話が通じない人はサイコパスかも知れない、具体的に対処していく術



身の回りを見渡すと、話が通じない人がいるもの。丁寧にいくら説明しても分かって貰えないのは、非常に辛い気持ちになりかねません。

もちろん話が通じない人は家族をはじめ、職場にいる関係者や友人に恋人など、一人くらいは身近にいます。

こうした話が通じない人の思考パターンは、落ち着きがない短気な人が多く、相手側のペースに合わせるということほとんどしません。人間は育った環境や性別や年代などにより、それぞれ持っている価値観が違うのが当たり前です。

なので自分自身が常識だと考えていることが相手にとっても常識とは限らず、話の理解に隔たりが生じることになり、話が通じない人となりかねません。

ここでは、話が通じない人はサイコパスかも知れない、具体的に対処していく術を紹介しています。

 

 

 


話が通じない人はサイコパスかも知れない、具体的に対処していく術


 

| 1.姿をみると、きちんと話を聞いているのか不安になるもの

理解しているか確認しながら話すということ。適当な相槌を打つ姿をみると、きちんと話を聞いているのか不安になるもの。

伝わり難いカタカナ言葉だったり専門用語は、実際に相手に理解されていないかも知れません。話の途中で、ここまで何か分からないことはあるなどと尋ね、ワンクッション置き確認しながら話を進めます。

 

| 2.会話というものは話を相手が理解して、初めて成り立つ

伝えたい要件を簡潔に述べるのを意識するということ。会話というものは話を相手が理解して、初めて成り立つもの。

話が通じなかったり理解してくれないというケースでは、話し方に問題があったのかも知れません。要件は手短に理解しやすく明確に言うことが大切で、具体的な事例を示して説明をすると相手に伝わりやすくなります。

 

| 3.どうせ通じない思った場合、苦手意識が湧き上がってくる

話が噛み合わなくても冷静な対応を心掛けるということ。話をしてもどうせ通じない思った場合、苦手意識が湧き上がってくるもの。

一口に話が通じないと言っても、説明の仕方が悪かったり相手の機嫌が悪いなど、そこには様ざまな理由があります。

相手の気持ちに寄り添うことで、なぜ聞いてないのかを冷静に考え、丁寧で分かりやすい対応を心掛けます。

 

| 4.主張を押し付けてきた場合、どう思うか考えるというもの

意見が違っても、自らの意見を押し通さないということ。相手側が同じ立場で無理に主張を押し付けてきた場合、どう思うか考えるというもの。

自分自身の考え方を否定され、アイデンティティーやプライドを傷付けられた気持ちになるはずです。

人間の価値観や大事に感じるものはそれぞれ違っているので、相手を見下したり人格を否定したりするようなことは決してしないようにします。

 

| 5.自分自身は悪くない、そんな正当化のための態度に出る

基本的に否定的な言葉は使わないということ。話が通じない人は自分自身は悪くない、そんな正当化のための態度に出るもの。

同じようにでもや何故など否定的な言葉を使ってしまうと、相手側の思う壺ということにもなりかねません。

こうした言葉は言うほど相手の弁解を引き出してしまうので、どうしたら問題解決できるのか理論的に話すように心掛けます

 

 

 


話が通じない人は病気のケースもあるもの、仕事にも通じるその特徴面


 

| 1.他の人の考え方や発想を受け入れる度量がないものです

頑固で柔軟な対応ができないということ。頑固なタイプの人物は自分自身の価値観が一番で、他の人の考え方や発想を受け入れる度量がないもの。

特に年配の男性はに見受けられるのが、昔からしてきたという経験に裏打ちされた、プライドと自信を強く持っています。

結果として、部下などから提案された新しい発想や考え方に、嫌悪感を露わにすることも珍しくありません。

 

| 2.他人に自らがどう映っているか考えたこともないものです

独善的で自らの話ばかりするということ。人の気持ちが分からない話が通じない人は、他人に自らがどう映っているか考えたこともないもの。

自分さえよければ良いと考えるのはもちろんのこと、相手側もそれで良いだろうと勘違いし、一方通行な話をすることにもなりかねません。

基本的に他人の話を聞く気がない傾向にあり、自らのことしか覚えていないので、伝えたはずでも通じていないということが頻繁に起こります。

 

| 3.改めることができず、助言を周囲から言われても通じない

思い入れが激しいということ。自らを軸にし物事を見ている人物は、見方を改めることができず、助言を周囲から言われても通じないもの。

例を挙げると、良くいる職場の上司のように、これまでしてきたことが最良と、新しい視点や考え方で対応することができません。

思い込みが激しく物事を主観で決めつけやすいところがあり、自らの視点から見た事でしか物事を判断できません。

 

| 4.理解力が乏しくそのときの感情で一方的に話しをするもの

すぐ感情的になるということ。話が通じない客観的な判断ができない人物は、理解力が乏しくそのときの感情で一方的に話しをするもの。

結果として、いくら冷静に応対しても相手側が混乱状態になっているので、会話は成り立ず堂々巡りになりがち。

理論的な思考パターンで行動することができないので、正論を言われたり自分自身が間違えていても、おいそれとは認めません。

 

 

 


話が通じない人にイライラすることも多いもの、知っておきたい原因面


 

| 1.相手の話に対して理解しようという集中力が必要になる

単純に人の話を聞いていないということ。他者と会話をする際は、相手の話に対して理解しようという集中力が必要になるもの。

但し、集中力がないケースでは、人は聞いているつもりでも、知らない間に上の空になり、右から左へ聞き流していることがあります。

特に共感力を持ち合わせない人物は、自分自身の関心が起こらない話は全く耳に入らず、悪意はありませんが人の話は聞いていません。

 

| 2.例え自らが間違っていても、素直に認めないというもの

自らの意見を曲げられないということ。プライドが高いタイプの人物は、例え自らが間違っていても、素直に認めないというもの。

いくら冷静に建設的な話をしたところで、自分自身のプライドに傷が付くような意見には耳を傾けません。全て自分の主張が正しいという思考パターンに陥っていて、反論も感情的になるので話がまったく通じません。

 

| 3.忘れる人は、理解力が乏しいところがあるというものです

理解力が乏しいということ。話を聞いてなかったり何回言っても忘れる人は、理解力が乏しいところがあるというもの。

2種類のタイプがあり、一つは自らの許容範囲を超えていて、様ざまな悩みやトラブルを抱え過ぎ切羽詰まった人。

もう一つは話を聞く気がなく、自分自身で考えること自体を放棄しているので、いくら一生懸命に話をしても会話は成り立ちません。

 

| 4.自分自身がしてきたことに誇りとプライドがあるものです

部下が意見を受け入れると思っているということ。仕事上の実績や経験がある上司は、自分自身がしてきたことに誇りとプライドがあるもの。

なので、部下とコミュニケーション能力が低いケースでは、相手の意図も伝わらず無意識に正しいと信じ込んでいます。

結果として、部下が最善のアドバイスや意見を言っても、耳を傾けることはなく自らの主張を貫き通そうとします。

 

引き寄せの法則で、話が通じない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、話が通じない人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

合わせるという様なことさほどしません。ここでは、話が通じない人はサイコパスかも知れない、具体的に対処していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。