仕事ができない人は因果応報かも知れない、イライラしない対処方法



身近な所にいる仕事ができない人に、イライラする場合があるもの。どういった職場であっても、仕事ができないとされている人が一人はいます。

こうした仕事できない人や仕事が遅い人にはイライラすることも多く、上手く対応してストレスを溜めないようにすることが必要。

こうした仕事でイライラさせる人に見られる傾向が、指示をまったく理解せずに業務に当たっていることです。そのため上司から何回も同じ指摘を受けたり、仕事が終わらずに残業したりすることにもなりかねません。

側にこうした人物がいたときは、社会人としては臨機応変に対応すべき、そういった風に思っていてもどうしても苛立ちます。

ここでは、仕事ができない人は因果応報かも知れない、イライラしない対処方法を紹介しています。

 

 

 


仕事ができない人は因果応報かも知れない、イライラしない対処方法


 

| 1.苦手箇所を指摘し先々どうするかを共に考えるというもの

苦手箇所を指摘し、改善点を一緒に考えるということ。仕事ができない人を客観的にみて、苦手箇所を指摘し先々どうするかを共に考えるというもの。

仕事ができない人は己を顧みる能力や心のゆとりがないことも多く、客観的に評価することがイライラしない対処方法の一つ。

己自身ではどうすれば良いか分からない場合、間違った改善策を採用することも考えられ、客観的な立場で一緒に考えます。

 

| 2.分からないケースでは、懇切丁寧な指導するというもの

仕事の進め方や取り組み方を丁寧に指導するということ。仕事ができない人でやる気はあっても反省点が分からないケースでは、懇切丁寧な指導をするというもの。

特に職場に入り立ての新人にとっては必要不可欠で、丁寧に指導するのは骨の折れることですが、相手が理解すると業務のスピードも上がります。

更に、この先の業務のスピードや質の向上の改善も期待できるので、丁寧に指導し一人でも仕事の段取りができるようにします。

 

| 3.対処方法の一つが仕事量の振り分け調整というものです

適した仕事量しか振り向けないということ。仕事を抱え込み過ぎて苦しくなっている場合、イライラしない対処方法の一つが仕事量の振り分け調整というもの。

こういった部下への仕事の振り分け量を調整するためには、スキルや能力を正しく見極めていく必要があります。

必要以上に業務に時間をかけ過ぎていないか、そんなことを細かく調査して、徐々にできる仕事量を増やすようにします。

 

| 4.できない人がいる際は、頻繁に報連相を行うというもの

ホウレンソウを癖付けるということ。取引先をはじめ上司や部下に仕事ができない人がいる際は、頻繁に報連相を行うというもの。

己自身が連絡や報告などが苦手なタイプでも、相手側から受け取ることにより、業務に関しての洗い出しや整理整頓ができます。

更に、スケジュール調整が苦手な人も、ホウレンソウを習慣にすると、自然に期限を意識でき遅延がなくなります。

 

| 5.本人の取り組み方次第では向上するチャンスも多いもの

やる気があればビジネススクールなどに通うよう提言するということ。意欲はあっても仕事ができない人は、本人の取り組み方次第では向上するチャンスも多いもの。

職場の外のビジネススクールや勉強会で学習することをも手段の一つで、当人が思いつかないような場合、提言するのもイライラしない対処方法の一つ。

ビジネススクールは資格取得の講座だけでなく、仕事の考え方や効率化を学ぶ講座などもあり、すぐに仕事に役立つスキルもあります。

 

 

 


仕事が遅い人にイライラすることもあるもの、できない人物の特徴面


 

| 1.遅いだけに関わらず、言動も周囲の脚を引っ張ることが

基本的に仕事に対する意欲がないということ。仕事に対しやる気がない人は、業務が遅いだけに関わらず、言動も周囲の脚を引っ張ることが多いもの。

世の中には仕事を優先する生き方をしていない人たちもいますが、周りの足を引っ張るほどのやる気のなさは負のスパイラルともなりかねません。

こうした意欲のなさが仕事ができないとされる人は、周りに悪影響を及ぼすことで免職や降格のターゲットにもなりやすいもの。

 

| 2.思われることも多く、共に仕事をしても再度組みたいとは

受動的な指示待ち人間ということ。積極的に仕事に関わることができない人は、使えない人物と思われることも多く、共に仕事をしても再度組みたいとはならないもの。

仕事では積極的に己自身が成すべき物事を探さなければならないこともあり、指示待ち人間になってしまったケースでは、取引先や同僚の手を煩わせかねません。

己が周りに対しどんな対応をすれば良いか分からない場合、積極的に意思疎通を図り成すべきこを明確にします。

 

| 3.期限を厳守できないのは相手先の信頼をなくすというもの

スケジュール調整が苦手で期限を守れないということ。どれほど丁寧に仕事をこなす人でも、期限を厳守できないのは相手先の信頼をなくすというもの。

メモを取らなかったり忘れっぽかったりと、己の限界以上の仕事量を引き受けるなど、スケジュール調整に身に覚えのある人は警戒が必要。

少し位は平気という甘い考えがあり、周りの人たちに迷惑を掛けることになるかも知れない、そうした想像力が欠如していることがあります。

 

| 4.取引先や周りの人たちとの連携が必要不可欠というもの

電話やメールなどのレスが遅いということ。業務には単独で済ませられることは非常に少なく、取引先や周りの人たちとの連携が必要不可欠というもの。

もし分からないこと出てきたケースでは、連絡した際にレスが遅ければ、業務の進行に差し障りが出ることにもなりかねません。

連絡をした側からすれば直ちに返事が欲しい場合も多く、レスが遅いと仕事がスムーズに進まなくなりかねません。

 

 

 


仕事しない人にイライラすることも、知っておきたいできない人の心理


 

| 1.置かれている状況や、実力を把握できていないことがある

できていると思い違いしているという心理。仕事ができない人は現在の己が置かれている状況や、実力を把握できていないことがあるもの。

これは客観的に己自身の能力を見る力が欠如していることが一因で、己的にはできていると感じていて、仕事が遅くてもスピードを上げようとしません。

基本的には楽観的過ぎるところがあり己に甘いので、本人に失敗例が多くても他の人と比べる少ない方、そんな風にしか考えられません。

 

| 2.要因となっていることも多く、相手側の都合など考えない

仕事は己のペースで進めれば良いと考えている心理。仕事ができない人は身勝手な性格が要因となっていることも多く、相手側の都合など考えないもの。

取引先をはじめ同僚などの協力があり仕事が成立しているとの認識もなく、周りの人たちへの影響なども考えず己自身のペースで進めます。

己の中の終着点しか気にしてないところがあり、周りの人たちの状況にも配慮しよう、そうした姿勢が少ない傾向にあります。

 

| 3.仕事自体に重点を置かない生き方をしているというもの

給料さえ貰えれば良いという心理。仕事ができない人に見られるのが、仕事自体に重点を置かない生き方をしているというもの。

家庭を第一に考える男性や結婚すれば辞める予定の女性の一部に存在し、仕事に対して余り熱心に取り組まない傾向があります。

仕事に対する意欲が周りとは全く違うので、足を引っ張る場合も多くありますが、以外に本人は気付いていません。

 

引き寄せの法則で、仕事ができない人のイライラを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、仕事ができない人のイライラを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

仕事ができないとされている人が一人はいます。ここでは、仕事ができない人は因果応報かも知れない、イライラしない対処方法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。