許せない人は因果応報かも知れない、先々に上手く対処していく接し方



身の回りを見渡すと、許せない人がいるもの。何年も家族から虐待を受けていたり、浮気されたり親友に裏切られたりなど様ざまなことが要因です。

許せない人は許さなくていいという声もありますが、復讐を考えるほどのことは何年経っても、思い出す都度胸が締め付けられることにもなりかねません。

自らを傷つけた人を許すことは大仕事のように思えますが、心身の健康を脅かしかねないほどの許せない人がいる時は、認めるのは絶対に必要でもありません。

もちろん許せない人は職場などにもいて怒りが湧くときもありますが、怒りや憎しみという感情を手放し許すのは、多くの点で健康に良いという専門家の意見もあります。

ここでは、許せない人は因果応報かも知れない、先々に上手く対処していく接し方を紹介しています。

 

 

 


許せない人は因果応報かも知れない、先々に上手く対処していく接し方


 

| 1.ストレスが心身に悪影響を及ぼすという研究というもの

許すことは心身に良いという研究結果を知るということ。多くの人が体感しているのが、ストレスが心身に悪影響を及ぼすという研究というもの。

許すことは非常に簡単ではなく、そのままの状態で過ごすことによる心身のデメリット面はまったく無視できません。

成人男性対象の研究では、許せない状況はタバコやアルコールの使用が増えるなど、不健康な生活パターンに繋がりやすい結果が出ています。

許すことにより人間関係の対立を上手く処理することは、健康を維持する上でも大事な先々に上手く対処していく接し方の一つ。

 

| 2.怒りや悲しい感情など、明確にリストアップするという

自らの気持ちに向き合うということ。最初に自分自身の中に蓄積している、悔しい気持ちや怒りや悲しい感情など、明確にリストアップするというもの。

自らを傷つけた相手に言いたいことをはじめ、どうして心にダメージを受けたのかなど、書き出してリスト化するのも先々に上手く対処していく接し方の一つ。

自分自身の中のネガティブな感情を吐き出すことで、精神面のデトックスにもなり、本当の許せない理由が見えてくることもあります。

 

| 3.ネガティブな感情を引き摺ることは、神経をすり減らして

自らの心を楽にするのを目的にするということ。許すのは簡単にできることではなく、ネガティブな感情を引き摺ることは、神経をすり減らしてしまうもの。

誰かを恨み続ける人生は苦しく辛いもので、執着心から自由になれた場合、ネガティブ感情からも解放され心が楽になります。

先ずは相手を許そうと考えるのではなく、自分自身のために許容するという目的を持つよう心掛けるのも、気持ちを楽にする先々に上手く対処していく接し方の一つ。

 

| 4.完璧な人など存在せず、未熟な部分もあると捉えるという

良い人も悪い人もいると理解するということ。人間には短所があり完璧な人など存在せず、未熟な部分もあると捉えるというもの。

人間の価値観は様ざまで、一緒に過ごして楽しい人もいれば不愉快な気持ちになる人もいて、決して価値観が一致することはありません。

そうした際は一時的な感情で捉えるのではなく、そんなタイプもいると淡々と受け入れられるようになると、次第に許せない気持ちも薄れていきます。

 

| 5.湧き起こらないよう、自分自身のプライベート面を充実

プライベート充実させるということ。ネガティブ感情が湧き起こらないよう、自分自身のプライベート面を充実させるというもの。

他人に対して怒りの感情などが常に心を占めているのは、自らが暇で時間が余っているか、自分に対して不平や不満があるから。

仕事面白くなかったり私生活が上手くいかないなど、自らを取り巻く環境や自身に対して不平不満がある場合、つい過去の怒りを思い起こしやすくなります。

新しいが趣味を始めたり友人と遊ぶ予定を沢山入れてみるなど、日々が充実してくると過去の許せない人も自然と思い出さなくなります。

 

 

 


許せない人を許す方法を探す時もあるもの、知っておきたい心理状態


 

| 1.感じてしまうタイプも、簡単に他者を許すことができない

許すことが負けになるという心理状態。許す許さないという行為自体を、勝負事のように感じてしまうタイプも、簡単に他者を許すことができないもの。

許すことは負けることで、許さないことが勝ちと考えていて、プライドが高く負けず嫌いな傾向の人に多く見受けられます。

なので、謝罪されて許してしまった場合、結果として自分自身が負けたような気になり、それはそれで悔しくなってしまいかねません。

 

| 2.分かっているものの、比べてしまうのが人間の哀しい性

自らに自信がないという心理状態。比較しても仕方がないと、心の隅では分かっているものの、つい比べてしまうのが人間の哀しい性というもの。

怒りを感じた相手と自分自身の外見や内面など、隅から隅まで比較して強いコンプレックスを抱いてしまうことにもなりかねません。

理由は自らに自信がないからせいで、相手側に対しての怒りが大きくなってしまうので、更に許せなくなります。

 

| 3.非があるケースは、どれほど謝られても怒りは収まらない

自らの意見が正しいと思っているという心理状態。裏切りや浮気に不倫など、誰から見ても相手側に非があるケースは、どれほど謝られても怒りは収まらないもの。

自分自身の怒りの度合いが強過ぎた場合、相手の非だけでなく悪い部分ばかりが目に付き、何故許さなくちゃならないということにもなりかねません。

結果として、自分は全く悪くなく正しいという気持ちが強くなり過ぎ、相手が悪いとますます許せなくなります。

 

| 4.悩みにとして心に刻まれたトラウマの思い出というもの

トラウマを抱えているという心理状態。悲惨な体験をしてしまった場合、大きな悩みにとして心に刻まれたトラウマの思い出というもの。

信頼していた人物から屈辱的な言葉を吐かれ裏切られたり、生々しい浮気現場に出会ったりと、そんな感情を思い起こしてしまうことがあります。

許す許さない以前に、その状況が強く心に焼き付いて離れず、いくら時間が経過しても許せなくなってしまいます。

 

 

 


許せない人はスピリチュアルに関係するかも、認めるのが難しい理由


 

| 1.忘れたなど、注意を怠っていた場合には許せなくなると

約束が軽んじられたということ。うっかりしていて忘れたなど、注意を怠っていた場合には許せなくなるというもの。

反対に間に合う時間に出発したが、大きな事故があり渋滞して約束の時間に遅刻したなど、許しやすいのは相手に非がないことが明らかなときです。特に誰であっても回避するのが難しかったという様な状況の場合は、一層許しやすくなります。

 

| 2.損をしたくないとい気持ちが、許せなくなっているという

許すと償って貰えないという不安。約束の埋め合わせとか壊した物の弁償という場合、損をしたくないとい気持ちが、許せなくなっているというもの。

許すこと自体には被害の補償について放棄する、そうした意味合いも含まれているので、不安感が湧き起こりかねません。

被害について相手側がどう償うのかを約束して貰っていない段階では、簡単な謝罪の言葉を受けても寛容にはなれません。

 

| 3.認めた場合でも、まだ許す気持ちになれないというもの

再び裏切られるかも知れないという不安感。補償も相手側が約束したし責任の所在も認めた場合でも、まだ許す気持ちになれないというもの。

そうした気持ちの背景には、将来また同じことが繰り返されるのでは、そんな不安感が心の内に湧き上がっていることもあります。

 

引き寄せの法則で、許せない人を払拭。

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

 

資金を増やして、許せない人を払拭。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット

 

まとめ

裏切られたりなど様ざまなことが要因。ここでは、許せない人は因果応報かも知れない、先々に上手く対処していく接し方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。