好きと言えないのは因果応報かも知れない、具体的に上手く伝える術



人生には様々なことがあり、好きと言えないことがあるもの。片思いのままでいれば傷付くことはありませんが、恋愛関係に陥ることもありません。

好きと言えない男性にしても女性にしても、思いを伝えられずに後悔するくらいなら、好きと告白し相手の気持ちを確かめたいのは人情です。

更に、好きと言えない関係が曖昧な場合、告白しなければ相手側は自らが好かれている、そんなことにも気付かないかも知れません。

できれば相手から告白して欲しいのは誰しも思い描く願望ですが、好きと言えない自分を乗り越え告白しないと、関係が進展しないことも事実です。

ここでは、好きと言えないのは因果応報かも知れない、具体的に上手く伝える術を紹介しています。

 

 

 


好きと言えないのは因果応報かも知れない、具体的に上手く伝える術


 

| 1.言われたケースでは、女性にしても男性にしても戸惑って

いずれにしても相手とコミュニケーションを図り親しくなるということ。良く知らない人から好きと言われたケースでは、女性にしても男性にしても戸惑ってしまうもの。

結果として、意思疎通を図り親しくなることがポイントで、最初は知人関係からスタートし段々と親密になっていきます。

好きと言う準備をしますが、どういう風な人柄か互いのことを理解していれば、付き合っていくハードル面も下がります。

 

| 2.好感度が上がれば、好きと言う告白も上手くいきやすい

脈ありのサインが出るまで相手に尽くすということ。相手に対し良い人柄という好感度が上がれば、好きと言う告白も上手くいきやすいもの。

こうした関係を続けているケースでは、何となく脈ありのサインを感じることもあり、そうすると好きと言える成功率も上がります。

反対に脈ありのサインを感じなければ、まだ恋人関係になるのは困難ということなので、相手に尽くす関係は更に続けていきます。

 

| 3.好感度を上げるためには、シチュエーションも重要という

雰囲気の良いお店や景色の良いスポットに出掛けるということ。更に相手の好感度を上げるためには、シチュエーションも重要というもの。

脈ありのサインを感じたケースでは、雰囲気の良いお店や景色の良いスポットに一緒に出掛けるようにすると、ロマンチックな場所はムードが盛り上がります。

また己のために調べてくれたという思いは、好感度も上がることに疑いなく、好きと言うときは雰囲気の良いスポットを幾つか調べるようにします。

 

| 4.雰囲気になってきたケースでは、いよいよ好きと口にする

付き合ってくださいとシンプルに告白するということ。二人切りでロマンチックな雰囲気になってきたケースでは、いよいよ好きと口にするというもの。

何を言うのか様ざまに頭を過ぎりますが、女性にしても男性にしても、結果的にシンプルな言葉が最も相手の心を打つことになります。

力強く付き合って下さいとシンプルに伝えると、相手側も真剣に考えてくれ、どちらの結果が出るにせよ返事はきちんと受け止めます。

 

| 5.ケースでは、帰宅した直後に連絡をするのを忘れないと

帰宅したときは、きちんとフォローするということ。好きと告白して付き合うことになったケースでは、帰宅した直後に連絡をするのを忘れないというもの。

メールやLINE等で感謝の言葉を述べ、今後もよろしくなどアフターフォローすることで、この人はきちんとしているという印象が湧き起こります。

仮に振られた場合も、連絡を入れることにより友人関係は続けやすくなり、再びアタックすることに結び付きます。

 

 

 


好きと言えない相手には様々な思いが渦巻くもの、注意したいその理由


 

| 1.そんなことを思い浮かべ眠れない日々が続くというもの

振られたときの衝撃に耐える自信がないということ。もし相手に断られてしまったケースでは、そんなことを思い浮かべ眠れない日々が続くというもの。

それくらい振られたときの衝撃は大きなもので、長年に渡って片思いをしてきた相手であれば、その大きさは予想できないものになりかねません。そうしたショックに耐えられる自信がないので、結果的に好きと言えない現状で充分と思いかねません。

 

| 2.先々を考えると恋人同士になれる可能性があるものです

相手に恋人がいる状況ということ。現在想う相手がシングルであるケースでは、これから先々を考えると恋人同士になれる可能性があるもの。

但し、相手にパートナーや恋人がいる場合、その可能性は限りなく低いものになりかねません。激しい情熱を持つ人物でなければ行動を起こすことは珍しく、片思いであれば迷惑にならないと好きとは言えません。

 

| 3.別世界の人で、不釣り合いを感じてしまうというものです

不釣り合いと認識しているということ。己自身に自信を抱けないケースでは、想う相手というのは別世界の人で、不釣り合いを感じてしまうというもの。

己には相応しくない相手だとか、どうせ釣り合わない違う世界の人という思い入れが先立ちかねません。こうした考えは好きと言えないどころか、最初から恋人になるなどを諦めてしまい、片思いで終わることになりかねません。

 

| 4.把握できていないケース、好きと言えるまで到達しない

本当に相手が好きなのか分からないということ。己自身の恋愛感情を正確に把握できていないケースでは、好きと言えるまで到達しないというもの。

片思いをしているときに、己は本当に相手を好きなのかとか、カップルになりたいなどが曖昧になっていることがあります。

正確にそれを理解していないと好きと言えないのも気にならないので、関係を壊すぐらいであれば現状維持でよいと考えています。

 

| 5.多くあるものの、同時に辛いことや悲しいこともあると

現在の距離感に満足しているということ。彼女や彼氏の恋人関係になるケースでは、楽しいことも多くあるものの、同時に辛いことや悲しいこともあるというもの。

そうした経験をするくらいであれば、丁度良い現在の関係のままでいたい、そういった人も多くいます。友人関係なら恋人同士のような親密な楽しみはありませんが、喧嘩などで深く落ち込んだりすることもありません。

 

 

 


好きと言えないままになることもあるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.ケースでは、照れてしまうのは女性も男性も同じという

照れて口に出せないという心理状況。片思いの相手を目の前にしたケースでは、照れてしまうのは女性も男性も同じというもの。

目の前に好きな相手がいるだけで幸せな気分になり、照れてしまい大事なことを口に出せなくなりかねません。

こうした状況で満足していることも多く、今のの関係を壊したくないと、無意識のうちに関係発展を拒んでいることもあります。

 

| 2.振られてしまった時は、今までと同じ関係でいるわけには

好きと言う前から不安で胸が一杯にという心理状況。好きと言って振られてしまった時は、今までと同じ関係でいるわけにはいかないもの。

告白した後に再び友人関係に戻っても、以前とは少し違う関係になることに疑いはありません。好きと言う勇気が出ない人物は、振られる心配があったり関係が壊れるくらいならと、胸が不安で一杯になり好きと言うまで踏み切れません。

 

| 3.気持ちを好きな相手に伝えるのは緊張感も増すものです

早く告白して貰いたいという心理状況。女性にしても男性にしても、気持ちを好きな相手に伝えるのは緊張感も増すもの。

己からはなかなか好きと言えない人のケースでは、相手側から早く告白して欲しいと考えています。女性の場合は特に男性側から告白して貰いたい気持ちが強くあり、両想いを感じていてもじっと待つことになりかねません。

 

引き寄せの法則で、好きと言えないを払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、好きと言えないを払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

相手の気持ちを確かめたいのは人情です。ここでは、好きと言えないのは因果応報かも知れない、具体的に上手く伝える術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。