嫌味を言う人の末路も気になるもの、口を開かせないで済ませる対処法



身近なところにも、嫌味を言う人がいるもの。職場などにも一人はいて、そんな嫌味を言う態度に飽き飽きすることにもなりかねません。

もちろん嫌味を言う親などもいますが、嫌味を言う人というのは誰にでも同じような皮肉を言っている訳ではありません。

相手が部下であるとか年下など抵抗してこない人間や、自分よりも下の立場だと思っている相手を選び嫌味を言う傾向にあります。

こうした嫌味を言う人の心理にはいじわるということもありますが、逆に考えるとかわいそうな部分もあります。無視したり距離を置くなどの対応も考えられますが、職場などでは中々それができません。

ここでは、嫌味を言う人の末路も気になるもの、口を開かせないで済ませる対処法を紹介しています。

 

 

 


嫌味を言う人の末路も気になるもの、口を開かせないで済ませる対処法


 

| 1.言えない人物は、嫌味を言う人の標的になりがちという

主張を心掛けるということ。自らの意見を明確に言えない人物は、嫌味を言う人の攻撃目標になりがちというもの。

自らの意見をアピールしないと嫌味を言う人に軽く見られるので、普段から嫌なことは嫌と素直に口に出す習慣を付けることが大事。

理不尽なことを嫌味を言う人に言われた際も自らの考えを主張できれば、本能的に避けるようになり口を開く機会も減ります。

 

| 2.言う側から見ると、相手は言い返さないと決めつけている

感謝の言葉で返すということ。嫌味を言う側から見ると、相手は言い返さないと決めつけているもの。

これを覆すのも口を開かせないで済ませる対処法の一つで、参考になったと感謝の言葉を言ってみるようにします。こうした言葉が返ってくることに驚くことになり、嫌味に屈しない強かな人間を印象付けられます。

 

| 3.上司や先輩の場合、パワハラに該当する可能性もあるもの

万が一の時のために録音するということ。嫌味を言う相手が職場の上司や先輩の場合、パワハラに該当する可能性もあるもの。

そんな時はボイスレコーダーなどを用意して、相手が言っている嫌味を録音し証拠を残すようにします。

嫌味に我慢ならなくなったときは、録音が自らの有利な材料になる上、気持ちにゆとりも生まれストレスを溜め過ぎずに済む効果もあります。

 

| 4.下に見ているタイプの上司は、何を言ってきても痛痒を

嫌味を言う上司の場合、更に上の立場の人物に相談するということ。部下だからと下に見ているタイプの上司は、何を言ってきても痛痒を感じないもの。

部下の立場では上司にやめるようには言い難いものですが、そんな上司にも更に上の立場の上司が存在します。

そうした人物に相談するのも自己防衛の一つで、パワハラになるからなどと対処してくれれば、理不尽な嫌味もなくなります。

 

| 5.嫌われたくないという気持ち、人に向かって強く出れなく

嫌われる覚悟で言い返すということ。人に嫌われたくないという気持ちは、他人に向かって強く出れなくなるもの。そうした傾向を相手につけ込まれ、弱みに繋がっていることも珍しくはありません。

時には嫌われたくない気持ちを捨て去って、嫌味を言われたときに必要に応じて、きちんと言うべきことを言うようにします。

 

| 6.隙があると嫌味を言う人のターゲットになりやすいもの

完璧な仕事を意識するということ。仕事に小さな失敗が多いなど、隙を見せると嫌味を言う側の格好のターゲットになりやすいもの。

嫌味を言う人は相手の弱みにつけ込んでくるので、避けるためには仕事を完璧にこなす、そんな意識を持つのも重要なポイント。圧倒的とも言えるほど仕事が完璧なら、相手が嫌味を言ってきた際も余裕で無視できるもの。

 

 

 


