曖昧な関係は男の本音を掴むことから、将来に向けきちんとする対処策



暮らしの中で、曖昧な関係を考えることもあるもの。友達かも知れないものの付き合ってはいない、そんな不確かな曖昧な関係。

そんな男性に好意はあるものの、交際を申し込まれて付き合っているという訳でもなく、関係性を家族や友人に説明しにくいものです。

こうした曖昧な関係は、簡単に言うと友達以上で恋人未満というこになり、異性として好意を持っているので時折り肉体関係に発展することも。

曖昧な関係を持続したがる男性は、すぐに彼女を作りたいと思っていないことも多く、恋人の肩書に縛られない気楽な関係を望んでいます。

曖昧な関係から結婚したという話もありますが、それは稀なことで先を考えると、距離を置く必要性はもちろんはっきりさせることが重要。

ここでは、曖昧な関係は男の本音を掴むことから、将来に向けきちんとする対処策を紹介しています。

 

 

 


曖昧な関係は男の本音を掴むことから、将来に向けきちんとする対処策


 

| 1.男性側はどう思っているのか、直接尋ねて見るというもの

関係発展の気持ちがあるのか尋ねるということ。現在の曖昧な関係性を男性側はどう思っているのか、直接尋ねて見るというもの。

自らに好意があり付き合う気があれば、その場で告白されるかも知れませんが、煙に巻かれたり曖昧な答えなら交際する気がないことになります。

今現在の曖昧な関係に区切りをつけたい時は、男性の返答次第で付き合い方を変化させる必要があります。

 

| 2.曖昧な状況をきちんとするまで、身体の関係は持たない

肉体関係がある場合、確実になるまで持たないということ。肉体関係があるときは曖昧な状況をきちんとするまで、身体の関係は持たないというもの。

身体の関係だけを求めている男性の場合、それを告げることで興味がなくなり、別離に繋がることもあります。

曖昧な関係のままで身体を許してしまった場合、付き合わなくても良いな軽い女だと受け取られる可能性があります。

 

| 3.はっきりしない際、こちら側の意見を明確に伝えるという

付き合う気がない場合、今後は会わないということ。男性に付き合う気持ちがあるのかを聞きはっきりしない際は、こちら側の意見を明確に伝えるというもの。

はっきりしない気持ちで続いてきた場合、曖昧なきちんとしないそのままの状況が継続しても進展することはありません。

付き合う気持ちがなければ関係を終わらせる、そうしたことを伝えた上で連絡をしないで相手側の出方を見てみます。

 

| 4.マイナスでない場合、男友達の一人として付き合っていく

仲の良い男友達の一人と割り切るということ。曖昧な関係が自分自身にマイナスでない場合、男友達の一人として相手をするというもの。

異性ではなく友達の一人として見ることがポイントで、女友達に相談できない物事でも、男友達であれば頼れることもあります。

普段は一緒に遊んでいても、互いに好きな人物ができた際は応援する、そんな関係を築けると仲の良い友人として上手く付き合えます。

 

| 5.付き合えない時は、毅然と関係を終わらせることを考える

関係を毅然と終わらせるということ。男友達の一人としても仲良く付き合えない時は、毅然と関係を終わらせることを考えるというもの。

曖昧な関係を終わらせたい気持ちが湧き上がっても、このまま一緒にいた場合、関係がいつまでも続くことにもなりかねません。

先ずは連絡しないようにし自然消滅を狙いますが、それでも駄目なときは好きな人ができた、そんな理由で別れを告げます。

 

 

 


