自分を受け入れられない末路も気になるもの、甲斐性に結び付ける方策



日々を暮らしていても、自分を受け入れられないことがあるもの。どうしても自分自身を否定的に捉えることが癖になり、自己肯定感が湧き上がりません。

こうした自分を受け入れられないのは病気の場合もありますが、それこそその原因は人それぞれで違っています。

主に自己肯定感は幼少の頃の生活環境によりベースが形作られ、その後の人生の生き方に大きく影響すると言われています。

日本人に不足しているとされる自己肯定感ですが、誰もに好かれて成功を続ける人物など何処にもいません。

昔から日本人は謙虚さが美徳とされていて、場の空気を読んだり主張を控えたりするように育てられてきたのが理由。

但し、自己肯定感は人生の満足度に関わる大きな要素なので、低い場合は警戒が必要です。

ここでは、自分を受け入れられない末路も気になるもの、甲斐性に結び付ける方策を紹介しています。

 

 

 


自分を受け入れられない末路も気になるもの、甲斐性に結び付ける方策


 

| 1.禅の考え方に、調息に調身と調心と呼ばれるものがある

凝り固まった精神と肉体を解放するということ。昔から伝わる仏教の禅の考え方に、調息に調身と調心と呼ばれるものがあるもの。

身体面と呼吸と精神は密接な関わり合いにあり、そのうちのどれか一つを調整すると、自然と後の二つも調整できるというアプローチ。

深い呼吸をすることで全身に血流が巡り、精神的な澱みも換気され、不安感で凝り固まった肉体と心が解放されます。

 

| 2.向かって抗うほど、不快感というのは強化されていくもの

ネガティブ感情を動かそうとはしないということ。否定的な感情に向かって抗うほど、不快感というのは強化されていくもの。

そうしたときは、現在はそう感じていると受け入れることが重要で、辛い気持ちに一旦距離を置き薄めることができます。

苦しい思いをしてまで対抗しようとしなくてよく、そうすること自体が自分を受け入れられないことへと結び付きます。

 

| 3.受け入れられない場合、その分の充実感を他者に求める

他人に好意を持たれようとしないということ。自分を受け入れられない場合、その分の充実感を他者に求めることになるもの。

称賛されたいとか褒められたいと思うと、背伸びをしたり見栄を張ったりと、自然体の自分ではいられません。

結果的に、他人に好意を持たれようと努力しないことが大事で、偽りのないありのままの己を良しとします。

 

| 4.受け入れられない人は、否定的な言葉ばかりを口にする

言って欲しい言葉を己自身に向けるということ。自分を受け入れられない人は、否定的な言葉ばかりを口にする傾向にあるもの。

何て駄目だとか上手くいくはずがないなど、そういった言葉は本来誰も聞きたくありません。

きっと上手くいくとか絶対大丈夫など、己自身が言って欲しい言葉を、心の内面に向かって語り掛けます。

 

| 5.劣等感を抱くのではなく、過去の己と比較して成長を感じ

できたことをリスト化するということ。他の人と比較して劣等感を抱くのではなく、過去の己と比較して成長を感じていくというもの。

失敗をしても大丈夫なので小さな挑戦を続け、できたことをリスト化して達成感を高めていきます。

己自身では欠点と思えるところも、失際には長所の裏返しだったりすることも数多くあります。

 

| 6.気乗りしないことなど、己の本意でないものを手放すと

自らを窮屈にするものを手放すということ。好きではないことや気乗りしないことなど、己の本意でないものを手放すというもの。

己自身を窮屈にするのは思考パターンだけでなく、部屋に溢れている不用品なども生活を乱しかねません。

己に幸福を与えるものだけを残すのがポイントで、ノイズを生じさせるものを手放すことが、自分を受け入れることに繋がります。

 

 

 


できないことがあるなどで自分を受け入れられない、注意したい原因面


 

| 1.受け入れられないことが多ければ、自尊心は低くなりがち

褒められるチャンスが少なかったということ。親が愛情を充分持っていたとしても、褒めたり認めたりするチャンスが少なければ、自尊心は生まれ難いもの。

こうした中で成長した場合、大人になっても自分を受け入れられない、そうした考えが無意識のうちに出てきます。

例え否定されない場合でも、身近な人達に受け入れられないことが多ければ、自尊心は低くなりがちというもの。

 

| 2.環境のケースでは、可能という自信も湧き起こらないもの

過保護に育ってきたということ。幼い頃に危険なことに挑戦できない環境のケースでは、これが可能という自信も湧き起こらないもの。

こうした過保護な状態で成長すると、ある意味でできないことが多いという裏返しのメッセージになります。

自己肯定感は己で決めたことを達成すると高まりますが、過保護な中で成長すると当然の如く達成感は得られません。

 

| 3.何を飲みたいかなど、身近にも色んな選択の機会がある

選択する機会が少なかったということ。何を食べたいとか何を飲みたいかなど、身近にも色んな選択の機会があるもの。

己自身で決定するチャンスが多い場合、必然的に自分自身を尊重する感覚も芽生え、自己肯定感の向上に繋がります。

但し、親が決めた方が早いからなどと己で選択する機会が少ないケースでは、自己肯定感自体が低くなりかねません。

 

| 4.耳を傾けてくれた時は、分かってもらえた感覚が芽生える

親が話に耳を貸さなかったということ。どういった話でもきちんと耳を傾けてくれた時は、分かってもらえた感覚が芽生えるもの。

何気ない日々の会話だけでなく何か問題が発生した時、本当かと責め立てられると口を閉ざしかねません。

結果的に、幼少の頃に親から説教されるような場面が多かったときは、自己肯定感は当然低くなります。

 

 

 


自分を受け入れられないのは自己肯定感の低さにも、そんな人の特徴面


 

| 1.過剰に周囲の人たちと己自身を比べる習慣があるという

他人と比べる習慣があるということ。自分を受け入れられないタイプは、過剰に周囲の人たちと己自身を比べる習慣があるというもの。

自己成長に結び付くという視点からみると、目標になる人がいること自体は決して悪いことではありません。

考え方や思考パターンなどを己の目標として取り込むことにより、行動の質が向上するメリットもあります。

但し、過剰に比べてしまうと嫉妬心や劣等感で苦しむようになったり、精神的に不安定な状況になりかねません。

 

| 2.認めて貰うことで、己自身の値打ちを確かめようとする

他者に依存してしまうということ。自分を受け入れられない人は、その代わりに他者に認めて貰うことで、己自身の値打ちを確かめようとするもの。

結果として、何時も周囲の人目を気にして、いかに他の人に評価されるかが行動の基準ともなりかねません。

己に自信を持てないので優柔不断になることも多く、意思決定も他人任せにしかねません。

己が独力で決断しないといけない場面でも、いかに他者からの批判を受けないか、そうした基準で選択することがあります。

 

| 3.家庭環境下で育ち、親からいつも叱られていたというもの

大きなトラウマが過去にあるということ。自分を受け入れられない人は厳しい家庭環境下で育ち、親からいつも叱られていたというもの。

優秀な兄弟姉妹と比較されながら成長したり、大きな失敗を過去に犯したことを引き摺っていたりもします。

こうした過去の失敗例や自尊心を傷付けられたことが一因で、自己肯定感が低いままになっているというパターンも珍しくありません。

 

 

 

まとめ

生き方にも大きく影響すると言われています。ここでは、自分を受け入れられない末路も気になるもの、甲斐性に結び付ける方策を紹介しました。その折には、是非お役立てください。

こちらもご覧ください。