皮肉ばかりの意味を掴むことが大事、嫌味を言う男性心理や女性心理


 

| 1.自覚がある場合、アピールせずにはいられないというもの

優位な立場を知らしめたいという心理。自らが優れているという自覚がある場合、アピールせずにはいられないというもの。

下の立場と考えている相手に対し、自分自身は優れた者と再確認できる、そんな機会を常に求めています。そうした気持ち満たすために、嫌味を言うという意地悪な行動をさりげなく行います。

 

| 2.ストレスを抱えるものですが、中には耐性が低い人もいる

ストレスを解消したいという心理。誰しもがストレスを抱えるものですが、中には耐性が低い人もいるもの。

そんな人の中には自らの中でストレスが消化できず、周りの人たちに対し悪意を向け晴らそうとする心が弱い人もいます。そのような人物は周りの人たちに嫌味を言い、困らせることでストレス発散する行動に出かねません。

 

| 3.思う気持ちや嫉妬していることを、恥ずかしく思うもの

実際は羨ましいという心理。プライドの高い人物は羨ましいと思う気持ちや嫉妬していることを、恥ずかしく思うもの。

こういった自らが他の人を羨ましいと考えているなど、絶対に周りの人たちには知られたくありません。そうした気持ちを隠すため、嫌味を言って平気な素振りをしてしまいます。

 

| 4.完璧主義者の場合、人にもそれを求めてしまいがちなもの

他者の過ちすら許せないという心理。物事を正確に成し遂げたい完璧主義者の場合、人にもそれを求めてしまいがちなもの。

同僚などが仕事でミスし曖昧に笑う姿を見ると、腹立たしく思ったりすることにもなりかねません。そんな生き方で良いのかなどと複雑な気持ちになり、相手に対する嫌味となって表れます。

 

| 5.環境に身を置いていた場合、人間の感覚は麻痺していく

何とも思っていないという心理。いつも嫌味が飛び交う環境に身を置いていた場合、人間の感覚は麻痺していくもの。

職場などでは上司や同僚が、家庭の中では親やパートナーが、嫌味ばかりを言う状況の人もいます。そうした環境下では嫌味を言ったり言われたりも慣れてしまい、そうした自覚を失う事例もあります。

 

 

 


嫌味を言う人に仕返ししたい時もあるもの、言われやすい人の特徴面


 

| 1.嫌味を言っても言い返さないと思われがちというものです

嫌なことを嫌と言えないということ。自分自身の意見をきちんと言えないタイプは、嫌味を言っても言い返さないと思われがちというもの。

職場などで上司や先輩が代わりにしといてと、仕事を理不尽に押し付けてきた際、反論もできずにストレスを溜め込むような人物。

いくら嫌味を言っても反撃されない、そんな安心感を相手に与えてしまうところがあり、嫌味を言いやすくなっています。

 

| 2.言うことを聞いたり、常に低姿勢で相手に相対しています

皆に向かって良い人でいたいということ。八方美人タイプの人物は、嫌われたくない気持ちが強過ぎ、何を言われても愛想笑いでごまかすところがあるもの。

職場などでも皆に嫌われないよう、気を使い過ぎ何でも言うことを聞いたり、常に低姿勢で相手に相対しています。

反対にこうしたことが原因で、軽く見られたり皮肉を言われたりと軽んじられ、嫌味を言われやすいことにもなりかねません。

 

| 3.短所部分があると、他の人はそうしたところを突きやすく

長所と短所が明確ということ。分かりやすく責めやすい短所部分があると、他の人はそうしたところを突きやすく感じるもの。

周りの人たち羨むような容姿端麗な人が、不注意で仕事のミスばかり繰り返すと、短所が目立って嫌味を言われやすくなることもあります。

嫉妬してしまうような長所がある一方で、分かりやすい短所があると、嫌味を言いたい人のターゲットになってしまいがちです。

 

引き寄せの法則で、嫌味を言う人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、嫌味を言う人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

飽き飽きすることにもなりかねません。ここでは、嫌味を言う人の末路も気になるもの、口を開かせないで済ませる対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。