気まぐれな人の末路も気に懸かるもの、問題を起こさない付き合い方



身の回りを見渡すと、気まぐれな人がいるもの。気まぐれな人は職場などにもいて、周囲の人たちが疲れることにもなりかねません。

そうした気まぐれな人は発言や行動が頻繁に変わり、予定変更やドタキャンなども珍しくありません。

仕事などにしても気分にムラがあるので、良い時には捗りますが、意欲を失くしている際はまったく進捗しないこともあります。

好きな人が気まぐれだったりすると、デートの約束をしても当日になって行けなくなったにと言ってきたりと、煩悶したりすることになりかねません。

なので、職場に気紛れな人がいたり好意を抱いた場合、傾向などを掴み早めに対応していくことが必要です。

ここでは、気まぐれな人の末路も気に懸かるもの、問題を起こさない付き合い方を紹介しています。

 

 

 


気まぐれな人の末路も気に懸かるもの、問題を起こさない付き合い方


 

| 1.付き合い方の一つが、広い気持ちで接していくというもの

広い気持ちで接するということ。気まぐれな人との問題を起こさない付き合い方の一つが、広い気持ちで接していくというもの。

気まぐれな人物と付き合っていく場合、思惑通りにならないことが必ず出てくるものです。

急に予定変更されたりドタキャンされ、見通しを狂わされることもありますが、予想通りというくらいの広い心を持ち接するよう心掛けます。

 

| 2.付き合い方の一つが、重要な物事は依頼しないというもの

重要な物事は頼まないということ。気まぐれな人との問題を起こさない付き合い方の一つが、重要な物事は依頼しないというもの。

気まぐれな人は、何時どの瞬間に気分が変わるか分からず、一旦気乗りしなくなると作業も進まず、重要な仕事はことは頼まない方が良いかも知れません。

ある程度は納期にゆとりがあるものなど、急に気持ちが変わっても問題ない、そんなものだけを頼むようにします。

 

| 3.一つが、自らをしっかり持つということが挙げられるもの

自分自身をきちんと持つということ。気まぐれな人との問題を起こさない付き合い方の一つが、自らをしっかり持つということが挙げられるもの。

気まぐれなタイプな人と相対する場合、相手側に振り回されすぎないように、自分自身をきちんと持つことが重要。

振り回されると疲れ果ててしまうので、次第次第にストレスも溜まってしまうことになり、良い人間関係は望めません。

 

|   4.一つが、目を凝らして相手の長所を見つけていくという

長所を見つけるということ。気まぐれな人との問題を起こさない付き合い方の一つが、目を凝らして相手の長所を見つけていくというもの。

気まぐれな人物はある意味で短所ばかりに目を向けがちですが、悪いところしかないということではありません。

付き合っていく秘訣は長所を見つけることで、発見できると意外と良好な人間関係に繋がります。

 

| 5.起こりえるあらゆるシーンを想定しておくというものです

あらゆる場面を想定しておくということ。気まぐれな人との問題を起こさない付き合い方の一つが、起こりえるあらゆるシーンを想定しておくというもの。

ドタキャンされるかも知れないをはじめ、我が儘をいうとか急に乗り気じゃなくなるかもなど、あらゆる場面を想定します。

こうした準備を想定しておくことで、ストレスが溜まっていくことを防ぐことに繋がります。

 

 

 


よく分からないところがあるもの、注意したい気まぐれな人の特徴面


 

| 1.傾向に、その時の気分によって態度が豹変するというもの

態度が豹変するということ。気まぐれな人に見られる傾向に、その時の気分によって態度が豹変するというもの。

気まぐれな人物は、基本的にその時の気分で動くことが多く、態度が瞬間的に豹変してしまうことなど日常茶飯事です。

その日によって変わる、そんな態度であればまだしも、一日の間に何度も変わることも珍しくありません。

 

| 2.傾向に、人物にさほど裏表がない面が挙げられるという

裏表がないということ。気まぐれな人に見られる傾向に、人物にさほど裏表がない面が挙げられるというもの。

周囲の目や建前などを気にすることがなく、いつでも自分自身の気持ちに正直で、したいことをやろうとします。

裏表がなく分かりやすいタイプになりますが、したくない物事を愛想笑いで引き受ける、そんなことはありません。

 

| 3.真っ先に頭に浮かぶのは、自由で気儘な人物というもの

自由気儘ということ。気まぐれな人と聞き、真っ先に頭に浮かぶのは、自由で気儘な人物というもの。

社会のルールに捉われることがなく、どんな時でも自由気儘に過ごす、そうした傾向が強く見られます。

好きなものは好きで嫌いなものは嫌いと、自分自身の中に明確な線引きをしているタイプです。

 

| 4.自分自身を優先的に考える自己中心的な人というものです

自己中心的ということ。気まぐれな人に見られる傾向に、自分自身を優先的に考える自己中心的な人というもの。

その時の自らの気分が最優先なので、周囲の人たちに自己中心的な人物と受取られることにもなりかねません。

自らの気分でやったりやらないを決めるほか、行く先を急に変更したりするので、独善的と思われても仕方がありません。

 

| 5.周りの人たちから天然と言われることが多いというもの

天然と言われるということ。気まぐれな人に見られる傾向に、周りの人たちから天然と言われることが多いというもの。

全員という訳ではありませんが、気まぐれなタイプの多くは天然と呼ばれることもあります。

気まぐれな人は自分の軸はありますが、周囲からは分かり難く、何を考えてるのか分からない天然の人と受取られます。

 

 

 


気まぐれな人は女性にもいるもの、知っておきたいその詳しい心理状況


 

| 1.気持ちの中にあるのが、面倒臭いという思いというもの

面倒臭いという心理状況。気まぐれな女性の気持ちの中にあるのが、面倒臭いという思いというもの。

一旦引き受けたことを気分じゃないと断ったり、変えてしまう心理には面倒臭いというものが一番に上げられます。

改めて考えてみると面倒臭いというというパターンで、迷惑をかけている自覚もないのは厄介なところ。

 

| 2.中にあるのが、好きな物事だけをしていたいといいもの

好きな物事だけをしていたいという心理状況。気まぐれな女性の気持ちの中にあるのが、好きな物事だけをしていたいといいもの。

人間は誰しも心の奥底で、好きな物事だけしていられたら良いのに、そんな風に思っています。

但し、現実的にはそうはいかないことを理解しているので、ある程度我慢しながら日々を過ごしています。

気まぐれな女性は良くも悪くも自分自身に正直なので、、好きなことだけしていたいという気持ちがあるからこそ、自由気儘に過ごしているのかも知れません。

 

| 3.気持ちの中にあるのが、興味を引いてかまって欲しいと

かまって欲しいという心理状況。気まぐれな女性の気持ちの中にあるのが、興味を引いてかまって欲しいというもの。

自分自身が気まぐれな態度をとることにより、相手側の関心を引きたいと思っていて、気儘な姿勢を押し通します。

感情の起伏が激しいところもあり、さっきまで楽しそうだったのに静かになることも多々あります。

故意に分かっていて気まぐれな態度をとっていることもあり、そうした際は単純にかまって欲しいのアピール。

 

 

 

まとめ

予定変更やドタキャンなども珍しくないもの。ここでは、気まぐれな人の末路も気に懸かるもの、問題を起こさない付き合い方を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。