完璧主義は仕事できないことにも繋がるもの、大逆転に向かう克服方法



気が付くと、完璧主義が昂じて仕事ができないことがあるもの。ここまで正確にやらないと次へ進めない、そんなことを思い込み要領良く仕事ができません。

傾向が完璧主義ということで、途中で作業を一旦脇に置くというようなことができず、生真面目に最後までやり通そうとします。

但し、周囲の人たちから見ると、その仕事は後回しでも良いので、この業務を優先して欲しいと思われていることにもなりかねません。なので、完璧主義者の人は、仕事が遅いとか仕事できないと言われることも多々あります。

こうした仕事に対しての完璧主義をやめたいと思っている人は多くいますが、具体的にどうすれば良いのか分からないことも。

ここでは、完璧主義仕事できないことにも繋がるもの、大逆転に向かう克服方法を紹介しています。

 

 

 


完璧主義は仕事できないことにも繋がるもの、大逆転に向かう克服方法


 

| 1.考える場合、余りに神経質になり過ぎないことが大事と

些細なことを気に掛けないということ。完璧主義をやめたいと考える場合、余りに神経質になり過ぎないことが大事というもの。

他人のことが気に掛かってもも、相手を自らの狙い通りに動かすことはできず、人は人と落ち着いて構えることで徐々に小さなことが気にならなくなります。

どうしても些細なことが気になってしまうのなら、取り組むべきこと事柄に集中すると気が散らなくなります。

 

| 2.思うのなら、時間割りを意識することがポイントという

オンとオフの区切りを付けるということ。完璧主義をやめたいと思うのなら、時間割りを意識することがポイントというもの。

仕事で終わりの時間を決めないで取り掛かると、途中で中断するのが嫌でいつまでもすることになり、結果として自分自身が辛くなります。時間割りを上手にしてオンとオフを切り替えられると、段々と完璧主義を克服できることに繋がります。

 

| 3.自分一人の力で背負うのをやめることが大切というもの

無駄なプライドは捨て、人に頼るということ。完璧主義をやめたい場合、全てを自分一人の力で背負うのをやめることが大切というもの。

完璧主義と呼ばれる人物は、単独でやり遂げたいと思うことが多く、誰かが入ると乱されると考えて頼るということしません。

そうしたことが一因で仕事が遅れてしまったり、結果的に周りに迷惑をかけることにもなるので、プライドを捨て去り人に頼ることを心掛けます。

 

| 4.絶対に正しいという思考パターンに陥らないというもの

自分基準を横に置き、他人基準で行動するということ。完璧主義をやめたい場合、自分自身は絶対に正しいという思考パターンに陥らないというもの。

考え方を縛ってしまったケースでは、周りの人たちの意見を受け付けないだけでなく、衝突する可能性すらあります。

自分基準は一旦脇に置いておくことが重要で、相手の意見を柔軟に尊重することが大逆転に向かう克服方法の一つ。

 

| 5.依頼をされた場合、先ず何を達成したいのかを掴むという

目的を再認識するということ。仕事で何かを依頼をされた場合、先ず何を達成したいのかを掴むというもの。目的をきちんと頭に入れておくことで、順番に手を付けて優先順位がはっきりとしてきます。

目的を明確にすることにより、現在成すべきことが判明するので、ストレスを溜めることなく完璧主義を止める切っ掛けになります。

 

| 6.100%であるのが当然という考えを改めるというもの

80%程度で自分自身を褒めるということ。完璧主義をやめたいと思うのなら、100%であるのが当然という考えを改めるというもの。

完璧主義者と呼ばれる人物は、100%で成功と考えてしまい、80%程度ではまだまだとなりかねません。そうではなくて、80%達成できた自分自身は凄いと考え方を変化させることで、柔軟な思考パターンになり大逆転に向かう克服方法に繋がります。

 

 

 


完璧主義の女性も多く見られるもの、知っておきたいその詳しい特徴面


 

| 1.柔軟な考えがなく物事を何でも0か100かで考えると

物事を決めつけて考えるということ。完璧主義と呼ばれる人は、柔軟な考えがなく物事を何でも0か100かで考えるというもの。

こうした極端な考え方は周りの人たちから、冷たいとかドライと思われることにもなりかねません。白黒が明確でないと嫌な傾向があり、周りの人たちと衝突したりと、自身を追い詰めて辛い状態になることもあります。

 

| 2.仕事を依頼されると最後まで完遂するのが筋だと思って

責任感が強過ぎるということ。完璧主義と呼ばれる人は責任感が強く、仕事を依頼されると最後まで完遂するのが筋だと思っているもの。

誰からしても完璧と思ってもらうため、徹底して品質を向上しなければいけないと考えています。こうした人物は、自分自身だけでなく周りの人たちも納得できるよう仕事をするので、取り組むことも多くなり完璧主義に陥ります。

 

| 3.中途半端な仕上がり状態を受け入れることができないと

仕事に対する満足度が低いということ。完璧主義とされている人物は、中途半端な仕上がり状態を受け入れることができないというもの。

元からストイックな傾向があり、中途半端な仕上がり状態で満足できないと言い聞かせ、辛い状況でも手を止めようとはしません。

結果として、完璧主義と呼ばれる人物は全力で仕事に取り組んでいても、どこか満足ができずストレスが溜まることになります。

 

| 4.物事をスタートする前に失敗しないように徹底的に調べる

失敗した際の反省が長いということ。完璧主義と呼ばれる人は、物事をスタートする前に失敗しないように徹底的に調べるもの。

ミスをすることに不慣れなため、失敗をした場合に簡単なことに気付かなかったと、自己嫌悪に陥ることにもなりかねません。

何時までもいけなかった理由を上げては反省して、次回からは更に徹底的した事前確認をするようになります。

 

 

 


完璧主義は仕事続かないとも言われるもの、注意したいそのデメリット


 

| 1.良くも悪くも諦めないで、一つの物事をやり抜く力がある

円滑な人間関係が築き難いということ。完璧主義と呼ばれる人物は、良くも悪くも諦めないで、一つの物事をやり抜く力があるもの。

周囲からもう充分と声を掛けられても止めないので、次第に周りの人たちも完璧主義についていけなくなって、気がつけば一人になることにもなりかねません。

こういった完璧主義なところを持つ人はに、理解をしてくれる人も少ないので、円滑な人間関係を構築していくことが難しくなります。

 

| 2.絶対にこうしないとなどと、自分自身で決めつけてしまう

自らを追い込み過ぎ、ストレスを溜めてしまうということ。完璧主義な人物は何をすることになっても、絶対にこうしないとなどと、自分自身で決めつけてしまうもの。

柔軟な思考パターンができないので、知らず知らずの間に自分を追い込んでしまうことにもなりかねません。

誰かに命令されなくても使命感を持ってしまい、依頼された仕事を無理をして完遂しようとするので、気が付かない間にストレスを抱えてしまいます。

 

| 3.物事に対して取り掛かるまでに時間がかかるというもの

決断力が低いということ。完璧主義者と呼ばれる人のデメリットは、物事に対して取り掛かるまでに時間がかかるというもの。

例を挙げると、新規プロジェクトなどでは何の問題が発生するのは稼働しないと分かりませんが、事前に把握しておこうと煩悶するので決定が遅くなります。

こうした決断力が遅くなる場合、事業によっては機会損失ともなることがあり、仕事の評価に影響を与えることにもなりかねません。

 

引き寄せの法則で、完璧主義の仕事を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、完璧主義の仕事を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

真面目に最後までやり通そうとします。ここでは、完璧主義は仕事できないことにも繋がるもの、大逆転に向かう克服方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。