仕事が嫌でたまらない末路も気に懸かるもの、乗り越えていく対処策



日々を過ごしていると、仕事が嫌でたまらないと思うことがあるもの。仕事が嫌すぎると感じる人の中には、甘えている自分の責任と考える人もいます。

但し、実際にある企業の調査によれば、約3人に1人は仕事が嫌いと回答。

こうした仕事が嫌で堪らないのには様ざまな原因がありますが、長時間の残業があったり休日出勤が慢性化したりと、自分の時間がないことも挙げられます。

これは生活リズムの乱れに繋がることが多く、食欲不振などで体調面が変化したり、感情の起伏が激しくなるなど精神的負担が昂じかねません。

だれにでも起こりうる仕事が嫌でたまらない時ですが、自覚した段階で早めに対応することが必要です。

ここでは、仕事が嫌でたまらない末路も気に懸かるもの、乗り越えていく対処策を紹介しています。

 

 

 


仕事が嫌でたまらない末路も気に懸かるもの、乗り越えていく対処策


 

| 1.やるべきものですが、仕事が嫌でたまらないこともある

仕事に対しての向き合い方を変えるということ。基本的に仕事は真面目にやるべきものですが、仕事が嫌でたまらないこともあるもの。

但し、時折に真面目な人ほど低く見られ、適当にこなしている人の方が、高い評価を受けることが頻繁にあります。

凝り固まった頭で考え過ぎると思わぬところで躓いてしまうので、仕事などある程度適当でも平気、そんな考え方を持つと嫌にならないかも知れません。

 

| 2.寝不足で、起きてすぐに仕事の準備をする気も進まない

早起きを心掛けるということ。夜更かしを頻繁にしていると朝には寝不足で、起きてすぐに仕事の準備をする気も進まないもの。

早寝早起きをして朝早くから活動すると、時間に余裕もできるので、好きなことをしたり仕事の準備もゆっくりと行うことができます。

気分的にも爽快で、朝起きた際の数時間がその日で最も集中できる、そんな時間だとされているので実践することを心掛けます。

 

| 3.根を詰めている場合、一概に真面目過ぎるからというもの

定期的に仕事を怠けるということ。仕事が嫌でたまらない人が根を詰めている場合、それは一概に真面目過ぎるからというもの。

悲しい話ですが、優秀と呼ばれる人ほど効率的に業務をこなし、且つ手際良く人目を避けて仕事を怠けています。

中には定期的に体調不良に陥るキャラクター作りを心掛け、怠けている人がいることにもなりかねません。

 

| 4.好きな業務や嫌な業務がはっきり分かることもあるもの

平日に予定を組み込むということ。日々仕事をしている場合、好きな業務や嫌な業務がはっきり分かることもあるもの。

もし仕事に対するモチベーションが上がらない、そうした人は仕事以外の物事で意欲が湧き上がることをしていきます。

敢えて平日に予定を組み込むことで、今日の仕事が終わればできるという気持ちが芽生え、嫌でたまらない仕事でも少しは集中力が生まれます。

 

| 5.そうした気持ちが強ければ転職を検討するというものです

転職を検討するということ。仕事が嫌でたまらない状態が続き、仕事を変えたいとか辞めたい、そうした気持ちが強ければ転職を検討するというもの。

但し、転職に失敗する人の多くが、ハローワークだけを利用し転職活動を進めているのを知っておくのも重要。

絶対に転職を成功させたいと考える場合、昨今は様ざまな転職サイトがあり、有効に活用していくことがポイント。

 

 

 


仕事が嫌でたまらないのは看護師などにも見られる、感じてしまう理由


 

| 1.給料が低いと意味を感じず嫌でたまらないと思うものです

給料が低いということ。仕事は生きるために行う一面があり、給料が低いと意味を感じず嫌でたまらないと思うもの。

大卒であれば平均月給は20万円ほどになりますが、これでも賞与などがないとかなり厳しく感じます。

こういった給与面に悩んでいる人であれば、積極的に職場を変えていく行動を起こす必要性があります。

 

| 2.自分身分の関心がある分野から選択していくというもの

やり甲斐や達成感を感じないということ。仕事というものは、自分身分の関心がある分野から選択していくというもの。

なので、その業務内容においてやり甲斐や達成感が感じられない場合、仕事が嫌でたまらないことにもなりかねません。

仕事に対してやり甲斐を探求していくか、仕事以外にモチベーションを高める何かを模索する必要があります。

 

| 3.悪化している場合、仕事のモチベーションが大きく下がる

人間関係が悪化しているということ。職場の人間関係が悪化している場合、仕事のモチベーションが大きく下がるもの。

場合により不調の要因になり、ストレスが溜まってしまった時は、仕事のパフォーマンスも落ちることにもなりかねません。

こういった大きなストレスは、適切なやり方でリフレッシュしていくことが何よりも重要なポイント。

 

| 4.仕事をしている場合、評価されなかったりすると不満が

評価や人事に不満を持ったということ。自分自身は一生懸命に仕事をしている場合、評価されなかったりすると不満が溜まるもの。

媚を売っていたり胡麻をすっている人が評価されたりするケースでは、仕事が嫌でたまらない感情も湧き上がりかねません。

努力しても評価されない所は辛いだけで、正当な評価をしてくれる職場に転職する必要があります。

 

| 5.上層部が終わってるなど、企業の将来性に疑問を感じた

会社の将来性に疑問を感じたということ。役員や管理職が使えなかったり上層部が終わってるなど、企業の将来性に疑問を感じたというもの。

企業の動向に注目しながら、職場をいつでも離れることができるよう準備しておくことが必要です。

勤務している職場が、入社しない方がいいランキングで紹介されているときは充分に警戒します。

 

 

 


仕事が嫌でたまらないのはストレスにも繋がるもの、注意したい心理面


 

| 1.叱責されるのが怖い、そうした気持ちが湧き起るという

仕事で失敗することが怖いという心理面。仕事上でミスを犯して叱責されるのが怖い、そうした気持ちが湧き起るというもの。

ほかにも呆れられることに恐怖心を抱いて萎縮してしまい、仕事がすることが嫌でたまらないという人は一定の数存在します。

こういった考え方を見直していくには、前述した仕事に対する思考パターンの変化が必要になることにもなりかねません。

 

| 2.責任感を持つこと、パフォーマンスが向上することが判明

業務に対するプレッシャーが強いという心理面。仕事はある程度の責任感を持つことで、パフォーマンスが向上することが判明しているもの。

但し、過度な重圧がある場合パフォーマンスの低下に繋がるので、負荷が辛い際は仕事のレベルを下げて貰うか異動などを検討します。

真面目過ぎる人物は完璧を求めて勝手に重圧を感じてしまう場合もあり、うつ病に罹りやすい人の症状に挙げられるので警戒が必要。

 

| 3.見受けられるのが、単純に仕事が面倒臭いと感じてしまう

単純に仕事が面倒臭いtという心理面。仕事が嫌でたまらない人に見受けられるのが、単純に仕事が面倒臭いと感じてしまうというもの。

人間というものは楽な方向に流れる生き物なので、社会人になったからといって、そんな気持ちが変化することはありません。

社会人はきちんとしなければならない、そんな風に思いがちですが、人生は長くある程度は息抜きをしながら暮らしていかなければ身が持ちません。

 

 

 

まとめ

甘えている自分の責任と考える人もいる。ここでは、仕事が嫌でたまらない末路も気に懸かるもの、乗り越えていく対処策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。