曖昧な関係は聞き方に困ることもあるもの、続けたがる男性の心理状況


 

| 1.なっているケースでは、告白のタイミングが掴めないと

チャンスがあれば告白し付き合おうと考えているという心理状況。友達としての期間が長く曖昧な関係になっているケースでは、告白のタイミングが掴めないというもの。

そのような男性側の気持ちとしては、女性の彼女の気持ちを知って、告白できる局面があれば付き合いたいと思っています。

会話の中に好意をさりげなく入れてみたり、告白できるチャンスを作りだすことで、本音を掴み曖昧な関係の解消に繋がります。

 

| 2.頭の中で最も大事な女性とは考えられていないというもの

第一本命と考えていないという心理状況。曖昧な関係性を継続しているときは、男性の頭の中で最も大事な女性とは考えられていないというもの。

知らないところに本命の女性がいるかも知れませんし、そうでなくても現時点では本命視されてはいません。

嫌いではなく都合の良い女性、そんな風な利用価値を見ていて、本命女性と発展があった際は別れを口にされる可能性もあります。

 

| 3.何をしようが誰と遊びに行こうが連絡しなくても良いと

現在の距離感が良いという心理状況。付き合っている訳ではないので、何をしようが誰と遊びに行こうが連絡しなくても良いというもの。

告白をして恋愛関係が成立すると、友達の時に比較して電話やLINE等のやり取りが頻繁になり、互いの休日には優先的に会うのも多くなります。

独占したいタイプは面倒と感じませんが、距離を置きたい人にとっては、現在のはっきりしない関係が居心地が良いと感じます。

 

| 4.寂しさを紛らわすため曖昧な関係を続けているというもの

互いに本命の人ができるまで、今の関係を維持するという心理状況。好きな異性が互いにいない状態で、寂しさを紛らわすため曖昧な関係を続けているというもの。

男性側に本命の女性が現れた場合、現在の付き合いは解消されて、普通の友達に戻るか関係がなくなることもあります。

相手にとっては本命ではないので、いつ関係性が壊れてしまうか分からない、そんな不安定な状況とも言えます。

 

 

 


曖昧な関係は妊娠に繋がることもあるもの、知っておきたいデメリット


 

| 1.恋人未満ということもあり、新しい恋に向けて躊躇する

中途半端で新しい恋に気後れするというデメリット。曖昧な関係は友達以上で恋人未満ということもあり、新しい恋に向けて躊躇するというもの。

好意が抱ける異性に出会った場合、不確かな関係を引き摺ってしまうので、前進が困難になることも珍しくありません。

新しい恋をしたいと思っているなら、曖昧な関係を毅然と断ち切ってからにすることが重要。

 

| 2.男性側から見ると都合の良い女と見受けられるというもの

都合良く遊ばれて振られる可能性が高いというデメリット。何も言わないで曖昧な関係を継続しているケースでは、男性側から見ると都合の良い女と見受けられるというもの。

愛情もさほど感じられず男性に合わせるばかりなら、付き合いを続けていく意味など何もありません。

状況を変えていくのは大変ですが、関係に終止符を打ち前を向く勇気も大切です。

 

| 3.ケースでは、交際することにならず時だけが過ぎていく

本命の彼女になる確実性がないというデメリット。はっきりしない関係の中で進展を望むのが女性だけのケースでは、交際することにならず時だけが過ぎていくもの。

現状のままの関係性に居心地の良さを感じていると、本命になれないばかりか関係解消もできないということになりかねません。

はっきりしない関係を続けるのが長ければ長いほど、その関係性は壊しにくく、変化を嫌う傾向が強くなるので注意。

 

| 4.その前にきちんと交際してから結婚へ向かいたいものです

結婚願望が強くても、できないというデメリット。結婚を考えている女性の場合、その前にきちんと交際してから結婚へ向かいたいもの。

付き合うことによって、男性側の内面的な部分を明確に確認すると、スムーズに結婚生活に移行することができます。

本来付き合うことを躊躇する男性は、結婚まで発展するのは困難で、結婚願望があれば新しい出会いを探すのがポイント。

 

 

 

まとめ

時折り肉体関係に発展することもある。ここでは、曖昧な関係は男の本音を掴むことから、将来に向けきちんとする対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。