悪意のある人の末路も心配になってくるもの、問題を起こさない対処法



身の回りを見渡すと、悪意のある人がいるもの。この人物は自分のことが嫌いではないか、そう感じさせる人は案外どこにでもいます。

悪意に満ちた人は他の人の心を傷付けるほか、意図的に陥れようと企むすることが多く見受けられます。

悪意を向けてくる人は嫌味を口にするのをはじめ、面倒な絡みをしてきたりマウントを取ってくるなど、本当に不愉快なもの。但し、現実に悪意を向けてくる人は、接し方によっては良い影響も悪い影響も与える相手だと言えます。

相手のことを嫌い冷たく突き放していれば、無意識の間に相手の思惑に嵌ってしまい、不利な局面に追い込またり人格否定されることもあり警戒が必要。

ここでは、悪意のある人の末路も心配になってくるもの、問題を起こさない対処法を紹介しています。

 

 

 


悪意のある人の末路も心配になってくるもの、問題を起こさない対処法


 

| 1.駄目出しをしたり、面倒臭い弄るような発言が多いもの

3秒間の沈黙で動きを止めるということ。悪意のある人は駄目出しをしたり、面倒臭い弄るような発言が多いもの。

何とか黙って欲しいというのが本音ですが、沈黙の間合いを使用して流れを転換することが大切で、悪意のある人に対しては有効です。

大抵の人間は自分自身が話した内容から、相手の反応を見たい気持ちが湧くので、気持ちよく話をしている只中で唐突に会話をやめると、その場の空気が一変します。

結果的に、突然沈黙すれば気持ち良く話ができなくなる心理効果があり、沈黙時間は3秒間が最適とされ、面倒な相手であれば思い切ることも必要。

 

| 2.優越感を感じる、悪意に満ちているタイプというものです

社交辞令と分からない倒置法で交わすということ。嫌味を連発する人物は、相手がどんな反応をするかで優越感を感じる、悪意に満ちているタイプというもの。

もし自らが優しい性格なら社交辞令でその場を収めようとするかも知れませんが、それが明るみに出ると互いに気不味い空気が流れることになります。

なので、表現を少し変更するだけで、素直な気持ちを相手側に伝えるテクニックがあり、それが倒置法というもの。

それってこういう意味などと、先に言いたいことを発言することで、面食らうことになるので徐々に嫌味も減っていきます。

 

| 3.取る側から見ると相手を自分自身より下に見ているという

相手から見て右側に席を占めるということ。最も悪意が分かりやすい形で露わになるのはマウント行動で、取る側から見ると相手を自分自身より下に見ているというもの。

なので、マウントを交わしたい場合、立ち位置に注目することが重要で、人間が相手を見るときに自分から左側より右側に見える方、下より上に見える方が優位です。

そうしたマウントを封じ込めるためには、常時相手から見て右側に席を占めるようにすることで、優位な気持ちになることができます。

結果的に、マウントを取ろうとする相手に対しては、必ず相手側から見て右側にし可能であれば上の位置を取ると、し難い雰囲気が生まれます。

 

| 4.好意的に見てくれている人の場合、尊重して大事ににして

偉そうな態度に対しては、更に偉い人の言葉を使うということ。本音は態度に表れるので好意的に見てくれている人の場合、尊重して大事ににしてくれるもの。

もしも偉そうな態度を取ってくるような人物がいれば悪意があるので、そうした際は会話の頭部分で、専門家が言っているなどと付け加えてみます。

不思議なもので偉ぶる人というのは、権威や専門家の意見に対して弱く、素直に聞き入れる傾向があり動きも瞬間的に止まります。

持ち出す人の名前は相手側が尊敬している人であるほど効果的で、偉人の言葉や有名大学の教授などが当て嵌まります。

 

 

 


悪意がない人の真反対の所があるもの、注意したい悪意のある人の特徴


 

| 1.強いコンプレックスを持っている人も多く見受けられる

劣等感があるということ。悪意がある人というのは、強いコンプレックスを持っている人も多く見受けられるもの。配慮不足だったり能力不足など、自分自身のミスは認識しているものの、素直に認めることができません。

結果的に、他者の欠点を徹底的に攻撃し自らの正当性をアピールし、都合が悪くなると屁理屈を言って自分自身が有利になるよう立ち回ります。

 

| 2.意図的に攻撃したり、傷付けるという傾向があるものです

嫉妬しているということ。悪意がある人に見られるのが、嫉妬していて意図的に攻撃したり、傷付けるという傾向があるもの。

苦労せに成功している人物を見ると、許せないと感じて攻撃したり、意図的に不利な状況に追い込み幸せを壊そうとします。

手助けを求められても見て見ぬ振りをしたり、協力を依頼されても頑なに断ったりと、他人が失敗する姿を見て満足感を得ることが多いことにもなりかねません。

 

| 3.見受けられるのが、強い被害者意識を持つ傾向というもの

被害者意識が強いということ。悪意がある人に見受けられるのが、強い被害者意識を持つ傾向というもの。

意図的に妨害したり強い言葉で非難するのは悪いことと自覚していますが、過去に辛い思いがあり自らを被害者にすることで行動を正当化しようとします。

攻撃すること自体が悪意で行なってなく正当防衛と捉えているので、行動や発言がエスカレートしやすいところがあります。

 

| 4.自身の立場を守りたい、そんな気持ちが強い傾向もある

自らの立場を守りたいということ。悪意を持ち攻撃する人物は自分自身の立場を守りたい、そんな気持ちが強い傾向もあるもの。

損得勘定で動いたり自らの利益を最優先に考えている人物は、立場を脅かしたり邪魔な人を排除するため、意図的に攻撃し不利な状況に陥れ排除しようとします。

ライバル関係の悪い噂を広めたり、過去の失敗や秘密を暴露するなど、陰で人を蹴落とすように振る舞いをすることも多くあります。

 

 

 


人の悪意には疲れることもあるもの、知っておきたい意地悪な人の心理


 

| 1.自らの存在に気付いて欲しいという気持ちがあるものです

意地悪をし気を惹こうとする心理。意地悪な人は気になる異性にわざと嫌味を言ったりすることで、自らの存在に気付いて欲しいという気持ちがあるもの。

普通に話し掛ければ済むことですが、どうしたら相手側から注目して貰えるかだけを考え、つい意地悪をすることにもなりかねません。

幼少の頃から意地悪することで気を惹いてきた人に多く見られ、そういうやり方以外の他者との接し方を知りません。

 

| 2.止めてと明確に言われても、意地悪な人物は気に留めない

相手は喜んでいて、意地悪の自覚はない心理。迷惑だからとか本当に止めてと明確に言われても、意地悪な人物は気に留めないもの。

自分基準が先に立つので、嫌と言っても内心は嬉しいくせにとか、笑って許して貰えると勘違いしています。相手のことを表面的にしか捉えていないので、コミュニケーションの一つとして単純に喜んでいると考えています。

 

| 3.分かりやすいなど、意地悪なタイプも相手側を選んでいる

意地悪しても反撃されないと思い込んでいる心理。不幸なタイプで辛いのが表情に表れるから分かりやすいなど、意地悪なタイプも相手側を選んでいるもの。

意地悪をしても何も反論されなければ、自分自身がやり切れない思いの時、都合よく意地悪ができストレス発散になります。

意地悪をした後も、謝罪の言葉を述べればこの人物なら大事にならない、そんな風に相手を下に見ています。

引き寄せの法則で、悪意のある人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、悪意のある人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

感じさせる人は案外どこにでもいます。ここでは、悪意のある人の末路も心配になってくるもの、問題を起こさない対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。