません。

結果的に何か頼まれ事があった場合、強欲な人は人情より自分自身の損得勘定を優先させることにもなりかねません。強欲な人は計算を素早く緻密にするのが上手く、親しい人や身内でも得にならなければ冷たく拒否します。

 

| 2.異常に高いので、常に自らが一番でなければ我慢できない

プライドが異常に高いということ。強欲な人は自己愛も強くプライドが異常に高いので、常に自らが一番でなければ我慢できないもの。

結果として、自らより優秀な人物の存在が許せず、悪口を言ったり邪魔立てしたりすることにもなりかねません。強欲な人物は無意識の間に他人と比較することも多く、妬ましいとか羨ましいという気持ちが起こりやすくなります。

自分では意識していませんが強欲な人は被害者意識も強く、自分ばかりが損をしていると思い込むことも珍しくありません。

 

| 3.欲求を最優先させ欲しいものは、何としても手に入れる

自己中心的ということ。強欲な人は自己中心的なので、常に自らの欲求を最優先させ欲しいものは、何としても手に入れるというもの。

周りの人たちの迷惑も顧みずやり遂げる上、独占欲も強いので分かち合うことはせず、人にしても物にしても独り占めします。仲の良い同僚や友人を独り占めしていることも多く、他の人たちと親しくすることは嫌います。

更に部下や同僚からの人気や人望なども独占したがり、自己中心的なところが前面に出て自分さえ良ければという姿勢です。

 

| 4.置かれても、決して満足感を得ることが出来ないという

心が満たされないということ。強欲な人はどんな状況に置かれても、決して満足感を得ることが出来ないというもの。

例を挙げると、多くの人は念願のマイホームを手にすることができた場合、満足感が溢れる気持ちになります。但し、強欲な人はもっと欲しいとかもっと沢山手に入れたい、そんな気持ちから逃れることはできません。

マイホームではどんな大豪邸が手に入っても満足することはなく、心が決して満たされることがないのが強欲な人の悲しい傾向。

 

 

 


ポジション的な立ち位置も気にする、知っておきたい強欲な人の心理面


 

| 1.羨ましがるのは、無意識に他人と自らを比較しているから

他人と自らを比べたがるという心理面。強欲な人が他者を羨ましがるのは、無意識に他人と自らを比較しているからというもの。

特に同様なレベルにある人物をライバル視することがあり、時分勝手に闘志を燃やしは突っかかることにもなりかねません。少しでも自分自身より劣っている箇所を見つけては、下の立場にいると安心しています。

 

| 2.他の人より不幸である、そんな風に強く思っているという

被害者意識が強いという心理面。強欲な人は自分自身が他の人より不幸である、そんな風に強く思っているというもの。

こんな考えが基本にあるので益々強欲になり、些細なことでも他人に対し嫉妬心を持ってしまいかねません。但し、自らが被害者意識を持っていると自覚していないことも多く、嫉妬心に囚われやすくなる傾向にあります。

 

| 3.とにもかくにも、誰より自らが一番でないと気が済まない

自らが一番という心理面。強欲な人というのはとにもかくにも、誰より自らが一番でないと気が済まないもの。

一緒にいる格下に思っている人を、少しでも他人が誉めると笑顔で接していても、心の中は嫉妬で爆発寸前になっています。

経済的にも金銭的にも強欲なところがあり、自分自身より下の人を周囲に置き、自らが一番に見えるような状況を作ります。

 

引き寄せの法則で、強欲な人を脱却。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、強欲な人を脱却。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

あれこれ欲求が収まることありません。ここでは、強欲な人の末路も気に懸かるもの、孤独になるのを避け治していく方法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。