理不尽なことで怒られるのは因果応報かも知れない、上手い立ち回り方



思いがけない時に、理不尽なことで怒られる時があるもの。上司などから理不尽に叱責されたりすると、こちらも腹が立ち感情的にもなりかねません。

自分自身に非がないことを伝えると口答えするなと更に怒鳴られたり、上司の言うように仕事をした際に他の上司に叱られるなど。

理不尽なことで怒られるのは職場の上司ばかりではなく、学校の先生だったり家庭での夫だったりすることもあります。

そうした相手に理不尽だと叫び返しても事態は良くならず、理不尽に怒られた時は切り替えが最優先になります。

結果として、理不尽な相手に対しての効果的な手段は、それぞれの人により変わるので、先ずは情報の分析が有効。

ここでは、理不尽なことで怒られるのは因果応報かも知れない、上手い立ち回り方を紹介しています。

 

 

 


理不尽なことで怒られるのは因果応報かも知れない、上手い立ち回り方


 

| 1.理不尽なことで怒られるのを回避できる可能性が高くなる

速やかに依頼された事柄は済ませるということ。上司などに対しストレスを与えなければ、理不尽なことで怒られるのを回避できる可能性が高くなるもの。

上司といっても人間なので、期待に応えてくれる部下を見捨てるような扱いをすることはありません。

理不尽なことで怒られるのを嫌はないで、歩み寄って力を貸していく付き合い方をすれば、態度も変わり良い人間関係へと繋がります。

 

| 2.付き合っていくためには、コミュニケーションを薄くする

当たり障りのない会話をし聞き流すということ。理不尽なことで怒られるのを避けて付き合っていくためには、コミュニケーションを薄くするというもの。

毎日のように顔を合わせる直属の上司では関係悪化に結び付きますが、たまに顔を合わせる違った部署の上司であれば有効。

会話に合わせてリアクションしたり適当に相槌を打ったりと、会話を乗り切ることが大事で、できる限り近寄らないようにします。

 

| 3.戦う仲間がいる場合、ストレスがその分だけ軽減される

同僚や部下と示し合わせるということ。一緒に励まし合ったり戦う仲間がいる場合、ストレスがその分だけ軽減されるもの。

同僚や部下と示し合わせて業務をこなすことで、理不尽なことで怒られるストレスにも耐えることができます。

根本的な解決には結び付きませんが、ともに辛さや苦しさを分かち合うことで、ストレスによって潰れることはなります。

 

| 4.上司の中には、目上の人に従順という傾向の人もいるもの

理不尽なことで怒られる上司より立場が上の人物に相談してみるということ。理不尽なタイプの上司の中には、目上の人に従順という傾向の人もいるもの。

本人が怖くて直接言えなかっらり伝えても聞いて貰えない時は、理不尽なことで怒られる上司より高い役職の人間に伝えるという対応をします。

解消に繋がる可能性は高くなりますが、逆恨みをされる危険性もあり、後のフォローや伝え方は必須というもの。

 

| 5.どうしても我慢できないときは、部署異動を願い出てみる

部署異動を願い出るということ。部下は上司や先輩を選ぶことができず、どうしても我慢できないときは、部署異動を願い出てみるというもの。

顔を合わせることがなければ、理不尽なことで怒られることもないので、パワハラを回避する上手い立ち回り方の一つ。

但し人間には単に相性が全く合わずどうしようもないということもあり、上手く付き合おうと努力しても無理なこともあります。

 

| 6.それは速やかに上司や先輩を入れ替える対処法というもの

改善がない時は転職を検討するということ。転職して職場を変えることを考える場合、それは速やかに上司や先輩を入れ替える対処法というもの。

理不尽なことで怒られる上司のせいで己自身のキャリアが変わるのは納得いきませんが、改善の余地がなければ転職も手段の一つです。

但し、上司と上手くいかない原因が己自身にあるときは注意が必要で、転職したとしても同様のことを繰り返す可能性があります。

 

 

 


理不尽な上司への仕返しを考えることもあるもの、注意したい特徴面


 

| 1.浮き沈みが激しく理不尽なことで怒られるのは堪らない

感情の浮き沈みが激しいということ。誰しも気分が優れないことがありますが、感情の浮き沈みが激しく理不尽なことで怒られるのは堪らないもの。

上司は部下を率いていく責任がある立場なので、本来であれば感情により気持ちの浮き沈みを表すべきではありません。

本当に仕事を成功させたいのを横に置き、感情に突き動かされ激高してしまうのは、上司としての自覚や責任感が足りないことになります。

 

| 2.当然ですが上司は部下の仕事の進捗状況が気になるもの

心配性で仕事の進捗を逐一把握したがるということ。部下の失敗は上司の責任ともなるので、当然ですが上司は部下の仕事の進捗状況が気になるもの。

但し、何にでも首を突っ込んでしまうと、部下の方からすると信頼されていないとモチベーションを失いかねません。

信じて任せるのが本来の上司の役割の一つですが、心配性の余りやり過ぎてしまい、逐一報告を求めたり口を出す傾向にあります。

 

| 3.無難な人だけを叱責し、お気に入りの部下は優しい態度

人により接し方の態度が変わるということ。理不尽なことで怒られる上司を見ると、無難な人だけを叱責し、お気に入りの部下は優しい態度というもの。

部下の個性に合わせて成長を促すため、怒り方や接し方を変えているのなら問題はありません。

但し、気分次第だったり好き嫌いで態度を変えるのは、理不尽とされる人物の典型的な行動パターン。

 

| 4.仕事の成果に対して責任をとっていくという側面がある

平気で無茶振りをするということ。上司の役割の一つを見ると、仕事の成果に対して責任をとっていくという側面があるもの。

責任を取るので上司という立ち位置にいますが、部下に大雑把に仕事を任せたり、到底できない仕事を振ったりするのは無責任なタイプの上司になります。

更に、取り組んでいる業務が失敗した時に、責任を部下に押し付け回避するのも、理不尽なことで怒られる上司に良く見られるところ。

 

 

 


理不尽なクレームに似通ったところもあるもの、覚えておきたい心理面


 

| 1.狙い通りに動かせると、非常に楽に仕事を進行することが

部下を己の狙い通りに動かしたいという心理。上司は部下を狙い通りに動かせると、非常に楽に仕事を進行することができるもの。

反抗することもなく部下が従順に従ってくれるケースでは、ストレスを感じることなどなく順調に業務が遂行できるから。

理不尽なことで怒られる上司というのは、狡猾なところがあり己ののことしか考えていない、そんな独善的な心理を持っていると言えます。

 

| 2.部下の提案などを聞き入れる、敗北感が湧き上がるという

己の考え方や意見が正しいと考えているという心理。己より下の立場の人を見下しているので、部下の提案などを聞き入れると、敗北感が湧き上がるというもの。

上司という立ち場の認識から己自身は優れている、そういった錯覚が生じているような状況です。己が正しいと思い込んでいて疑わないので、それに反対の意見を持つ部下のことは全く受け入れられません。

 

| 3.役割は異なるものの部下より優れた部分を感じるという

指摘することで己を大きく見せたいという心理。上司というポジションについたケースでは、役割は異なるものの部下より優れた部分を感じるというもの。

但し、上司の中には己に自信を抱けなかったり、部下から尊敬されないなどと、不安感を募らせる臆病者もいます。

そうした上司は部下に対して叱責したり指摘することで、上に立っていることで安心感や優越感を得たいと考えています。

 

 

 

まとめ

こちらも腹が立ち感情的にもなるもの。ここでは、理不尽なことで怒られるのは因果応報かも知れない、上手い立ち回り方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。